メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

As-Built

AutoCAD

Revit

Modeler

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

FARO Zone 3D

2018

2019

FARO Zone 3D Advanced

2018

2019

FARO Zone 2D

2018

2019

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

レガシーソフトウェア

CAM2 Gage

FARO®ナレッジベース

エラー-SafeNetがSentinel License Manager サービスを起動しています

インストールアイコン

概要

Sentinel HASP License Driverのインストール時、 または FARO のソフトウェアを実行するときに、Sentinel License Manager サービスの起動でエラーが発生したというメッセージ(ステータスコード:4858900)が表示された場合は、競合するサービスがライセンスマネージャーサービスの使用に必要なネットワークポートを使用している可能性があります。 

PortConflictHASPlms.png

FARO Sentinel License Manager Service (HASPlms) は、Sentinel HASP ドライバのコンポーネントです。このサービスは、ポート1947 を使用して FARO 製品ライセンスキーを認証します。FARO ソフトウェアを使用するには、このサービスを適切に実行する必要があります。ポート1947で別のサービスが実行されている場合、FARO ソフトウェアはライセンスマネージャーサービスを正常に実行できません。

注記: すべてのウイルス対策ソフトウェア、ファイアウォール、またはセキュリティポリシーにより Sentinel LDK ライセンスマネジャーサービスhasplms.exe、またはTCPポート1947がブロックされていないことを確認します。この方法がわからない場合は、IT部門の担当者に連絡してください。

この記事では、ポート1947で実行されている競合するサービスを識別および停止しSentinel License Manager を起動/再起動して、ライセンス付与された FARO ソフトウェアを正常に実行できるようにする方法を説明します。競合するサービスを削除したり、異なるポートで実行したりするには、IT部門の担当者のサポートが必要な場合があります。

準備

正しく更新されるように、始める前に必ずこの表を確認してください。

所要時間 15 分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでの Windows の知識
  • コマンドプロンプトのコマンド使用への精通
前提条件
  • FARO ソフトウェアのクライアントコンピュータへのダウンロードおよびインストール
    HASP ドライバは、各 FARO ソフトウェアインストールの一部ですが、 手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。

ポート1947で実行中の競合サービスの停止

  1. サーバー上で[Windows スタート]ボタンをクリックして、検索フィールドで Cmd と入力してから Enter を押します。コマンドプロンプト ウィンドウが表示されます。
  2. コマンド プロンプトで、netstat -aon|moreと入力し、 Enterを押します。ポートのリストと現在の状態が表示されます。
  3. ローカル アドレス 0.0.0.0:1947を見つけ、リストのPIDを記録します。
    FindServicePID.png
    注記: 上記の例では13300が PID 値としてリストされています。これは、コンピュータによっては異なる値の場合があります。
  4. Windows スタート]ボタンをクリックして、検索フィールドで taskmgr と入力してからEnterを押します。Windowsタスク マネージャーが表示されます。
  5. サービス タブをクリックし、PID列を昇順から降順にソートします。ステップ3で記録したPIDを確認します。PIDの名前hasplmsで、ステータスは、実行中になります。
    PIDServiceListing.png
  6. 名前がそれ以外の場合は、行を右クリックし、サービスを停止をクリックします。これにより、現在のWindowsセッションに対して競合するサービスが停止します。再起動後、競合するサービスが回復する可能性が高いです。競合するサービスを削除する、今後ポート1947で実行されないよう停止する、または別のポートで実行されるよう設定しポート1947を解放してhasplmsを実行できるようにするには、IT担当者に連絡してください。
  7. 以下に進みます。Sentinel LDK License Managerの起動/再起動

Sentinel LDK License Managerの起動/再起動

  1. 競合するサービスを停止した後(または競合するサービスがない場合)、Sentinel LDK License Managerサービスを開始/再起動する必要があります。[Windows スタート]ボタンをクリックして、検索フィールドで services と入力してからEnterを押します。サービスウィンドウが表示されます。 
  2. コンポーネントサービス ウィンドウの左パネルで、サービス(ローカル)をクリックします。
  3. 名前カラムの下にあるメインパネルで、Sentinel LDK License Managerサービスを指定し右クリックします。
    • サービスが既に実行中の場合は、再起動をクリックします
    • サービスが実行されていない場合は、開始をクリックします。
      SentinelLDKServiceStart-Restart.png
  4. Sentinel LDK License Mangerが実行中かどうか、WebブラウザのURLバーにhttp://localhost:1947 と入力して確認することもできます。Sentinel Admin Control Centerページが表示されます。ページが見つからない場合や、その他のエラーが発生した場合は、SafeNett Sentinel HASP ライセンス ドライバおよび FARO リモート アップデート システム (RU) のアンインストールおよび再インストールすることをお勧めします。
    LocalHostSentinelHomepage.png
  5. FARO ソフトウェアを実行できるようになりました。 
  6. Sentinel LDK License Manger が常に null ステータスに変更される場合、または開始しない場合は、サービスを右クリックして、ドロップダウンメニューからプロパティをクリックします。
    SentinelLDKServiceProperties.png
  7. 回復 タブをクリックして次のように設定します。
    • 最初のエラー: サービスを再起動する
    • 2回目のエラー:サービスを再起動する
    • その後のエラー: サービスを再起動する
    • サービスの再起動までの時間:0分
      SentinEllDKServicePropertiesRestart.png
  8. 上記の変更を行ったら、適用をクリックし、それからOKをクリックします。