メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus M

Focus S

Focus3D

Focus3D S

Focus3D X

Focus3D X HDR

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

Scan Localizer プロジェクトを作成し、建物内部をスキャンします。

クイックステップ

 FARO® Scan Localizer を使用して最速の方法でプロジェクトを開始するには、ビデオセクションで、チュートリアルをご覧ください。詳細は下記をご覧ください

ビデオ

この 2 分間のYou Tubeチュートリアルで、FARO を使用して、® Scan Localizer と携帯電話を使用した2 D マッピング プロジェクトを作成する方法をご覧いただけます。YouTube にアクセスできない場合 ここをクリックしてこのビデオをダウンロードしてください。

この 2 分の youtube チュートリアルで、FARO® Scan Localizer, FARO® Laser Scannerフォーカスとモバイルデバイスを使用した3D scan projectを作成する方法をご覧いただけます。YouTube にアクセスできない場合 ここをクリックしてこのビデオをダウンロードしてください。 

概要

スキャンプロジェクトを作成する前に、スキャンする建物内部を考察します。スペースをロジカルセクションに分割し、 Scan Localizerを使用して各セクションを どのように 移動するのか、興味をひく対象物を写真撮影するために一時停止する場所を決定します。事前に定義した図面を持っている場合、詳細の一部始終をより簡単にキャプチャできます。  

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 時間は、建物内部のサイズおよびとスキャンを計画するセクションの数に依存します。
必要なスキル
前提条件
サポートされているハードウェア

最新のファームウェアをインストールした Scan Localizer

Back to top

詳細

これらの手順では、Scan Localizerが ご利用の モバイルデバイスに接続されているものと仮定します。

  1. Scan Localizer ホームページからは、プロジェクトのタイプを選択します。
    • Scan Localizerを単独で使用している場合は、Laser Scannerを取り付けずに、2D平面図を選択し、2Dマップまたは図面を作成します。 
    • Laser Scannerを取り付けたScan Localizerを使用している場合は、 3Dスキャンを選択して、精度の高い3DSCENE文書を作成します。
  2. プロジェクトの名前を入力し、プロジェクトの作成をクリックします。
    ScanLocalizerProjectName.png
  3. ローカライジングウィンドウ が表示され、スキャンが開始されます。そしてローカライジングウィンドウにスキャン画像が表示されます。Scan Localizer で移動すると、画像が拡張し 構築されます。 これは Scan Localizer が データをキャプチャしているという事を示します。スキャン 画像が表示されない場合、モバイル デバイス上でフォルダアイコンをタップして、スキャンを停止し 新しいプロジェクトを作成します。スキャン画像がすぐに表示されます。
    ScanLocalizerProject2.png
  4. Scan Localizeを 内部スペースの 最初のスキャンセクションに移動します。
  5. 一時停止して、モバイルデバイスカメラを使用し、必要に応じてセクション内の興味をひく対象物の写真を 撮影してください。ローカライジングウィンドウ内のモバイルデバイスで、カメラアイコンをタップし、写真を撮影した位置に印をつけるスキャン画像をタップします。 
  6. 最初のセクションで必要なすべての詳細を確認したら、 次に移動します。必要に応じて写真を撮って、スキャンイメージに印をつけます。
  7. 空間内のすべてのセクションのスキャンが完了するまで、手順 5  と 6 を繰り返します。
  8.  スキャンプロジェクトが完了したら、ローカライジングウィンドウ内のモバイル デバイスで、フロッピーディスクアイコンをタップして、スキャンプロジェクトを保存します。Scan Localizer ネットワーク上にプロジェクトが保存されます。