メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT            
All すべて - FARO 製品                  
Hardware ハードウェア - すべての FARO 製品                  
Accessories 付属品 - すべての FARO 付属品                  
FaroArm FaroArm - すべてのモデル                  
USB FaroArm USB FaroArm - すべてのモデル USB FaroArm - Quantum S M USB FaroArm - Advantage USB FaroArm - Digital Template USB FaroArm - Edge USB FaroArm - Fusion USB FaroArm - Platinum USB FaroArm - Prime USB FaroArm - Quantum USB FaroArm - Titanium
Serial FaroArm シリアル FaroArm - すべてのモデル シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver            
Gage Gage - すべてのモデル Gage - Standard、Plus、Power Gage - Bluetooth              
ScanArm or Laser Line Probe ScanArm または Laser Line Probe - すべてのモデル ScanArm または Laser Line Probe - Edge LLP V4 ScanArm または Laser Line Probe - LLP V1 V2 V3              
FaroArm Accessories FaroArm 付属品 - すべての FaroArm モデル FaroArm 付属品 - USB FaroArms FaroArm 付属品 - Platinum FaroArm 付属品 - Titanium FaroArm 付属品 - Gage FaroArm 付属品 - シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Gold シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Silver シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - すべての LLP モデル FaroArm 付属品 - LLP V1 V2 V3
Laser Tracker Laser Tracker - すべてのモデル Laser Tracker - Vantage S M E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si X Xi          
Laser Tracker Accessories Tracker 付属品 - すべてのモデル Tracker 付属品 - Vantage Tracker 付属品 - ION Tracker 付属品 - Si X Si            
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner Laser Scanner - すべてのモデル Laser Scanner - Focus S M E Laser Scanner - Focus3D Laser Scanner - Photon            
Laser Scanner Accessories Laser Scanner 付属品 - すべてのモデル Laser Scanner アクセサリー - Focus S M E Laser Scanner 付属品 - Focus3D Laser Scanner 付属品 - Photon            
Hand Held Scanner ハンドヘルドスキャナ - Freestyle                  
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer                  
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
Software ソフトウェア - すべての FARO ソフトウェア                  
CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect                
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud および WebShare 2Go SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - BuildIT BuildIT - Projector          

Laser Scanner

Focus3D

日本語

英語

FARO® Knowledge Base

Focus3D のスキャン精度チェック

Focus3D

概要

FARO Focus3D のスキャン精度を確認する簡単な方法は、スキャンデータの2つのオブジェクト間の距離を測定することです。スケールバーなど既知の距離を持つものをスキャンし、2点間の距離を測定します。そうでない場合は、例えば、ドアや窓枠のエッジ間など既知の距離を使用します。時間があるならば、Focus3D 性能の全範囲をより詳細に評価することができます。

ここでは、Focus3D のスキャン精度をテストするための2つの方法を記述しています。一つが、既知の基準(スケールバーなど)をスキャンする方法、もう一つが、異なる向きでのスキャン二組を使用したものです。

詳細

どちらの確認方法を使用するにかかわらず、ターゲット球またはチェッカーボードを配置します。その際、ターゲットは高さ方向 (上下方向)、スキャナの周辺方向 (前後左右) に配置してください。

既知の基準 (スケールバーなど) をスキャンする方法

  1. ターゲット球を配置します。
  2. 配置したターゲット球の中心位置を FARO レーザートラッカーで測定します。これは、比較のために使用できる既知の基準を作成するためです。
  3. Focus3D でスキャンし、基準球を使用して結合させます。
  4. Scene でスキャンしたターゲット球の中心点を確認します。
  5. 2 で測定した基準と比較します。
  6. レベル平面の確認が必要な場合は、スキャナを傾けた状態で再度スキャンを行い、上記の確認を行ってください。

異なる向きでの複数スキャンで確認する方法

このテストについての解説資料は、ここから ダウンロードして下さい。
  1. 球またはチェッカーボードを配置します。
  2. Focus3D でスキャンします。
  3. 数メートル以上Focus3D を移動し、角度を変えて設置します。
  4. 再びスキャンします。
  5. 二つのスキャンをターゲットベースで登録します。 このとき登録結果のターゲットテンションが4ミリメートル以内であることが確認して下さい。
  • この記事は役に立ちましたか?