メインコンテンツまでスキップ
  Tags                    
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語      
Language Quality HT MT AT NT              
All すべて - FARO 製品                    
Hardware ハードウェア - すべての FARO 製品                    
Accessories 付属品 - すべての FARO 付属品                    
FaroArm FaroArm - すべてのモデル                    
USB FaroArm USB FaroArm - すべてのモデル USB FaroArm - Quantum S USB FaroArm - Advantage USB FaroArm - Digital Template USB FaroArm - Edge USB FaroArm - Fusion USB FaroArm - Platinum USB FaroArm - Prime USB FaroArm - Quantum USB FaroArm - Titanium  
Serial FaroArm シリアル FaroArm - すべてのモデル シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - すべてのモデル Gage - Standard、Plus、Power Gage - Bluetooth                
ScanArm or Laser Line Probe ScanArm または Laser Line Probe - すべてのモデル ScanArm または Laser Line Probe - Edge LLP V4 ScanArm または Laser Line Probe - LLP V1 V2 V3                
FaroArm Accessories FaroArm 付属品 - すべての FaroArm モデル FaroArm 付属品 - USB FaroArms FaroArm 付属品 - Platinum FaroArm 付属品 - Titanium FaroArm 付属品 - Gage FaroArm 付属品 - シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Gold シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Silver シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - すべての LLP モデル FaroArm 付属品 - LLP V1 V2 V3  
Laser Tracker Laser Tracker - すべてのモデル Laser Tracker - Vantage S M E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si X Xi            
Laser Tracker Accessories Tracker 付属品 - すべてのモデル Tracker 付属品 - Vantage Tracker 付属品 - ION Tracker 付属品 - Si X Si              
Imager 3D Imager - Cobalt                    
Laser Scanner Laser Scanner - すべてのモデル Laser Scanner - Focus S M E Laser Scanner - Focus3D Laser Scanner - Photon              
Laser Scanner Accessories Laser Scanner 付属品 - すべてのモデル Laser Scanner アクセサリー - Focus S M E Laser Scanner 付属品 - Focus3D Laser Scanner 付属品 - Photon              
Hand Held Scanner ハンドヘルドスキャナ - Freestyle                    
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer                    
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                    
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                    
Software ソフトウェア - すべての FARO ソフトウェア                    
CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect                  
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud および WebShare 2Go SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go              
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight                
Public Safety 公共の安全 - すべてのソフトウェア 公共の安全 - FARO CAD Zone火災保険 公共の安全 - FARO CAD Zone犯罪事故 公共の安全 - FARO CAD Zone CZポイントクラウド 公共の安全 - FARO CAD Zoneファーストルックプロ 公共の安全 - FARO Zone 2D 公共の安全 - FARO Zone 3D 公共の安全 - FARO 360 Reality 公共の安全 - FARO 360 HD 公共の安全 - FARO 360 Blitz 公共の安全 - FARO 360 Genius
PointSense1 PointSense - すべてのPointSenseスイート PointSense - PointSense Basic PointSense - PointSense Pro PointSense - PointSense Building PointSense - PointSense Plant PointSense - PointSense Heritage PointSense - PointSense ために Revit PointSense - TachyCAD Building PointSense - TachyCAD Archeology PointSense - TachyCAD Interior  
PointSense2 PointSense - PhoToPlan Basic PointSense - PhoToPlan PointSense - PhoToPlan Pro PointSense - PhoToPlan Ultimate BIM CIM - DisToPlan BIM CIM - PhoToPlan BIM CIM - MonuMap BIM CIM - hylasFM      
Factory Metrology ファクトリーメトロジー - すべてのソフトウェア ファクトリーメトロジー - Visual Inspect App ファクトリーメトロジー - Visual Inspect CAD Translator ファクトリーメトロジー - RayTracer              

Laser Tracker

ION

Si X Xi

Vantage

日本語

英語

FARO® Knowledge Base

Laser Trackerの精度と補正情報

FARO レーザートラッカーの運動学的モデルパラメータのひとつは、非直角軸(一般的に直角度を呼ばれる)を補正します。もしこのパラメータが変化したり、最適化されなかったりした場合、特定距離の水平位置や天頂角 90 度での点測定結果よりも、同距離での 135 度の床地点(及び天頂角付近)での点測定のバックサイド誤差や 2 面測定誤差の結果が著しくなります。

CompIT 機能は、これらの誤差を確認し、修正します。

もし水平方向 6 点での方向性補正(指向補正)結果がトラッカーの許容値以内に収まらない場合、非直角度補正を実行する事を推奨します。その場合、床上での点測定を追加します。

直角度パラメータは、とても安定的なパラメータで、温度によって変化しません。これは、大抵は衝撃、振動、運送によって変化します。
トラッカーを各測定箇所に移動する必要のある作業者は、CompIT の詳細タブを選び、方向性補正を実行し、結果の良し悪しに関わらず、器材の移動によって発生している可能性のある小さな誤差を最適化する為に、非直角度補正まで継続します。

ION、 X、 Xi トラッカーに関して、もし角度精度チェック後に自己補正が交差範囲外である場合、方向性補正と非直角度補正を継続する事を推奨します。しかし、もし作業者が的確な測定規則に従わずに、『ユーザーによる任意の点』を使用して補正した場合、CompIT は高角度および低角度でのバックサイドエラーが交差内に入るかどうかを理論的に判断出来ない為、非直角度補正を継続する事は推奨しません。したがって、測定対象領域の周辺でバックサイド誤差を確認する事を推奨しています。また、非直角度補正が常に指示された床上の特定点のみを測定すべき理由でもあります。

 

キーワード:

レベル、精度、繰り返し精度、レーザートラッカー