メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2019

2018

7.x

6.x

5.x

4.x

LT

Capture および Process

CAM2

2019

2018

Measure 10

SmartInspect

Measure Q

As-Built

AutoCAD

Revit

Modeler

VirtuSurv

VirtuSurv 2019

VirtuSurv 2018

FARO Zone 3D

2018

2019

FARO Zone 3D Advanced

2018

2019

FARO Zone 2D

2018

2019

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

RevEng

RevEng

FARO®ナレッジベース

ネットワークライセンスサーバーのアップデート FARO ソフトウェアライセンスキー

インストールアイコン

クイックステップ

  1. クライアントコンピュータ上に、FARO® ソフトウェアをダウンロードおよびインストールします。
  2. サーバーおよびクライアントコンピュータで、HASP ドライバと RUS バージョン番号を確認してください。一致しているはずです。
  3. サーバー上で、RUS を使用し、.C2V ファイルを作成します。FARO ソフトウェアの自動ライセンス更新システムにファイルを電子メールで送信します。
    ここをクリックして電子メールアドレスを確認してください。 
  4. .V2C ファイルを添付した電子メールを受信します。
  5. .V2C ファイルを適用し、サーバーでライセンス キーを更新します。
  6. クライアントコンピュータ上で、ソフトウェアを実行してください。

概要

最近、FARO ソフトウェアのアップグレードに関する通知を受け取った場合、FARO ソフトウェアを最近アップグレードし、ソフトウェアの実行を妨げるエラーメッセージが表示された場合、または最近保証を更新した場合は、ライセンスサーバーでソフトウェアライセンスキーを更新する必要がある場合があります。これを行うには、.C2V ファイルを作成し、電子メールを FARO 自動ライセンスシステムに送信してください。電子メールを受け取ったら、システムは、対応する .V2C ファイルを添付し、返信します。このファイルを適用するとライセンスサーバーもしくはライセンスサーバーに接続しているドングルで保存されているライセンスキーを更新します。

.C2V と .V2C ファイルは、FARO ソフトウェアにライセンスキーを提供するために使用するサーバーの固有のものです。これらのファイルを異なるサーバーと交換することはできません。

.C2V ファイルを作成するには、FARO リモート更新システム (RUS) ツールを使用します。始める前に、すでにプロダクトキーが入力されていることを確認してください。ドングルを使用している場合は、サーバーの USB ポートに正しく接続されていることを確認してください。

注意:各クライアントやサーバーで使用される HASP ライセンスドライバや RUS バージョン番号は、ライセンシングエラーを避けるため、同じ番号であることをご確認ください。最新の FARO ソフトウェアは常に最新の HASP ライセンスドライバを使用します。FARO がソフトウェアをアップグレードする際は、サーバー上の HASP ドライバのバージョンと RUS を確認してください。アップグレードしなければならない場合があります。 

注記: ネットワーク対応ドングルは、ネットワークサーバーもしくは、ライセンスサーバーとして機能するネットワークの任意のコンピュータに接続することが可能です。仮想ライセンスサーバーには、サーバーによって物理 USB ポートがある場合とない場合があり、ライセンスキードングルを使用できない場合があります。 

準備する

あなたの成功を確実にする前に、この表を確認してください。

完了までの時間
  • ライセンスキーについては、1 日 (FARO サポートからの応答を含む)
  • ドングルについては、1 ~ 5 時間 (ネットワークにあるクライアントコンピュータの数による)
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでのWindowsの知識
  • DOS コマンドプロンプトのスキル
  • システム管理者のスキル
  • ライセンスサーバーの知識
前提条件
  • 機能する Microsoft ネットワークサーバーまたはライセンスサーバーとして動作するネットワーク上のコンピュータ
  • FARO ソフトウェア製品ライセンスキーまたはライセンスドングル
互換性 [ここをクリック] して、FARO ソフトウェアの Microsoft Windows との互換性を表示します
Back to top

クライアントコンピュータ上に、FARO ソフトウェアをダウンロードおよびインストールします。

  1. 各クライアントコンピュータ上で、Microsoft Windows オペレーティングシステムの互換性を確認します
  2. クライアント コンピューター上の最新 FARO ソフトウェアをダウンロードしてください。このナレッジベースで、FARO ソフトウェアのダウンロードに関する記事を検索してください。 
  3. FARO ソフトウェア setup.exe ファイルをダブルクリックし、プロンプトに従ってソフトウェアをインストールします。
  4. インストールが完了したら、FARO ソフトウェアはリモートキーにまだアクセスできないため、開かないでください。

クライアントコンピュータやライセンスサーバーで、HASP ドライバと RUS バージョン番号を確認してください。

  • サーバーおよび各クライアントコンピュータで、HASP ドライバと RUS バージョン番号を確認してください。一致しているはずです。
    • 一致している場合、このセクションをスキップし、.C2V ファイルの作成に進みます。
    • サーバがクライアントコンピュータと同じバージョンで実行されていない場合、サーバー上で既存の HASP ドライバと RUS をアンインストールし、一致する HASP ドライバと FARO RUS バージョンをダウンロードし、サーバーにインストールしますSafeNet Sentinel Admin Control Center にアクセスし、サーバー上の RUS を開けるか確認します。詳細はこちらをクリックしてください。
Back to top

サーバー上で、.C2V ファイルを作成します。 

  1. サーバーで RUS を開きます。 
    ライセンスサーバーのインストールと設定時に、既定の場所を使用した場合、RUS は C:/FaroRUS/FaroRUS.exe にあります。 
    RUS ウィンドウが表示されます。
    RUSCollectTab.PNG
  2. [Collect Status Information]タブで、[既存の保護キーの更新]を選択し、[Collect Information]をクリックします。Select Sentinel Protection Key ダイアログボックスが表示されます。
    • このコンピュータで 1 つのプロダクトキーのみまたはドングルを使用する場合は、[OK] をクリックして次の手順に進みます。
    • このコンピューターで複数のプロダクトキーまたはドングルを使用する場合、FARO または他のベンダーのソフトウェアのために、FARO ソフトウェアに適用されるプロダクト/ライセンスキーを選択し、[OK]をクリックします。
    注記: キータイプの下に、HL- ハードロックの略。ドングルに保存されたライセンスキー。 
                                          SL- はソフトロックの略で、コンピュータのソフトウェアに保存されているプロダクトキー。
    RUSSCENELicenses.PNG    RUSMultipleLicenses.png
  3. Save Key Status Asウィンドウで、.C2V ファイルを保存したい場所に行き、ファイル名を入力後、[保存]をクリックします。
  4. プロセスが完了すると、RUS ダイアログボックスに成功のメッセージが表示されます。
    RUSSuccessMessage.PNG
  5. .C2V ファイルを検索し、電子メールに添付して FARO 自動ライセンス更新システムに送信します。
  6. 自動化されたシステムから .V2C が添付された返信が電子メールで届きます。30 分以内に動化されたシステムから .V2C ファイルが届かなかった場合は、FARO サポートまでお問い合わせください。

.V2C ファイルの適用  

.V2C ファイルが添付された自動送信メールを受信したら、RUS を使用してファイルを適用します。ドングルを使用している場合は、開始にコンピュータの USB ポートに正しく接続されていることを確認してください。

  1. サーバー上に、FARO 自動ライセンス更新システムから受信した電子メールに添付されていた .V2C ファイルをに保存します。 
  2. サーバーで RUS を開きます。ライセンスサーバーにインストールおよび設定時の既定場所を使用した場合、RUS は C:/FaroRUS/FaroRUS.exe. にあります。RUS ウィンドウが表示されます。
  3. [Apply License Update]タブをクリックし、BrowseButton.PNGをクリックして、.V2C ファイルを保存した場所に移動します。
    FARO-RUS.PNG
  4. ファイルを選択し適用ウィンドウで、[すべてのファイル (*.*)]をクリックし、.V2C ファイルを選択し、[開く]をクリックします。
    FaroRUS-SelectTheFileToApplyWindow.png
  5. [Apply Update]をクリックします。
  6. プロセスが完了すると、成功のメッセージが表示されます。
  7. クライアントコンピュータで、FARO ソフトウェアを開きます。 
    ライセンスエラーメッセージが表示された場合は、FARO サポートに連絡してください。