メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

As-Built

AutoCAD

Revit

Modeler

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

FARO Zone 3D

2018

2019

FARO Zone 3D Advanced

2018

2019

FARO Zone 2D

2018

2019

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

FARO®ナレッジベース

ネットワークライセンスサーバー hasplm.ini ファイルを使用したクライアントコンピュータのグループ設定

インストールアイコン

クイックステップ

  1. ネットワーク上の最初のクライアントコンピュータからインターネットブラウザを開いて http://localhost:1947に進み、Sentinel Admin Control Center を開きます。
  2. 左側のオプションパネルで、設定をクリックしクライアントコンピュータがリモートライセンスキーにアクセスできるようにします。すべてのクライアントコンピュータに適した変更を行い、 保存するをクリックします。 
  3. 最初のクライアントコンピュータのC:\Program Files (x86)\Common Files\Aladdin Shared\HASP\にあるhasplm.iniファイルをネットワーク上の他のすべてのクライアントコンピュータの同じ場所にコピーします。  

概要

ネットワーク化されたクライアントコンピュータのグループをFARO®ライセンスサーバーと連携するように設定する必要がある場合、またはクライアントコンピュータのグループ設定を変更する場合、個別に設定するのではなく、最初のクライアントコンピュータを設定し、その設定ファイルを他のクライアントコンピュータにコピーすることで時間を節約できます。  

準備する

あなたの成功を確実にする前に、この表を確認してください。

完了までの時間
  • 各クライアントコンピュータを設定する時間は数分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでのWindowsの知識
  • DOS コマンドプロンプトのスキル
  • システム管理者のスキル
  • ライセンスサーバーの知識
前提条件
Back to top

詳細

  1. すでにFAROライセンスサーバーを設定している場合は、この手順をスキップして手順2に進みます。ライセンスサーバーを設定していない場合は、ここクリックし指示に従って、ライセンスサーバーを設定します。
  2. ネットワーク上の最初のクライアントコンピュータを設定するには、クライアントコンピュータがリモートライセンスキーにアクセスできるようにするを参照し、このクライアントコンピュータがリモートキーにアクセスできるようにします。すべてのクライアントコンピュータに適したその他の変更を行います。
    1SafeNetNetworkSearchOptions.png1
  3. 送信をクリックし、次の場所にある最初のクライアントコンピュータ上のHASP設定ファイルにこれらの変更を保存します: C:\Program Files (x86)\Common Files\Aladdin Shared\HASP\hasplm.in.  
    Hasplmini.PNG
  4. このhapslm.iniファイルを、USBメモリスティックのようなポータブルファイルストレージメディアにコピーします。
  5. 他のクライアントコンピュータで、C:\Program Files (x86)\Common Files\Aladdin Shared\HASP\hasplm.iniに移動し、既存のHASP設定ファイルの名前をOLDhasplm.iniに変更します。
  6. 新しいhasplm.iniファイルを含むポータブルファイルストレージメディアを、他のクライアントコンピュータのポートに挿入します。 
  7. ポータブルファイルストレージメディアから新しいhasplm.ini をコピーし、クライアントコンピュータのC:\Program Files (x86)\Common Files\Aladdin Shared\HASP\ フォルダに貼り付けます。 
  8. クライアントコンピュータ上のFAROソフトウェアを開いて、キーを要求したり無料ライセンスで実行したりすることなくライセンスサーバー上のキーを自動的に見つけ、設定の変更が適用されていることを確認します。