メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus S

Focus S Plus

Focus M

FARO®ナレッジベース

WLANを使用してフォーカスに接続する

概要

FARO® FocusS 及び FocusM は無線機能が搭載されています。遠隔でスキャナにアクセスすることで標準的なブラウザでスキャナのユーザインタフェースを利用出来ます。またスキャナー内のSDカードからスキャンファイルを表示することが出来ます。

Focusへ接続

全般設定 > WLAN で設定を行います。

WLAN 設定メニューには、PCやモバイルデバイスとの接続を行う為の重要な情報が表示されています。

注意: WLAN設定は、スキャナ本体の画面操作のみ変更でき、リモートアクセスの操作画面からは変更できません。

  • ステータス – トグルスイッチをオンにして無線接続を開始します。
  • ネットワーク名 – タップして接続先をスキャンし、接続先のPCまたはモバイルデバイスを選びます。
  • IP アドレス – ブラウザからスキャナへアクセスする際にこのアドレスを使用しますr。

WLAN モード

WLAN機能では2種類のモード設定があります。

  • WLAN – 既存のローカルネットワークを通じてスキャナにアクセスします。データ転送速度はネットワークに依存し、5GHzネットワークの場合最大150Mbpsです。
  • アクセスポイント – スキャナのネットワークを使用して接続します。データ転送速度は最大54Mbpsです。

更に詳しい情報は, Focus MおよびSシリーズのユーザーマニュアル で確認下さい。 

スキャナの制御

接続が完了したら、Webブラウザを開いてスキャナのIPアドレスをアドレスバーに入力します。

サポートされるブラウザ

デスクトップ用ブラウザ:

  • Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Internet Explorer (Version 11)
  • Safari
  • Opera

モバイル用ブラウザ:

  • Android Chrome
  • Android Browser
  • IOS Safari

スキャンの表示

Focusに挿入されているSDカードへアクセスする場合、スキャナのメニュー画面 全般設定 > スキャンファイルへのリモートアクセス からオプションを有効にしてください。

機能を有効化すると、ブラウザからスキャンのディレクトを表示することが出来ます。サポートされたブラウザのアドレスバーに\\[スキャナのIPアドレス]\Scans(例:\\172.17.16.23\Scans)を入力します。ファイルをローカルにコピーしてから使用してください。スキャナからファイルをコピーするのに少し時間がかかる場合があります。