メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

Laser Tracker

ION

Si

Vantage

X

Xi

スペイン語

ドイツ語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

イーサーネット設定 : Windows XP での Laser Tracker

トピック: FARO Laser Tracker のコンピュータイーサーネットの設定 (ここ のリンク先の文章を参照してください)

  1. Windows のデスクトップ上で、[マイネットワークプレース] アイコンを右クリックして、[プロパティ]  を選択します。
  2. 1つ以上の [ローカルエリア接続] アイコンが表示されます。マウスポインタを使用して各アイコンを反転表示すると、ツールのヒントにはネットワークアダプターの型とモデルが表示されます。
  3. [ローカルエリア接続] が複数ある場合、FARO Laser Tracke rシステムで使用されているものがどの接続か判断する必要があります。ほとんどのノートパソコンには、ネットワーク接続が内蔵されています。旧式のデスクトップコンピュータでは、イーサーネットボードの追加が必要となる場合もあります。
  4. 使用されていないすべてのネットワーク接続を無効にします。
  5. Tracker で使用されている [ローカルエリア接続] アイコンを右クリックして、[プロパティ] を選択します。
  6. ファイアウォールがインストールされていないことを確認します。ファイアウォールがインストールされている場合は無効にしてください。
  7. [インターネットプロトコル(TCP/IP)] にチェックが入っていて、選択されていることを確認します。次に、[プロパティ] ボタンをクリックします。
  8. [次の IP アドレスを使う] ラジオボタンを選択して、次を追加します。IP アドレス:128.128.128.X(Xは0~99の任意の数字です。10を推奨しています。) サブネットマスク:255.255.255.0
  9.  [OK] ボタンをクリックして、[ローカルエリアの接続プロパティ] ウィンドウに戻ります。
  10. [構成] ボタンをクリックしてから、[詳細設定] タブを設定します。[ケーブルの種類] という名が一覧されている場合、プロパティの下にチェックを入れます。[ケーブルの種類] が一覧されている場合は、これを選択し、値が [自動] または [自動検出] に確実に設定されるようにしてください。次に、[OK] ボタンをクリックします。[ケーブルの種類] が一覧されていない場合は、[キャンセル] ボタンをクリックします。
  11. 終了したら、[OK] をクリックして [ネットワークプロパティ] を終了し、メッセージが表示されたら[はい] をクリックして再起動します。
  12. イーサーネットケーブルが確実にコンピュータとMCUに接続されるようにします。MCU の接続は [オン/オフ] のスイッチの隣にあります。 
  13. 確認のために、Windows デスクトップの [スタート] ボタンをクリックして、[実行] ボタンを選択します。
  14. 次のように入力します。Ping 128.128.128.100 -t 次に、[OK] をクリックします。
  15. [reply] を受信したら、イーサーネットは適切に構成されています。イーサーネットの構成に問題がある場合、[request timout] メッセージを受信します。
  16. FARO Laser Tracker IP アドレスを使用して、ステップ11~13を繰り返します。Ping 128.128.128.100 t。それでも問題が解決しない場合、お電話(0120-922-927)か電子メール(supportjapan@faro.com) にてカスタマーサービス部門にお問い合わせください。

 


キーワード:

イーサーネット、tracker接続、接続、ローカルエリアネットワーク、tracker設定、tracker構成