メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S

Quantum M

Quantum E

ScanArm

Design ScanArm 2.5C

Design ScanArm 2.0

FARO®ナレッジベース

QuantumシリーズFaroArm用の拡張アダプタのインストール

  

概要

拡張アダプタ i-Probe(パーツ番号 21460)は、標準の M6 ネジ穴が端に付いているアダプタです。M6 ネジ付きのすべての拡張またはプローブを使用できます。アダプタを入手するには、お住いの地域のFARO 顧客担当 までお問い合わせください。 
21460ProbeExtensionAdapter.jpg

アダプタを FARO® Quantum シリーズ FaroArm®、ScanArm、または Design ScanArm 2.0 にねじ込む場合に、アダプタを FaroArm に合わせるのに少々手間がかかるかもしれません。アダプタのネジが間違っていると、電子機器を損傷する可能性があります。こうした状況を回避するには、以下の詳細な手順に従ってアダプターを取り付けてください。 

準備する

プロセスを確実に完了できるよう、始める前にこの表を確認してください。

完了までの時間 15分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでの Windows の知識
  • 一般的なコンピュータスキル
前提条件 拡張アダプタ i-Probe、パーツ番号 21460

詳細

  1. i-Probe 拡張アダプタを手元に用意します。
  2. FaroArm をオンにして、FaroArm の端を囲む青い点滅 LED ライトが青色に点灯するまでエンコーダジョイントを参照します。 
  3. プローブロックレバーを開き、付属のプローブを取り外します。 
  4. 反時計回りに回して、スレッドガードを取り外します。 
    ThreadGuard.png
  5. FaroArm の上にある青い LED の矢印と、アダプタの内側にある小さい矢印に注意してください。
     AdapterArrows.png
  6. アダプタの内側の矢印が見えるよう、FaroArm ネジ付きリング面の底面が斜めになるようにアダプタの底面を置きます。2 つの矢印を揃え、アダプタを上に傾けてリング面とぴったり重なるようにします。矢印が正しく揃うと、アダプタがねじのリング面に当たったときにカチッという音がします。 

    注意:カチッという音がしない場合は、アダプタを回転させないでください。代わりに、矢印を再調整してリング面に対してぴったり合うようにアダプタを上に傾けます。カチッと音がするまでこれを繰り返します。矢印が正しく揃っていないと、スレッドが上手く入らずアダプタが正しく取り付けられない可能性があります。
    Connector4.png
  7. FaroArm の端を囲む LED ライトが緑色に点滅してから再び青色に点灯するまで、アダプタをリング面に押し付けます。これで、FaroArm がアダプタを認識していることが確認できます。 
  8. プローブロックレバーを閉じます。
  9. アダプターを時計回りに回して所定の位置に固定します。アダプター を回してねじ山の端に達すると、アダプターは回転しなくなります。ここで、手でしっかり締めてください。
    Connector5.JPG

これでアダプタは延長プローブを受信する準備ができました。FaroArm および CAM2 ソフトウェアは自動的にアダプタを認識しますが、アダプタに接続するプローブについては、補正に CAM2 Device Manager に正しいプローブ直径を入力する必要があります。 

注意:アダプタを取り外した後は、FaroArm のスレッドを保護するためにスレッドガードを必ず交換してください。