メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - Editor FARO - ScanArm Mesh                
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus3D

Focus3D S

Focus3D X

Focus3D X HDR

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

スキャン精度チェック:Focus3D

Focus3D X 30/130/330 Series アイコン

概要

FARO Focus3Dが正確にスキャンしているかを確認する簡単な方法は、2つのオブジェクト間の一定の距離をスキャンして測定することです。スケールバーを持っている場合は、それをスキャンし、バー上の2点間の距離を測定します。そうでない場合は、一定した2つの距離を持つ環境、たとえばドア端や窓枠の縁などの物体を使用します。

時間がある場合は、Focus3Dの全性能を完全に評価するために、より包括的なチェックを行う事が可能です。本資料では、Focus3D の精度を検査するために 2 つの異なる包括的な方法を記載しています。最初の方法は、Focus3D からスキャンを既知の照合システムと比較します。2つ目の方法では、既知の照合システムは必要ありません。精度を確認するために、向きの異なる2組のスキャンを使用します。 

詳細

どちらの方法を使用する場合でも、正確な水平および垂直のスキャン範囲の点を取り入れたスキャナ周辺の環境内に、ターゲット球またはチェッカーボードを配置します。高低を取り入れた様々な高さで、いくつかのターゲットを配置します。Focus3D の全範囲を検査しないので、ほとんどのターゲットを地平線または低い位置での配置は避けてください。

スキャンと既知の基準座標を比較します。

  1. ターゲット球のネットワークを設定します。
  2. 正確かつ互いに関連性のある既知の位置を指定して、FARO Laser Trackerがある球センターポイントを測定します。これにより、比較に使用できる既知の照合システムが作成されます。
  3. Focus3Dを使用して球のネットワークをスキャンし、球を使用してスキャンを記録します。
  4. スキャン内の球のセンターポイントを測定します。
  5. これと既知の照合システムを比較します。
  6. 必要に応じて、球センターポイントのネットワークがレベルXY平面を有する場合、スキャナを傾け、球のネットワークを再びスキャンします。記録機能が適切であり、Focus3D 傾斜計が確認される必要があります。 

さまざまな方向で実行したスキャンを比較します。

ここをクリックしてこの検査の実行方法を詳しく説明したガイドをダウンロードしてください。 

  1. 球またはチェッカーボードターゲットのネットワークを設定します。
  2. Focus3D を使用してそれらをスキャンします。
  3. Focus3Dを数フィート以上動かして回転させます。
  4. ターゲットネットワークを再びスキャンします。
  5. 2セットのスキャンを同時に記録します。2 セットの間の記録は、4 mm 以内で一致する必要があります。