メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Edge

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

イーサーネット設定: FARO Edge との接続方法

Edge では、2 種類のイーサネット接続、DHCP および静的 IP を使用できます。

注: FaroArmへのイーサネット接続では、UDPポート2010を使用する必要があります。このポートは、ローカルネットワーク内のデバイスを検出するためにブロードキャストトラフィックを許可するように設定する必要があります。

DHCP では、Edge Arm とワークステーションコンピュータをネットワークハブに直接接続する必要があります。DHCP を使用するには:

  1. タッチ画面の[メイン]メニューで、[設定]をタッチします。
  2. [設定]メニューで[接続]をタッチします。
  3. [イーサネット]ボタンをタッチします。
  4. イーサネット接続用の DHCP をタッチします。
  5. 緑のチェックマークを押します。

注記: ご使用のコンピュータのイーサネットカードは、IP アドレスを自動的に検出および取得するよう設定する必要があります。

静的 IP では、さらに手順が必要ですが、ネットワークカードを使用して Arm をコンピュータに直接接続できます。静的 IP オプションを使用するには:

  1. タッチ画面の[メイン]メニューで、[設定]をタッチします。
  2. [設定]メニューで[接続]をタッチします。
  3. [イーサネット]ボタンをタッチします。
  4. イーサネット接続用の静的 IP をタッチします。
  5. Arm に実際のネットワークアドレスを割り当てることができる、静的 IP ウィンドウが表示されます。
    • IP は、128.128.128.100 を使用します。
    • サブネットマスクは、255.255.255.0 を使用します。
  6. 緑のチェックマークを押します。
  7. 次に、Edge の特定のネットワークと通信できるように、コンピューターのネットワークカードを設定する必要があります。Windows 7 では、[スタート]メニュー > [コントロール パネル] > [ネットワークとインターネット] > [ネットワークと共有センター]を選択します。
  8. 左側にあるリストから[アダプターの設定の変更]を選択します。
  9. [ローカルエリア接続]を右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  10. [インターネットプロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)]をハイライト表示させ、[プロパティ]をクリックします。
  11. [次の IP アドレスを使う]ラジオボタンを選択します。
    • IP アドレスには、128.128.128.X(X は、0 ~ 99 間の任意の数)を使用します
    • サブネットマスクには、255.255.255.0 を使用します。
  12. [OK]をクリックして変更を確定し、ダイアログを閉じるために[OK]をクリックします。

上記の設定のいずれかを使用した後、コンピュータに Arm を接続するには:

  1. コンピュータで、[スタート] > [すべてのプログラム] > [FARO] > [FARO イーサネットのセットアップ]を選択します
  2. プログラムが表示されたら、ドロップダウンリストを使用して、イーサネットアダプタを選択します(たとえば、Broadcom NetXtreme…)。
  3. [更新]を押すと、Edge Arm がオプションとして表示されます。
  4. Arm の横にあるチェックボックスをクリックします。
  5. 目的のソフトウェアを開くと、Arm が自動的に接続されます。

 

キーワード:

イーサネット、IP アドレス、接続、ワイヤード接続、セットアップ