メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S

Quantum M

Quantum E

Edge

Fusion

Prime

Platinum

Legacy Quantum

Titanium

Advantage

Digital Template

ScanArm

Design ScanArm 2.5C

Design ScanArm 2.0

Design ScanArm

Forensic ScanArm

Gage

Bluetooth

Plus

Standard

Power

シリアル FaroArm

Bronze

Gold

Silver

FARO®ナレッジベース

FaroArmとGageで精度を低下させる可能性のある問題

以下に精度が低下する原因を列記します。

1 - 取り付け方法

  • 木製のテーブル上面に取り付けた場合や、光ケーブルの配線用構造(振動等)は鋼板が薄く固定するとたわみます。
  • 固定具を使用しないで、折りたたみ式三脚を使うと不安定です。
  • ローリングスタンドは車輪を降ろした状態で、固定ピンを浮かせていると状態は不安定になります。
  • 過度の締め付け力による部品変形。


2 - 補正

プローブを用いた場合:

  • 針プローブで測定した場合。
  • プローブが欠けていたり緩んでいたりした場合。
  • 延長プローブを使って測定した場合。延長するとたわみが発生します。


FARO LLPを用いた場合:

  • 平面測定時FARO 校正板の上でプローブを引きずらないでください。校正板の表面に傷をつけないように、測定した点と点の間はプローブを持ち上げます。
  • プローブ補正が不慣れな場合。FARO レーザーラインプローブの補正時は、レーザーラインプローブをしっかり倒して下さい。
  • レンズが汚れていた場合。FARO レーザーラインプローブの付属の布を使用して2つのレンズを清掃して下さい。
  • レンズが汚れていたり、グリスが付いていると、結果が悪くなるおそれがあります。


3 - 測定環境

  • エンドストップに近い場所での測定は、エンコーダーに不要なストレスが発生する可能性があります。その結果、測定結果に悪影響がでる可能性があります。
  • ARMを限界まで伸ばした状態は不要なストレスが発生する原因になります。
  • 測定器の移動コマンドを使って測定器の位置を再定義した場合も精度が低下します。
  • 測定箇所の周辺が過剰に振動していた場合、精度が低下する恐れがあります。
  • 周囲温度の急激な変化は、ARMの自動温度補正にエラーが発生する可能性があります。
  • 測定技術が未熟だと精度が低下します。:要素の計算に必要な最低点数しか測定しなかった場合、個々の点を測定する際のズレ、狭い測定範囲等です。

注記: アームを石定盤やカート上で使用する場合、ワークを固定して測定して下さい。