メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus Premium

Focus S

Focus S Plus

Focus M

Focus3D

Focus3D X

Focus3D X HDR

Focus3D S

FARO®ナレッジベース

FAROレーザースキャナーの安全情報

FocusPremIso180h.png

概要

本記事では、FARO® Focus Laser Scanner の安全情報についてご案内します。

レーザーの仕様

Laser Scanner モデル レーザークラス / ドキュメンテーション 波長 ビーム広がり
Focus M70 & S70/S150/S350
クラス I
Focus M&S Laser Classification
1550 nm 0.3mrad (1/e)
Focus3DX 30/130/330    クラス I 1550 nm 0.19mrad(0.011°)(1/e、半角)
Focus3D 20/120
クラス 3R
Focus 3D Laser Classification and Eye Safety
905 nm 0.19mrad(0.011°)(1/e、半角)

クラス I:危険なものと見なさない。通常の操作で目や皮膚に損傷を与えるとされるレベルのレーザー放射を出すことができないレーザーまたはレーザーを含むシステム。

クラス 3R:取り扱いに注意すれば安全です。偶発的な暴露に対する危険性は小さいです。ビーム光を直視し、定められた被ばく線量を超えると目に悪影響を及ぼすことがあります。詳しくは、Focus 3D Laser Classification and Eye Safetyの文書をご覧ください。


レーザーのクラス分けや規制の詳細については、以下のサイトをご覧ください。

一般的な安全情報

  • 取扱説明書をよく読み、参照してください。すべての警告に細心の注意を払い、手順に従ってください
  • 安全のため、レーザースキャナーとその付属品は、適切な訓練を受け、知識のあるオペレータのみが、ユーザーマニュアルを読んで理解し、関連するすべての潜在的な危険を慎重に検討した後に使用する必要があります。FARO が提供するトレーニングに参加することをお勧めします。
  • 誤った使い方をすると、製品の保護機能が損なわれ、製品の破損や重大な人身事故の原因となることがあります。誤った使い方とは、取扱説明書に記載されている以外の方法で使用したり、記載されている条件と異なる動作条件で使用したりすることをいいます。
  • レーザースキャナーとその付属品を極端な高温にさらさないでください。周囲温度は仕様に示された温度以下またはそれ以上にしないでください。レーザースキャナーは、放熱器、蓄熱器、またはアンプなど熱が発生する製品のような熱源の近くでは使用しないでください。
  • 製品および電池は、お住まいの国の法規制に従って適切に廃棄してください
  • レーザースキャナーおよびその付属品は、可燃性のガスや煙が存在するような爆発性雰囲気では使用しないでく ださい。そのような環境で電気機器を操作すると、明確な安全上の問題が発生します
  • 危険な領域でレーザースキャナーおよびその付属品を操作する前に、現地の安全に関する監督当局および専門家に連絡してください。
  • 寒いところから著しく暖かいところへ製品を移動すると、スキャナ内部に結露が生じることがあります。これを防ぐため、寒いところから著しく暖かいところへ移動するときは、機密性のプラスチック袋にスキャナを入れてから移動してください。そうすれば袋上の結露でおさまり、スキャナー内部まで結露させずにすみます。密閉した状態でスキャナーを梱包できない場合は、目に見える結露した水がスキャナーから蒸発するまで待ってから、スキャナーのスイッチをオンにしてください。
  • スキャナーが濡れた場合は、完全に乾かしてから運搬用ケースに収納してください。スキャナーの開梱時や梱包時に、ケースの発泡スチロールがまったく濡れないように注意してください
  • 外部電源が入っているスキャナは稼働させないでください。電源ケーブルが回転するスキャナを破損することがあります
  • FARO の純正品または推奨品以外の部品は使用しないでください
  • 整備点検および修理は、必ず FARO が認定した有資格サービス担当者に依頼してください。次のような場合には、製品をコンセントから抜き、バッテリーを取り外して、資格を持ったサービス担当者に修理を依頼してください。
    • 電源コードまたはプラグが損傷している
    • 製品が雨や水、その他の液体にさらされた
    • 製品が多少なりとも落下したか損傷している
    • 何かが製品の上に落下した
    • 操作手順に従った場合でも、製品が正常に動作しない
    • 製品の性能に異常な変化が見られる
    • 必要な保守および校正の期限が切れた

目の安全に関する情報

Focus Premium

  • Focus Premium は、IEC 60825-1:2014 第 3 版に準拠したクラス 1 レーザー製品として分類されています。2019 年 5 月 8 日付けの Laser Notice No. 56 に記載されている通り、21 CFR1040.10 および 1040.11 に準拠していますが、IEC 60825-1 第 3 版への準拠を除きます。
  • レーザースキャナーは、合理的に予測可能な動作条件下では安全です。最大許容曝露量 (MPE) を超えることはありません。ユーザーマニュアルの指示に従って使用および保守すれば、目に害を及ぼすことはありません。

FocusM と FocusS

  • FARO® FocusM と FocusS は、クラス 1 レーザーを使用しています。IEC 60825-1 第 2.0 版(2007 年)および第 3.0 版(2014 年)の規格に準拠した専門家の分類および認証文書をダウンロードするには、ここをクリックしてください。
  • レーザースキャナーは、合理的に予測可能な動作条件下では安全です。最大許容曝露量 (MPE) を超えることはありません。ユーザーマニュアルの指示に従って使用および保守すれば、目に害を及ぼすことはありません。

Focus3D X

  • このレーザースキャナーは、波長 1550 nm の不可視レーザー光を発生させます。放射ビームの出力は 500mW 未満です。ビームの発散角度は、標準で 0.27mrad(0.015°)です。IEC 60825- 1:2007 に準拠し、レーザークラス 1 に分類されています。レーザー製品の安全性。パート 1:装置の分類と要件(第 2.0 版)」に従い、レーザークラス 1 に分類されています。 
  • スキャナーは、合理的に予測可能な動作条件下では安全です。最大許容曝露量 (MPE) を超えることはありません。ユーザーマニュアルの指示に従って使用および保守すれば、目に害を及ぼすことはありません。

Focus3D 

  • Focus3D レーザースキャナーは、波長 905nm の不可視レーザー光を発生させます。レーザーの最大出力は平均 20mW で、ビーム発散角は通常 0.19mrad(0.011°)です。IEC 60825-1:2007 第 2.0 版の規格に基づき、スキャナーはクラス 3R レーザーシステムとして分類されており、クラス 3R レーザーシステム周辺のエリアにおいて、定められた露出限界を超える作業を行う場合、ビーム内を直接見ることは目に有害な場合があります。
  • ただし、レーザースキャナーは、生物生理学的に目に安全です。暴露限度を超えても、必ずしも実際に負傷するリスクがあるわけではありません。レーザーの安全性に関する世界的な専門家であるシュルマイスター教授の研究によると、目の安全距離よりも近い距離にいる場合でも、レーザーによる目への医学的リスクはないとのことです。
  • しかし、IEC 60285-1 第 2.0 版に基づく標準的な規制では、法律で義務付けられている場合、国の規制や職場の安全に関する法律に応じて、当社のスキャナーが表示する目の危険距離より近くにいるユーザーは、安全眼鏡を着用する必要があることが記載されています。
  • 規定の暴露限度を超えたスキャナ周辺のレーザー危険領域(公称眼障害区域 - NOHA)をユーザーに知らせるため、スキャナーの操作ソフトウェアでは、実際に有効な目の安全距離(公称眼障害距離 - NOHD)を表示します。軸と半径方向の NOHD を区別しています。従って、結果として得られるスキャナー周囲の NOHA は、スキャナーの Z 軸を基準に回転して得られた円筒で表すことができます。ここで、半径方向の NOHD は円筒の半径に等しく、軸方向の NOHD は、スキャナーミラーの中心から引いた円筒の中心線になります。


kA270000000Ce7uCAC_en_US_1_0.jpeg

軸方向と半径方向の NOHD はいずれも、要求したスキャン分解能と品質によって異なります。以下に、利用可能なすべての分解能と品質の組み合わせについて、軸方向および半径方向の NOHD(単位:メートル)、繰り返し周波数、パルス持続時間をご紹介します。

kA270000000Ce7uCAC_en_US_1_1.jpeg


kA270000000Ce7uCAC_en_US_1_2.jpeg

Focus3D を扱うときは、以下のレーザー安全対策を講じてください。

  • 警告:本製品はレーザーシステムを採用しています。レーザー光線に直接さらされることがないように、筐体を開けないでください
  • 警告:本書で指定されている以外の制御または調整を利用したり、手順を実施すると、危険な被ばくを招くことがあります
  • レーザーの方向を見ないようにしてください。レーザー光に目を直接さらしたり、見つめないでください。また、レーザー光を他の人に向けないでください。
  • 光学機器などで直接レーザー光線を見ないでください
  • 鏡や表面の反射する物を、光線の通り道に置かないでください。以上の安全上の注意事項は、レーザーの反射光にも適用します
  • スキャナーは訓練を受けた担当者のみが操作する必要があります
  • お客様は、スキャナーが適切に機能していることを定期的に評価する必要があり、これらの評価の間隔は年次メンテナンスおよび認証サービスの間に   カスタマーサービスが提供する 1 年の期間を超えてはいけません。故障が見つかったときは、ただちにスキャナーの使用をやめてください。
  • IEC 60825-1:2007、Ed 2.0 に定められた安全上の注意事項と規制措置に従ってください。記載されている安全上の注意事項と、国内や地域で公布されている規制措置との違いも考慮してください。国の規制や職場の安全に関する法律によっては、以下のようなさらなるレーザーの安全対策が必要な場合があります。
    • NOHD よりも近づいて作業を行う場合は、レーザー安全ゴーグルを装着してください
    • レーザー安全ゴーグルを装着せずに誰も NOHD に立ち入れないよう措置を講じてください(安全フェンスを使用するなど)
    • NOHA には、適切なレーザー警告の表示を掲示して、境界を設けてください
    • クラス 3R レーザーシステムを扱う企業は安全管理者を任命してください

注: 以上のレーザーの安全対策は、完全性を主張するものではありません。クラス 3R レーザーシステムを扱う場合に必要なレーザー安全対策の詳細については、国内規制や法律を参考にしてください。レーザー安全ゴーグルを着用して作業する場合、レーザーのタイプごとに選択する必要があります。Focus3D の場合、DI 800-980 L5 以上に指定されたゴーグルを使用してください。Dは連続波レーザーモードを表し、Iはパルスレーザーモードを表し、800-980はレーザー波長を表し、L5はL定格であり、特定の波長範囲に提供される保護のレベルを示すために使用されます。詳細については、レーザーの安全を管轄する機関に問い合わせてください。

IEC 60825-1:2007 第 2.0 版に従って、Focus3D には以下のレーザー警告が表示されています。

kA270000000Ce7uCAC_en_US_1_3.jpeg      kA270000000Ce7uCAC_en_US_1_4.jpeg


本マニュアルのすべての指示に従えば、Focus3D がレーザークラス 1 の制限を超えることはありません。特に、レーザー安全ゴーグルを着用していない人が NOHD 内に入らないよう注意してください。

Focus3D に付属するレーザー保護メガネの仕様

Focus3D 20/120、S20/S120 に付属のレーザー保護メガネ(品番 ACCSS6003 または ACCSS6004)は、ポリカーボネート素材でできています。保護メガネは DI 800-980 L5 以上のレーザー製品に指定されています。D は連続波レーザーモード、I はパルスレーザーモード、800-980 はレーザー波長を表しています。L5 とは、特定の波長帯に対する保護レベルを示す L 規格です。

以下のレガシーレーザースキャナーの使用には、一般的に保護メガネが必要です。

  • LS 420HE/840HE/880HE
  • Photon 20/80/120
  • Focus 3D 20/120
  • Focus 3D S20/S120

注意:レーザースキャナーのユーザーマニュアルに記載されているレーザー安全ガイドラインを常に遵守してください。

電気的安全性

  • 筐体を開けないでください:重傷を負ったり、製品を破損したりする可能性があり、保証に影響します。筐体内には危険な高電圧が存在します。資格のあるサービス担当者のみがハウジングを開ける必要があります
  • 危険な電圧の箇所に触れたり、短絡が発生する可能性があるため、どのような物も製品の開口部から製品内に押し込まないでください。その結果、火災や感電を招いたり、製品が損傷することがあります
  • この装置は、住宅環境での使用を想定していません。このような環境では、適切なレベルの電波受信を確実に保護するものではありません
  • スキャナーやその付属品を水に浸さないでください。製品内部に液体が入ると、損傷、火災、感電などを生じるおそれがあります
  • この製品は、FARO が提供または推奨するバッテリーまたは電源のみで操作する必要があります。AC コンバータの仕様が、お使いの電源電圧に適合していることをご確認ください。お住まいの地域における電源電圧がおわかりにならない場合、最寄りの電力会社にお問い合わせください
  • 感電を防止するために、電源装置は乾燥した屋内環境のみで使用してください
  • 強い磁場や電界の近くではスキャナーを使用しないでください。

機械的安全性

  • スキャン中およびスキャン後はしばらくの間、ミラー装置が高速で回転します。ミラーが回転している間は本製品から離れ、手、指、髪、衣服、その他の物が回転するミラーユニットに触れないようにしてください。けがや製品の損傷の危険性があります
  • スキャナーは、しっかりした平らな場所に設置して使用してください。スキャナーが横転するとけがをするおそれがあります
  • 三脚が傾いてもスキャナーをつかまずに、三脚をつかんでください
  • FARO が推奨する機器のみを使用し、FAROセットアップ方法に従ってください。
  • 筐体を開けないでください:重傷を負ったり、製品を破損したりする可能性があり、保証に影響します。
  • 台車や三脚ドリーを使用する場合は、特に注意して移動させてください。電源ケーブルを引っ張ってカートを移動させないでください。カートを無理に押したり引いたり、急停止したり、凹凸のある場所で使用すると、スキャナーの正常な動作に支障をきたす場合があります
  • スキャンを実行すると、スキャナーは時計回りに最大 360 度回転します。スキャン中にスキャナーヘッドが自由に回転しても、物にぶつからないように確認してください。