メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品                  
Hardware ハードウェア - すべての FARO 製品                  
Accessories 付属品 - すべての FARO 付属品                  
FaroArm FaroArm - すべてのモデル                  
USB FaroArm USB FaroArm - すべてのモデル USB FaroArm - Quantum S M USB FaroArm - Advantage USB FaroArm - Digital Template USB FaroArm - Edge USB FaroArm - Fusion USB FaroArm - Platinum USB FaroArm - Prime USB FaroArm - Quantum USB FaroArm - Titanium
Serial FaroArm シリアル FaroArm - すべてのモデル シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver            
Gage Gage - すべてのモデル Gage - Standard、Plus、Power Gage - Bluetooth              
ScanArm or Laser Line Probe ScanArm または Laser Line Probe - すべてのモデル ScanArm または Laser Line Probe - Edge LLP V4 ScanArm または Laser Line Probe - LLP V1 V2 V3              
FaroArm Accessories FaroArm 付属品 - すべての FaroArm モデル FaroArm 付属品 - USB FaroArms FaroArm 付属品 - Platinum FaroArm 付属品 - Titanium FaroArm 付属品 - Gage FaroArm 付属品 - シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Gold シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Silver シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - すべての LLP モデル FaroArm 付属品 - LLP V1 V2 V3
Laser Tracker Laser Tracker - すべてのモデル Laser Tracker - Vantage S M E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si X Xi          
Laser Tracker Accessories Tracker 付属品 - すべてのモデル Tracker 付属品 - Vantage Tracker 付属品 - ION Tracker 付属品 - Si X Si            
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner Laser Scanner - すべてのモデル Laser Scanner - Focus S M E Laser Scanner - Focus3D Laser Scanner - Photon            
Laser Scanner Accessories Laser Scanner 付属品 - すべてのモデル Laser Scanner アクセサリー - Focus S M E Laser Scanner 付属品 - Focus3D Laser Scanner 付属品 - Photon            
Hand Held Scanner ハンドヘルドスキャナ - Freestyle                  
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer                  
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
Software ソフトウェア - すべての FARO ソフトウェア                  
CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect                
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud および WebShare 2Go SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - BuildIT BuildIT - Projector          

CAM2

Measure

Laser Tracker

Si X Xi

USB FaroArm

すべてのモデル

スペイン語

ドイツ語

中国語

日本語

英語

FARO® Knowledge Base

CAM2 Measure で Laser Trackerと FaroArm を同時に接続する

CAM2 Measure 3.x または 4 でトラッカーとアームを同時に接続する

アプリケーションの説明

これは、CAM2 Measure の測定セッション中に、レーザートラッカーとファローアームを同時に接続するための手順です。

セットアップ

  1. アライメントは必要ありませんが、トラッカーやアームと一緒に最初に 確立したい場合は、通常の方法で行います。
  2. 円、球、点など、最低限3 点、点削減可能要素が必要です。最も簡単な方法は、1.5 SMR のトラッカーパットを 3 つ以上貼り付けます。注記: アームとトラッカーの測定範囲内にある必要があります。

 

測定

  1. トラッカーを接続します。
  2. 測定>点>補正無し コマンドを使用し、3 つ以上パットを測定します。

 

接続

  1. 測定するパットの届く位置にアームを配置します。[測定器]>[測定器の設定]コマンドより、アームと接続します。次のウィンドウより、FARO Arm USB またはシリアル(お持ちの FARO Arm のバージョンによって異なる)を選択し、[開始]ボタンをクリックします。
  2. [測定器]>[測定器の位置]>[新規]に進み、新しい機器としてアームを設定します。必要な場合は、結果ボックスが表示されたら、覚えやすいように DEVICEPOS002 から FARO Arm に名前を変更します。
  3. 適切な大きさ(アダプター上面に、既知のプローブの直径が記載してある)のアダプターを使用します。パットにこのアダプターを配置し、[測定>点>補正無し]コマンドにより中心位置を測定します。
  4. すべての点を測定したら、[測定器]>[測定器の位置]>[定義]に進みます。測定した点が含まれる新しいウィンドウが表示されます。使用する点をハイライト表示して、[OK]を選択します。
  5. 各点には公称値が付いている必要があります。各点に対して、[公称値の選択]ボックスが表示されます。中央上部にあるドロップダウンボックスから、アームで測定した点に、トラッカーで測定した関連付けする点を選択します。
  6. 結果ボックスが表示され、新しい測定器の位置の結果が得られます。誤差が公差内である場合、[OK]を押します。公差外の場合、誤った公称値を選択した可能性があります。この場合は[要素の検証]コマンドから、公称値を修正する必要があります。

 

アームとトラッカーの間の切り替え

  1. アームとトラッカー間を切り替えるには、2 つの手順があります。
  2. まず[測定器]>[測定器の位置]>[アクティブに設定]に進み、機器を選択します。
  3. 次に、[測定器]>[測定器の設定のセットアップ]に進み、機器を選択し、[開始]、[OK]の順にクリックします。

 

ここをクリックしてダウンロードしてください。FARO Arm および Tracker アプリケーションのメソッドシートの使用

 

キーワード:アーム、トラッカー、同時に、同時に、アームとトラッカーのコンボ、コンボ、接続、接続する、アームとトラッカー、トラッカーとアーム、デバイスの位置、mdp、デバイス位置の移動