メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

As‑Built

AutoCAD

Revit

BuildIT

Construction

Metrology

Projector

CAM2

CAM2

Measure

SmartInspect

FARO Zone

2D

3D

SCENE

Capture および Process

すべての SCENE Suite

VirtuSurv

VirtuSurv 2018

レガシーソフトウェア

Gage ソフトウェア

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

SafeNet Sentinel HASPライセンスドライバとFAROリモートアップデートシステム(RUS)のアンインストールと再インストール

 インストールとアップグレードアイコン

クイックステップ

あなたが始める前に

  • お使いのコンピュータの管理者権限を持っていることを確認してください。そうでない場合は、IT部門に連絡してください。
  • すべてのウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールソフトウェアをオフにします。ウイルス対策ツールは、インストールディレクトリから脅威になっているプログラムファイルを削除し、不完全なままにすることがあります。ウイルス対策ソフトやファイアウォールソフトウェアを無効にする方法がわからない場合や、これを実行できない場合は、IT部門に連絡し、 C:¥Program Files(x86)¥Common Files¥Aladdinにある.dllファイルの例外を作成するように依頼してくださいShared \ HASP
  1. コンピュータにインストールされている SafeNet Sentinal HASP License Driver と FARO Remote Update System (RUS) のバージョン番号を確認するには、ここをクリックしてください。
  2. コンピュータにインストールされているバージョンと最新のバージョン番号を比較するには、ここをクリックしてください。同じであれば、完了です。以前のバージョンがインストールされている場合は、最新のファイルをダウンロードして次の手順に進んでください。
  3. 古いドライバをアンインストールします
  4. 新しいドライバをインストールします
  5. 古い RUS をアンインストール.
  6. 新しい RUS をインストールします.

概要

SafeNet Sentinel HASP ライセンスドライバーと FARO 遠隔更新システムのアップデートは、FARO ソフトウェアをインストールまたはアップグレードするとき自動的に行われます。この過程 (ライセンスのアクティベート) で問題が生じた場合やライセンスサーバーを使用している場合は、ドライバーと RUS を手動で更新する必要があります。この記事では、スタンドアロンコンピュータ、クライアントコンピュータ、ライセンスサーバー用に段階を踏んだ指示を与えます。

準備

正しく更新されるように、始める前に必ずこの表を確認してください。

所要時間 20 分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでの Windows の知識
  • 一般的なコンピュータ スキル
前提条件
  • インターネット接続
  • FARO ソフトウェアを使用しているコンピュータ
  • そのコンピュータでの管理者権限
このページのトップへ

お使いのコンピュータにインストールされたドライバ または RUS のバージョン番号を確認してください

ドライバーと RUS のバージョン番号を最新のものと比較し、必要に応じてダウンロードします。

  1. [ここをクリック] してクイックステップを参照し、最新のドライバーと RUS のバージョン番号と日付を確認してください。
  2. お使いのコンピュータにインストールされているドライバと RUS のバージョン番号と比較してください。一致すればそれで完了です。古いバージョンを使用している場合は、最新のバージョンをダウンロードしていください。
  3. ドライバーと RUS をダウンロードしたら、[古いドライバをアンインストール] に移動して続行します。

古いドライバをアンインストール

スタンドアロンコンピュータ、クライアントコンピュータ、ライセンスサーバーについてこれらの指示に従ってください。

  1. ここからダウンロードした haspdinst<VerNum-Date>.zip ファイルを C:\ ドライブに展開します。サブフォルダに入れないでください。
  2. FARO ソフトウェアを終了して、コンピュータの USB ポートに差し込まれているドングルまたはポートロックを取り外します。
    ドングルまたはポートロック
  3. Windows の [スタート] メニューをクリックします。検索フィールドに cmd を入力して Enter を押します。コマンドプロンプト ウィンドウが表示されます。
  4. コマンドプロンプトが C:\> を指している場合は、この手順をスキップします。指していない場合は、プロンプトにこれらのコマンドのいずれかを入力して Enter を押します。
    • プロンプトが C 以外のドライブを指している場合は、c: を入力して Enter を押します。
    • プロンプトが C を指しているが、ルートにない場合、cd\ と入力して Enter を押します。
  5. C:\> プロンプトで、haspdinst.exe -kp -r -fr -v -purge と入力して現在の HASP ドライバーをアンインストールします。
    HASP アンインストールコマンド
    この処理を実行中、ステータスウィンドウが表示されます。処理が終了すると、処理が正常に完了しました ウィンドウが表示されます。
    Sentinel アンインストール処理正常終了ウィンドウ
  6. コンピュータをリブートしてアンインストールを完了し、Sentinel LDK License Manager サービスが実行されていないことを確認します。

新しいドライバーのインストール

あなたが始める前に

  • お使いのコンピュータの管理者権限を持っていることを確認してください。そうでない場合は、IT部門に連絡してください。
  • すべてのウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールソフトウェアをオフにします。ウイルス対策ツールは、インストールディレクトリから脅威になっているプログラムファイルを削除し、不完全なままにすることがあります。ウイルス対策ソフトやファイアウォールソフトウェアを無効にする方法がわからない場合や、これを実行できない場合は、IT部門に連絡し、 C:¥Program Files(x86)¥Common Files¥Aladdinにある.dllファイルの例外を作成するように依頼してくださいShared \ HASP
  1. 上記の手順 3 と 4 を繰り返して コマンドプロンプト ウィンドウと C:\> プロンプトを表示します。
  2. C:\> プロンプトで haspdinst.exe -i -fi -kp -fss と入力し、最新のドライバーをインストールします。
  3. この処理を実行中、ステータスウィンドウが表示されます。処理が終了すると、処理が正常に完了しました ウィンドウが表示されます。
    Sentinel アンインストール処理正常終了ウィンドウ
  4. インターネットブラウザを開いて http://localhost:1947 に移動し、SafeNet Sentinel Admin コントロールセンター にアクセスできることを確認します。コントロールセンターが表示されたら、[X] をクリックしてブラウザのタブを閉じます。この操作でインストールが正常に行われたことを確認します。
    SafeNet Sentinel Admin コントロールセンター

古い RUS をアンインストール

RUS のアンインストールは、検索して削除するだけです。どこで見つかるかは、使用中の以下のようなコンピュータの種類によって異なります: スタンドアロンコンピュータ、クライアントコンピュータ、ライセンスサーバー。ファイル名は FaroRUS.exe です。削除したくない場合は、その代わりに FaroRUS-Old.exe に名前を変更します。

スタンドアロンコンピュータまたはクライアントコンピュータの場合

RUS ファイルは、実行中の FARO ソフトウェアが保存されているフォルダのルートに保管されます。FARO ソフトウェアをインストールしたときにファイル保管場所のデフォルト値を受け入れている場合、RUS ファイルは次のいずれかのフォルダにあります。

 

  • C:\Program Files\FARO\<FAROSoftwareName>
  • C:\Program Files (x86)\FARO\<FAROSoftwareName>

ライセンスサーバーの場合

RUS ファイルは、どこにでも格納することができます。ライセンスサーバー作成の指示に従っている場合、ファイルは C:\FaroRUS フォルダに保管されています。ない場合は、検索してください。

このページのトップへ

新しい RUS をインストール

スタンドアロンコンピュータ、クライアントコンピュータ、サーバーの場合、新しい FARO RUS のインストールは同様で、非常に簡単です。

  1. ここからダウンロードした新しい FaroRUS<VersionNumber>-<date>.zip ファイルを古い RUS があったフォルダにコピーします。
  2. このフォルダ内で .zip ファイルを展開し、新しい FaroRUS.exe が旧バージョンと同じ場所にあることを確認します。
  3. RUS にアクセスできることをテストします。
    • スタンドアロンコンピュータまたはクライアントコンピュータ : Windows の [スタート] メニューで、すべてのプログラム > FARO > <FAROSoftwareName> > [FARO RUS] または [FARO 遠隔更新システム] をクリックします。これにより、[スタート] メニューの RUS へのリンクが適切に動作していることが確認できます。
    • ライセンスサーバー : [FaroRUS.exe] をダブルクリックして実行します。 
  4. RUS ウィンドウが表示されたら、[X] をクリックして閉じます。この操作でインストールが正常に行われたことを確認します。
    FARO 遠隔更新システム

次のステップ

HASP ライセンスドライバと FARO RUS を手動で更新している場合は、通常、FARO ソフトウェアの更新とライセンスの有効化を行っている過程です。この場合は、このナレッジベースでFAROソフトウェアに適用される「有効化」または「更新」の記事を検索し、マニュアルのライセンス更新の指示に従ってください。