メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus Premium

Focus S

Focus S Plus

Focus M

2Dハンドヘルドスキャナー

ScanPlan

FARO®ナレッジベース

FARO スキャン検証ツールのよくある質問

よくある質問

Q:スキャンを検証しようとしましたが、FARO®スキャン検証ツールはプロジェクトが署名されていないと表示し続けます。

A:Scan フォルダまたは ScanPlan フォルダに「SHA256SUM」ファイルが含まれているかどうか確認してください。含まれていない場合、プロジェクトは電子署名されていないため、チェックすることができません。

端末の SD カードや USB メモリーから直接コピーされたスキャンは必ず検証してください。FARO Focus のファームウェアバージョンが 6.3.0 以上、FARO ScanPlan のファームウェアバージョンが 2019.0 以上であることを確認してください。


Q:キーボードショートカットはありますか?

CTRL-O   フォルダを開きます。
CTRL-B   システムを参照します。
CTRL-V   選択したフォルダーを確認します。
CTRL-R 選択したフォルダーのレポートを表示します。
CTRL-S レポートを PDF 文書として保存します。
CTRL-P PDF を表示し、印刷できるようにします。
ESC   すべてのダイアログを閉じます。
BACKSPACE ツリービューで、1 つ上の階層(cd ..)に移動します。
CTRL-U アップデートの有無を確認。
CTRL-Q    アプリを終了します。


Q:macOS で SD カードを開くことができない

A:Focus Laser Scanner で使用するメモリーカードとフォーマット方法」の記事を参照してください。この記事では、macOS と FARO Focus スキャナーに対応した SD カードの作成方法について説明します。

現在のSDカードでそうしなかった場合、残念ながら他の(Windows)PC でスキャンしたものを macOS で読める媒体(USB メモリなど)にコピーする必要があります。


Q:SCENE プロジェクトフォルダ内のスキャンを検証したいのですが、うまくいかないようです。


A:SCENE は、「revisions」フォルダに保存する際に署名を削除します。スキャンを検証するには、FARO Focus Scanner のオリジナルデータを使用する必要があります。On-Site Registration を使用していた場合、プロジェクト内の「RawScans」フォルダにオリジナルデータがあります。