メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

Laser Tracker

Vantage

スペイン語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

外部同期 - Vantage Laser Tracker用のリモート入力トリガー配線

外部同期/リモート入力トリガポート

Vantage の MCU には、ロボット、CNC、または他の外部装置などの別のコントローラを用いて測定を同期することができる外部同期ポートまたはトリガケーブルポートを有しています。オプションのシールドマルチユースインテグレータケーブルを使用することで MCU 側のポートにはコネクタで直接接続することができ、もう一方には装置側の入出力用やグラウンド用の4線があります。

トラッカー測定のリモートトリガー

MCU への入力トリガーは 5V の TTL 信号によって動作します。一般的な方法として、ノーマリークローズ (B接点) のスイッチを用いた場合、+5 V の入力トリガー (High) で回路はオープンになり、プルダウン抵抗 (50Ω) を介した  0 V の入力トリガー (Low) を MCU が検出すると、測定のトリガーと判断し測定が行われます。

FARO ではトリガー測定を行う場合は少なくとも 1msec 以上の信号入力時間を保つことを推奨しています。

TTL トリガーはマルチユースインテグレータケーブルの緑と黒のペアを使用しています。黒をグラウンドに接続し、緑を少なくとも +3.3V の電源に接続します。この時必ず緑と対になっている黒のラインを使用してください。異なる黒のラインを使用した場合、正常にトリガー動作しません。

CAM2 ソフトウェア、FARO Utilities 内の Measure Pad、FARO Software Developer's Kit (SDK) それぞれでリモートトリガー機能をサポートしています。


外部装置からの信号によるトラッカーの使用

トラッカーには外部装置へ測定が開始した信号を送るための2つのオプションがあります。TTL と RS485 Differential です。

まず、TTL 出力信号を使用するには、マルチユースインテグレータケーブルの赤と黒のラインペアを使用します。グラウンドに黒線を接続し、入力装置に赤線を接続します。この時必ず赤と対になっている黒のラインを使用してください。異なる黒のラインを使用した場合、正常に信号を出力しません。測定トリガーが、かかっていない場合(信号が+3.3Vより小さい場合)、赤線からの信号は+ 3.3Vから+5Vの間になります。

次に、RS485 Differential を使用する場合です。マルチユースインテグレータケーブルの青と黒のラインペアを RS485 の駆動用に使用します。RS485 は100 Ω の負荷に最小2 Vの差動出力を提供します。
黒線がマイナス、青線はプラスです。この時必ず青と対になっている黒のラインを使用してください。異なる黒のラインを使用した場合、正常に信号を出力しません。

 

キーワード:

Vantage TTL, Remote Trigger、リモートトリガー、バンテージ

  • この記事は役に立ちましたか?