メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Advantage

Digital Template

Edge

Fusion

Legacy Quantum

Platinum

Prime

Quantum E

Quantum M

Quantum S

Titanium

Gage

Bluetooth

Plus

Power

Standard

ScanArm

Design ScanArm

Design ScanArm 2.0

Design ScanArm 2.5C

Forensic ScanArm

ドイツ語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

USB FaroArm を使用する SPAT テスト不合格後の補正手順

概要

ファローアームは精密な機械です。このため作業環境が変化すると、アームに貼付してある仕様ラベルの単一点 (SPAT) の値で確認できる、アームの精度が許容範囲外になる恐れがあります。
FaroArm Accuracy Specification Label
Measure ソフトウェア よりSPAT テスト を数回実行し、そのどの結果も単一点の値の許容範囲外の場合、補正作業を実行することで許容範囲に戻すことができます。

注意: この補正作業は、工場出荷時の校正設定を変更します。SPAT テストの結果が許容範囲内にある場合、補正は実行しないでください。

アーム補正の詳細な手順

  1. 作業を開始する前に、ファローアームの取り付け安定性を確認してください。アーム補正はアームを大きく動かしその可動範囲から得られた情報を基に行います。マウントが安定していない場合、正確な補正結果が得られません。
  2. 校正コーンをアームのリーチの2/3の位置に固定してください。
    SPAT Test Two Thirds Volume
  3. コンピュータとアームを接続しMeasure を起動します。[測定器のコントロールパネル] で、[プローブ補正] ボタンをクリックします。測定器タブハードウェアの環境設定 とクリックして測定器のコントロールパネルを開きます。次に プローブ補正 をクリックし、補正ダイアログにアクセスし、アーム補正 をクリックします。
    Compensation Dialog Box
  4. 校正コーンにしっかりとプローブを固定します。
    注意: アーム補正を行う前に、プローブの補正 をして下さい。

  5. 次の図に示すように、ボールインジケータが左右の終了位置のいずれかで緑色になるまでアームの肘 (4軸部分) を倒して下さい。その位置で、アームの緑色ボタンを一度クリックします。
    SPAT Test Dialog Box
  6. ダイアログボックスの黒矢印で示す方向にゆっくりとアームを動かしていきます。この時、アームの緑ボタンを押す必要はありません。アームを動かしている間にソフトウェアは自動的に20ポイントの点情報を取得します。
    SPAT Test Roatation Toward You
  7. ダイアログボックス内の黒い矢印の方向が逆方向に反転したら、その方向にゆっくりとアームを動かしていきます。
    SPAT Test Roatation Away From You
  8. ボールインジケータが下の画像の赤い矢印で示された位置と交差するまで、アームを動かし続けます。
    SPAT Test Roatation
    この時、結果ウィンドウが表示されます。正しく補正が行われた場合、X、Y、Z 各座標の補正情報が表示されます。失敗した場合はエラーメッセージが表示されます。
  9. アーム補正が正しく行われた後に再度 SPAT テストを繰り返し行い、補正前に取得したデータと比較してください。

注意: 工場出荷時の校正設定に戻したい場合は、補正ダイアログのリセットをクリックしてください。

Compensation Dialog Box

 

次の手順

アームの使用準備が整いました。