メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

As-Built

AutoCAD

Revit

Modeler

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

FARO Zone 3D

2018

2019

FARO Zone 3D Advanced

2018

2019

FARO Zone 2D

2018

2019

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

FARO®ナレッジベース

サーバーに接続していないクライアントコンピュータへのネットワークライセンスの割り当て

インストールアイコン

概要

ネットワークライセンスサーバーがあり、ドングルではなく入力するライセンスキーを使用している場合は、クライアントコンピュータがネットワークに接続されていないときに、そのFAROソフトウェアを使用できるように、ライセンスをデタッチして一時的にクライアントコンピュータにバインドします。分離されたライセンスの有効期限が切れると、クライアントコンピュータ上で自動的に無効になり、サーバーに戻ります。

ライセンス サーバーとクライアント コンピュータは、ネットワーク ライセンスの切り離しを許可するように設定されなければなりません。ライセンスを分離する際は、リストに一覧されているコンピュータから選択してください。コンピュータが見つからない場合は、次の手順に従います。

注意:各クライアントやサーバーで使用される HASP ライセンスドライバはライセンシングエラーを避けるため、同じ番号であることをご確認ください。最新の FARO ソフトウェアは常に最新の HASP ライセンスドライバを使用します。FARO がソフトウェアをアップグレードする際は、サーバー上の HASP ドライバのバージョンをチェックしてください。必ずアップグレードしてください。インストール済みの HASP ライセンスドライバのバージョンの確認詳細に関しては、こちらをクリックしてください。

クライアント上で、ID ファイルを作成してください。

  1. クライアントコンピュータでブラウザーを開いて、http://localhost:1947に進みます。この操作が SafeNet Admin Control Center を開きます。
    ユーザーが追加した画像
  2. 左側のオプション] パネルで、診断をクリックします。
    ユーザーが追加した画像
  3. 右にある[ID ファイルの作成]をクリックし、ID をストレージメディアに保存すると、ファイルをサーバーコンピュータに転送できます。 
    ユーザーが追加した画像

サーバー上で、ID ファイルを追加します。

  1. サーバー上で、ストレージメディアからサーバー上のロケーションにファイルを保存します。
  2. インターネットブラウザを開きhttp://localhost:1947Sentinel Admin Control Center にアクセスします。
    ユーザーが追加した画像
  3. オプションの下の左にある[更新/添付]をクリックします。
    ユーザーが追加した画像
  4. [閲覧]をクリックして、ID ファイルを保存した場所に移動し、[開く]をクリックします。
  5. ファイルに適用をクリックします。更新が正常に適用されましたというメッセージを受け取ります。

サーバー上で、.H2R ファイルを作成します。

  1. オプションの左下にある[製品]をクリックします。
    ユーザーが追加した画像
  2. [オフライン]を選択します。
  3. ここで、[受信者のデバイス]のオプションがクライアントを表示します。該当するクライアントを選択します。
  4. .H2R ファイルをストレージメディアに保存すると、クライアントのコンピュータにファイルを転送できます。

クライアント上で、.H2R ファイルを適用します。

  1. クライアントコンピュータで、オプションの左下にある[更新/添付]をクリックします。
    ユーザーが追加した画像
  2. [閲覧]をクリックして、.H2R ファイルを保存した場所に移動し、[開く]をクリックします。
  3. ファイルに適用をクリックします。更新が正常に適用されましたというメッセージを受け取ります。 

これで、ライセンスを分離するプロセスが完了です。