メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus S

Focus S Plus

FARO®ナレッジベース

FocusSシリーズのパノラマカメラのインストールとセットアップ

注意:パノラマカメラは FocusS と FocusS Plus モデルにのみ対応しています。

概要

パノラマカメラをFocus Laser Scannerを組み合わせることで、プロジェクトにパノラマ画像を簡単に追加することができます。カメラを適切に設置すると、画像は自動的にスキャンプロジェクトに追加され、SCENEで処理することができます。

パノラマカメラの設定や使い方については、こちらをご覧ください。

取り付け

必要なもの

  • リコーTheta Z1カメラ (リコーTheta Z1カメラを最新のファームウェアにアップデートしておくことをお勧めします)
    • 23 MP (6720 x 3360) 静止画
    • 4K 動画撮影 (3840 x 1920, 29,97 f/sec.)
    • 静止画:RAW+ 約350枚
    • USB 3.0, Wifi, Bluetooth
    • 使用温度範囲: 0°C - 40°C
    • 保存温度範囲: -20°C - 60°C
  • パノラマカメラマウント
  • 3mm 六角レンチ
  • Focus Firmware version 6.8 以降
  • SCENE 2021.0 以降

パノラマカメラの着脱を行う際は、必ず両方のユニットの電源を切ってください。くわしくは下のリンクをクリックして、PanoCam Quickstart Guide参照してください。

PanoCam Quickstart Guide

注意:パノラマカメラは、移動または輸送ケースに保管する前に、必ずスキャナから取り外してください。

注意(重要):パノラマカメラはIP(Ingress Protection)規格ではありませんので、使用環境にご注意ください。

パノラマカメラの設定と校正

設定

  1. Focusレーザースキャナーとパノラマカメラの電源を投入します。
  2. Focusのホーム画面からパラメータ色設定でパノラマカメラをタップしてください。
    PanoEnable_ja
  3. 画像数 を "2 "に設定してください。それ以上の数値にした場合、スキャン/処理時間とファイルサイズが増加します.
    PanoNumImages_ja.png
  4. スキャンの前には、下記の 校正のセクション で説明しているように、必ずカメラの校正を行ってください。

カメラの校正

パノラマカメラを取り付けた後、スキャンプロジェクトを開始する為に、パノラマカメラの校正を行う必要があります。校正手順は、解像度1/5、品質 2xのスキャン、1枚の全天球画像、均等荷重による内部カメラのカラーキャプチャを自動的に実行します。

  • 校正スキャンは、屋内環境(事務所や会議室、部屋など)で行ってください。
  • 壁からスキャナは数メートルの距離を取ってください
  • 最適な校正結果を得るために、床、壁、天井に目に見える物体やパターンが十分に配置されている必要があります。
  • 真っ白な壁、暗い環境、動くものは避けてください。

校正スキャンが完了したら、そのスキャンをSCENEで処理し、ピクチャの適用が正しく行われているかどうかを確認ください。処理されたスキャンで適切なカラーオーバーレイが得られない場合は、キャリブレーションスキャンとSCENEでの処理を繰り返してください。


カメラやマウントがスキャナから取り外される、衝撃や極端な温度変化を受けたなどの場合は、キャリブレーションを再度行う必要があります。また、定期的にキャリブレーションを繰り返すか、カラーオーバーレイエラーが検出された場合にもカメラ校正を繰り返すことをお勧めします。

スキャン

パノラマカメラが有効化され、適切に校正されると、通常のスキャンプロセスの一環として画像が自動的にキャプチャされます。画像は、各スキャンの完了時に自動的にレーザースキャナーに転送され全天球画像は、スキャンプロジェクト内の「PanoCam」サブフォルダに保存されます(カメラのストレージから削除されます)。

PanoImageFileLocation.png

トラブルシューティング

エラーメッセージ: "パノラマカメラを接続し、電源が入っていることを確認してください。"

PanoError_NoCam_ja.png

このエラーは、フォーカスレーザースキャナがパノラマカメラを検出できない場合に発生します。

パノラマカメラの電源が入っていること、および全天球カメラが正しくマウントされていることを確認してください(マウントについては、 PanoCam Quickstart Guide を参照してください)。

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?