メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Advantage

Edge

Fusion

Legacy Quantum

Platinum

Quantum E

Quantum M

Quantum S

Titanium

Laser Line Probe

Edge ES V5

Edge HD V6

Edge V4

FAROBlu HD/SD V6

V1

V2

V3

ScanArm

Design ScanArm

Forensic ScanArm

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

USB FaroArmドライバ6.0.2.3以前を使用したLaser Line Probe(LLP)の補正

クイックステップ

プロジェクトの測定結果が最も正確であることを確認するには、測定プロジェクトを開始する前に、FaroArmとFARO®Laser Line Probe(LLP)を常に校正(別名、補正)してください。

  1. 正しい使用説明書を使用するため、ここをクリックし、お使いのコンピュータにインストールされているドライバのバージョン番号を確認してください。バージョン番号が6.0.2.3以前の場合は、この項の使用手順書を使用してください。そうでなければ、 ここをクリックし、新しい使用手順書を使用してください。 
  2. FaroArm、ScanArm、またはLLPの校正に関する段階的な使用手順については、適切なUSB FaroArmマニュアルをダウンロードしてください。
  3. マニュアルを開いて、[検索]欄に [校正]を入力し、使用手順を見つけます。
  4. 手順の概要については、以下のビデオをご覧ください。方法がご覧になると、簡単に行えます。 

注意:ボールプローブを使用し、補正プレート上で9ポイントを取り終えたら、LLPのレーザービーム補正前に、必ずプレートから引き戻し、ハンドル上の赤いボタンをクリックしてください。 

ビデオ

この4分間のYouTubeチュートリアルで、FAROトレーナー ミッチェル エドワード(Michelle Edwards)がFaroArmハードプローブとLLPを校正するのを見てください。ミッチェルがLLPのレーザー光線の補正に移る前に、ボールプローブを使用し、補正プレート上で9ポイントを取った後、どのようにプレートから引き戻し、赤いボタンをクリックするか注目してください。YouTubeにアクセスできない? ビデオをダウンロード

準備する

あなたの成功を確実にする前に、この表を確認してください。

完了までの時間 15分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでのWindowsの知識
  • 一般的なコンピュータースキル
  • LLPまたはScanArmによるFaroArmの一般的な知識
前提条件
互換性 さまざまなドライババージョンのコンピューター・プロセッサを、どのMicrosoft Windowsバージョンがサポートしているかの詳細については、こちらをクリックしてください。
サポート対象ソフトウェア

FARO® CAM2 ® Measure 10.x、CAM2 Measure Q、CAM2 Measure X、CAM2 4.x

サポート対象ハードウェア
  • FaroArm--FARO®Edge、FARO®Arm Fusion、FARO®Arm Prime、Plantinum、Quantum、Titanium、Advantage、Digital Template
  • FARO®Laser Line Probe(LLP)搭載ScanArm EdgeまたはDesign ScanArm -- HD、ES、V3
  • Gage -- Gage Bluetooth、Gage Plus、Gage Standard、Power Gage

関連項目

キーワード:

ScanArm、Scanner、校正、校正、llp 校正、Laser Line Probe 校正、llp 設定、レーザー補正、補正、補正