メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

As-Built

AutoCAD

Revit

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

FARO Zone 3D

2018

2019

FARO Zone 2D

2018

2019

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

FARO®ナレッジベース

ネットワークライセンスキーを切り離す

インストールアイコン

クイックステップ

操作はこれだけです。リンクをクリックして詳細をご覧ください。

  • ネットワークライセンスサーバーを有効にして、キー入力をデタッチします。
  • クライアントコンピュータを有効にして、キー入力をデタッチします。
  • サーバーからキー入力をデタッチし、クライアント上で利用可能にします。
  • 有効期限前にデタッチしたキーをライセンスプールに戻します。

概要

ドングルではなく英数字のライセンスキーを使用するネットワークライセンスサーバーを使用している場合は、サーバーからキー入力をデタッチして、クライアントコンピュータに割り当てることができます。この処理をすると、FAROソフトウェアがネットワークに接続されていないときにクライアントがFAROソフトウェアを実行できるようになります。デタッチしたキー入力に有効期限を割り当てた場合、その日付に達すると、デタッチしたキー入力はクライアント上で自動的に無効にされ、サーバーに復元されます。

注:ライセンスキーの切り離しは、従来のPointSenseソフトウェア製品で使用されているCodeMeterライセンスシステムではサポートされていません。

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 15 分
必要なスキル
  • ITシステム管理者のスキル
  • ライセンスサーバーの知識
前提条件
互換性 互換性マトリクスに関してはここをクリックしてください

ネットワークライセンスサーバーを有効にしてライセンスキーをデタッチします。

  1. サーバーで上、ブラウザを開き http://localhost:1947 に移動します。Sentinel Admin コントロールセンターが表示されます。
  2. 左側のオプションペインで、構成定義をクリックし、デタッチ可能ライセンスタブをクリックします。
    デタッチしたライセンスを有効にする
  3. ライセンスのデタッチを有効にするチェックします 初期デタッチ制限セクションでは、デタッチ不可能な状態の予約済ライセンスの数と最大数を設定することもできます。期限の日間をデタッチすると、設定した日数が経過すると自動的にライセンスがサーバーに復元されます。
  4. 送信をクリックします。
  5. クライアントを有効にしてキー入力をデタッチするへ進み、続行します。

クライアントコンピュータを有効にして、キー入力をデタッチします。

  1. ネットワークで作業をするキーが必要なクライアントコンピュータ上で 、ブラウザを開き http://localhost:1947 へ進みます。Sentinel Admin コントロールセンターが表示されます。
  2. 左側のオプションペインで、構成定義をクリックし、デタッチ可能ライセンスタブをクリックします。
    デタッチしたライセンスを有効にする
  3. ライセンスのデタッチを有効にするをチェックします。
  4. 送信をクリックします。
  5. サーバーからキー入力をデタッチするへ移動し、クライアント上で利用可能にして、続行します。

サーバーからキー入力をデタッチし、クライアント上で利用可能にします。

  1. クライアントコンピュータ上で、オプションパネルの Sentinel Admin Control Center から 製品 をクリックして、利用可能なすべてのローカルおよびネットワークキーを表示させます。デタッチ可能なキーには、 製品名赤矢印の横に赤い矢印があり、右側にデタッチボタンがあります。
    Sentinel Admin Control Center デタッチボタン
  2. デタッチボタンをクリックして、このクライアントコンピュータでキー入力を利用できるようにします。デタッチフォームが表示されます。
    Sentinel Admin Control Center デタッチフォーム
  3. ライセンスがサーバーライセンスプールに復元される日である有効期限を設定し、デタッチ&アタッチをクリックします。選択した日付は、ライセンスをデタッチすることができる最大日数内でなければなりません。

ライセンスはこのクライアントコンピュータに一時的にアタッチされます。ライセンスキーは、有効期限に達するとネットワークライセンスプールに戻されます。

デタッチしたキー入力を有効期限前にライセンスプールに戻す。

クライアントコンピュータの一時的なキー入力の有効期限を無効にし、有効期限前の任意の時点でサーバー上のライセンスプールに戻すことができます。

  1. クライアントコンピュータ上で、オプションパネルの Sentinel Admin Control Center から 製品 をクリックして、利用可能なすべてのローカルおよびネットワークキーを表示させます。デタッチしたキーは、緑色の矢印マークで表示 緑矢印され、右側にライセンスのキャンセルボタンがあります。
    Sentinel Admin Control Center ライセンス返却
  2. キャンセル ライセンスボタンをクリックし、次のページで選択を確定します。

ライセンスはサーバーライセンスプールに戻されます

関連情報

 

キーワード:

ソフトキー、ソフト キー、ソフト ロック、ソフトロック、ライセンスサーバー、製品キー有効化、ライセンス有効化、オフラインのライセンス有効化、オフラインの製品キー有効化、製品キー有効化