メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler            
BuildIT BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4      
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro    
FARO Zone FARO Zone - 2D FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2018              
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template                  
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Si Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - Maestro 3000 Nutfield - Nutfieldハードウェア Nutfield - Nutfieldソフトウェア コントローラ - LECシリーズ  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 4.x SCENE - 5.x SCENE - 6.x SCENE - 7.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019                  
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Structured Light Scanners Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
FARO®ナレッジベース

Measure の使用時と Cobalt 3D Imager でのスキャン時に一部のターゲットが識別されない

Cobalt Imager アイコン

点群の登録を補助するために、パーツ上でターゲットを使用していて、点群に表示される事が予測されるターゲットが表示されない場合は、次のガイドラインに従ってください。

  1. 写真測量のターゲットと設定を正しく使用している事を確認してください。
  2. Cobalt 3D Imager に関する説明については、Measure ユーザーマニュアル環境設定のセクションを参照してください。
  3. プロジェクターと両方のカメラのレンズカバーが外れている事を確認します。
  4. 露出、範囲または表示に関連する問題を引き起こす可能性のあるシナリオが 2 つあります。
    • Measure でターゲットが識別されない場合、点群データには表示されません。
      • Cobalt のユーザーマニュアルで述べられているように、3D Imager 点群の測定ウィザードで、カラーマッピング機能を使用して、最適な露出を設定します。プレビュー露出スライダを確認します。通常、10 から 30 ms (ミリ秒単位) の間で露出を設定します。マニュアルでは、このためのいくつかの方法について説明します。
      • Cobalt ユーザーマニュアルで説明されているように、画像の露出合わせ機能を使用して、各カメラのレンズの視野 (FOV) の範囲内で Cobalt の正面にパーツを位置決めします。この範囲は、どのカメラのレンズを使用しているかによって異なります。レンズ適用範囲を確認してください。
      • 両方のカメラのレンズで、点群にキャプチャするすべてのターゲットが見えることを確認し、Measure がターゲットを識別できるようにします。例えば、撮影している部分の異なる領域に 9 つのターゲットを設定したとします。右のカメラでは 6 つのターゲットが見え、左のカメラでは、9 つすべてが見えるが、両方のカメラで見えるのは 3 つしか見えない場合、Cobalt では 3 つのターゲットのみをキャプチャし、Measure ではこれら 3 つのターゲットのみを識別します。
    • CAM2 Measure がターゲットを識別するものの、点群データには表示されない場合があります。
      • Cobalt のユーザーマニュアルで述べられているように、3D Imager 点群の測定ウィザードで、カラーマッピング機能を使用して、最適な露出を設定します。スキャンプロファイルで、少なくとも 1 つの照射設定が 10 から 30 ms (ミリ秒単位) の間に設定されていることを確認します。
      • 両方のカメラのレンズで、点群にキャプチャするすべてのターゲットが見えることを確認し、Measure がターゲットを識別できるようにします。例えば、撮影している部分の異なる領域に 9 つのターゲットを設定したとします。右のカメラでは 6 つのターゲットが見え、左のカメラでは、9 つすべてが見えるもが、両方のカメラで見えるのは 3 つしか見えない場合、Cobalt では 3 つのターゲットのみをキャプチャし、Measure ではこれら 3 つのターゲットのみを識別します。
  5. 依然としてターゲットが表示されない場合、Cobalt を補正する必要があります。

次も参照

キーワード:

画像の登録、画像の一致、一致画像、画像の整列、画像整列、スキャンの一致、一致スキャン、スキャンの登録、スキャンの整列、スキャン整列