メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

As-Built

AutoCAD

Revit

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

FARO Zone 3D

2018

2019

FARO Zone 2D

2018

2019

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

レガシーソフトウェア

CAM2 Gage

FARO®ナレッジベース

Sentinel ライセンスマネージャサービスを開始するSafeNetエラー

インストールアイコン

概要

SafeNet Sentinel HASP ライセンスドライバをインストールする際、もしくは FARO ソフトウェアを実行する際で、Sentinel ライセンスマネージャサービス(ステータスコード:4858900)を開始する場合にエラーが発生したというメッセージが表示された場合、コンフリクトしているサービスは、ライセンスマネージャサービスが使用する必要のある com ポートを使用している場合があります。 

PortConflictHASPlms.png

FARO Sentinel ライセンスマネージャサービス (HASPlms) とは、SafeNet Sentinel HASP ドライバのコンポーネントです。このサービスはポート 1947 を使用して FARO プロダクトライセンスキーを認証します。ご自身の FARO ソフトウェアを使用するには、このサービスを適切に実行する必要があります。他のサービスがポート 1947 で実行されている場合は、FARO ソフトウェアはライセンスマネージャサービスをうまく実行することができません。

この記事では、ポート 1947 で起動していてコンフリクトしているサービスの停止方法と Sentinel ライセンスマネージャの開始方法を説明します。これで HASP ドライバをインストールし、FARO ソフトウェアを実行することができます。しかし、コンフリクトしているサービスを削除するか、別のポートでそれを実行したい場合は、IT 担当者にお問い合わせください。

準備する

あなたの成功を確実にする前に、この表を確認してください。

完了までの時間 15分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでのWindowsの知識
  • コマンド プロンプトのコマンドを使用して慣れてください。
前提条件
  • クライアントコンピュータ上にインストール済みおよびライセンスされた FARO ソフトウェア
    HASP ドライバは FARO ソフトウェアインストレーションの一部です。

ポート 1947 で起動しているコンフリクトしているサービスを停止

  1. サーバー上で、[Windows Start]ボタンをクリックし、[検索]フィールドで Cmd と入力後、Enter キーを押下します。コマンドプロンプトウィンドウが表示されます。
  2. コマンドプロンプトで、netstat -aon|moreと入力し、Enter キーを押下します。
    ポートの一覧とステータスが表示されます。 
  3. ローカルアドレス 0.0.0.0:1947 を検索し、一覧されている PID を記録します。 
  4. [Windows Start]ボタンをクリックし、[検索]フィールドで taskmgr と入力後、Enter キーを押下します。Windows タスク マネージャーが表示されます。
  5. [サービス]タブをクリックし、PID コラムを昇順から降順にソートします。手順 3 で記録した PID を探します。その PID の名前hasplms で、ステータスは、実行中です。
    • 名前が上記以外の場合、列を右クリックし、[サービス停止]をクリックします。ポート 1947 で実行されているコンフリクトしたシービスを停止するもしくは異なるポートでそれが実行したい場合は、IT 担当者にお問い合わせください。そして、ポート 1947 を解放し、hasplms を実行できます。

Sentinel LDK ライセンスマネージャを開始

  1. コンフリクトしている点検・修理を停止後、[Windows Start]ボタンをクリックし、[検索]フィールドで Services と入力し、Enter キーを押下します。コンポーネント サービス ウィンドウが表示されます。 
  2. コンポーネント サービス ウィンドウの左のパネルで、サービス[ローカル]をクリックします。
  3. 名前の下のパネル中央で、Sentinel LDK ライセンスマネージャーを検索します。それをハイライトし、[開始]をクリックします。
    SentinalLicenseService.PNG 

これでエラーメッセージが表示されることなく HASP ドライバをインストールすることができ、FARO ソフトウェアが適切にライセンスマネージャ点検・修理にアクセス可能になります。