メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

ガラス センサー カバー クリップ インストール:Focus M70、Focus S70/S150/S350

 FocusSME.jpg

概要

FARO® Laser Scanner FocusM 70 と FocusS 70/150/350の一部には、 作業環境での著しい温度差や湿度の変動、荒っぽい輸送状況がある場合に、ガラス センサーのカバーが緩まる可能性があります。これが発生しないように、FARO は適当な位置にセンサー カバーを固定するクリップを備えています。FAROセンサーカバークリップセットパッケージを使用すると、 フォーカスケーシング の外側に特別に設計されたクリップを取り付けることができます。これらのクリップを正しく取り付けると、 ミラーの回転を妨げることなくセンサーカバーが緩むのを防ぎます。  

フォーカスSまたは FocusMを所有している場合、FARO 担当者が連絡を取り、 クリップをインストールするための最善の選択肢をご紹介いたします。可能であれば、これらのクリップをインストールすることをお勧めします。可能でない場合は、本資料のビデオと手順を使用して簡単にクリップを取り付けられるよう、担当者がクリップセットパッケージを送付します。 

ビデオ

この1分のプレゼンテーションでは、ガラスセンサーのカバーが緩んでいるかどうかを確認するために、フォーカスS または フォーカスM を検査する方法を学びます。YouTubeビデオにアクセスできませんか? ここをクリックしてこのビデオをダウンロードしてください。

この 2 分間チュートリアルで、 クリップセットの取付法を学習します。これらのクリップは 厳しい 作業条件下や輸送中に センサーカバーが緩むのを防ぎます。 YouTube ビデオにアクセスできませんか? ここをクリックしてこのビデオをダウンロードしてください。

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 15 分
必要なスキル
  • 特別なスキルは必要ありません
前提条件
  • FARO Laser Scanner Focus へのアクセス
  • 清潔な作業場所
  • FARO のセンサー カバー クリップセットパッケージ
サポートされているハードウェア
  • FARO® Laser Scanner FocusS 70/150/350
  • FARO® Laser Scanner FocusM 70

パーツの収集

ここでは、クリップセットパッケージに含まれる品目一覧です。

  • センサーのカバー固定に使用するクリップ
  • クリップ適用前に、Laser Scannerケースを清潔にするために使用する レンズクリーニングワイプ
  • クリップアライメントテンプレート

 これらのアイテムも必要です

  • 手がワイプに触れないようにレンズクリーニングワイプを保持するピンセット
  • クリップがスキャナに接触するスリットの均一性を確認するためのフラッシュライト 

以下の手順を開始する前に、 これらすべてのアイテムがあることを確認してします。

クリップとミラー間隙の検査

  1. レーザースキャナの電源を切り、外側のケースを傷から保護することができる清潔な面に置きます。
  2. タッチスクリーン°が上を向くように、スキャナーを直立位置から90  の位置に置きます。
  3. クリップセットパッケージ内で、左右クリップを探します。この図で示すように、センサーカバーの両側のケースに クリップを配置して検査します。クリップの裏側の赤い剥離紙は まだ剥がしません。
  4. 回転するミラーの先端とクリップとの間の機械的な隙間を検査します。ミラーをゆっくりと手で回転させ、どれだけ自由に動くかを確認します。赤色の剥離紙がクリップに残っている間に、ミラーがクリップの端に わずかにこすり込むことがあります。クリップが ミラーの進行を妨げない限り、 許容範囲です。後で赤い剥離紙を取り除くと、ミラーはクリップを擦りません。 
          
    注記: ミラーの回転が一方または両方のクリップで妨害されている場合は、クリップを取り除き、FAROのサポート に連絡して新しいクリップセットパッケージを入手してください。
  5. スキャナの背面からミラーを照らすためにフラッシュライトを 使用してください。クリップがスキャナのケースに接触しているところに 小さなスリットが見えるはずです。
           
    注記: 小さなスリットさえ見えない場合は、クリップを取り除き、 FARO のサポート  に連絡して新しいクリップセットパッケージを入手してください。
  6. 手順 4 および 5 で記載するように、クリップが機械的間隙に接触している事を確認したら、傍らに、ただし利用しやすいようにそれらを安全に設定してください。。

スキャナー ケースにクリップを適用する

  1. イソプロピルアルコールを使ってクリップを取り付けるケース上部を 清掃します。センサー カバーの左右の領域を掃除して、ホコリや脂がないようにします。
  2. 選択したクリップのいずれかを選択し、クリップの後ろの接着剤に触れないように、慎重に赤い剥離紙を取り除きます。 脇に置いておきます。2 つ目のクリップも同じようにします。
  3. クリップセットパッケージから、アライメントツールを取り上げ、センサカバーの近くのフォーカスケース の端に置きます。 
  4. 1つのクリップを手に取り、後部の接着剤に触れないように注意しながら、この図に示すように、アライメントツールの端に沿って 配置します。
  5. クリップを正しく整列させたら、クリップの上を軽く押します。配置とミラーの回転を確認します。正しい配置を確認したら、 強く押して フォーカスケースのクリップに固定します。
          
  6. 2 番目のクリップは 手順 2 ~5 を繰り返します。

ミラー回転検査

  1. ゆっくりと手でミラーを回転させ、ミラーがどこにもクリップと接触しないことを確認します。ミラーは、 粉砕音を全く出さずに自由に動かせなくてはいけません。
  2. スキャナの背面からミラーを照らすためにフラッシュライトを 使用してください。クリップがスキャナのケースに接触しているところに 小さなスリットが見えるはずです。
  3. ミラーが 多少なりともクリップに触れた場合は、クリップを取り除き、FARO サポート に連絡して、新しいクリップセットパッケージを入手し、 新しいクリップを使用して手順を繰り返し、ステップ3のクリップ検査とミラーの隙間セクションを始めます。 

関連情報

キーワード:

修理ボックス、修理ボックス、修正セット、センサーカバーロック、センサーカバー修理