メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus S

Focus M

2Dハンドヘルドスキャナー

ScanPlan

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

スキャン検証ツールでスキャンを確認します。

FocusSME.jpg

クイックステップ

  1. スキャンフォルダをWelcome Screenへドラッグします。 
  2. スキャン名の右にテスト結果アイコンが表示されます。
  3. スキャンをクリックしてから [SHOW REPORT] をクリックすると、詳細なレポートを表示できます。

概要

FARO® スキャン検証ツールは、Focus または ScanPlan のスキャン署名を使用して、スキャンの生データが変更されていないことを確認します。 

スキャンの検証

  1. ツールを起動します。Welcome Screenが表示されます。
     
  2. スキャンのあるフォルダを [フォルダを追加] ウィンドウへドラッグするか、[フォルダを開く] をクリックしてスキャンフォルダへ移動します。
    • FARO Focusスキャン:スキャンフォルダ「0xx.fls」または複数のスキャンを含むフォルダを FARO スキャン検証ツールにドラッグします。
    • ScanPlan プロジェクト:プロジェクトフォルダを FARO スキャン検証ツールにドラッグします。
  3. スキャンは自動で処理され、検証の結果が表示されます。

検証結果

スキャン検証が終了すると、ツールはスキャンのリストをステータスアイコンとともに右側に表示します。 

アイコン スキャンフォルダが利用可能 スキャンファイルが利用可能 ステータス
  はい はい 不明/未処理
はい はい 成功
はい はい なんらかの理由で失敗
はい いいえ 予期しないファイル
はい いいえ スキャンサブフォルダ
はい いいえ ハッシュ/署名ファイル。ハッシュ化スキャンの一部ではありません

スキャンを選択して [SHOW REPORT] をクリックすると、スキャン検証結果の詳細レポートを表示します。

[SAVE]をクリックすると、ディレクトリおよびレポートファイルのファイル名を指定してテキストファイルで、表示されているレポートが保存できます。 

署名検証キー

起動時に、ツールと共にインストールされた RSA 署名検証用のデフォルトの公開キーの読み込みが開始されます。キーファイルが見つからないか破損している場合、ツールがこれを検出し、別のキーファイルを開くように促します。

有効なキー無しでスキャン検証プロセスが開始された場合、部分検証は実行されますが、実際のデジタル署名検証は失敗します。 
有効なキーが読み込まれたら、[Tools] > [Signature-check key details]の順番にクリックし、プロパティを見ることができます。