メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

VirtuSurv 2018 およびそれ以降のライセンスアクティベーション

VirtuSurvAsbuilt-bty.png

概要

ほとんどの FARO® ソフトウェアは、起動して使用するにはライセンスキーが必要です。FAROソフトウェアの購入の一部として、プロダクトキーが届きます。このキーにより、FAROソフトウェアへ安全にアクセスすることができます。VirtuSurv 2018 以降のソフトウェアには、ライセンスの追加、管理、更新が可能なライセンスマネージャが含まれており、ライセンスのタイプや有効期限などの情報も提供されます。

ライセンスの更新/アクティブ化を試みる前に:

  • 安定したインターネット接続を確保してください。
  • ご使用のコンピュータに管理者権限があることを確認します。
  • すべてのウイルス対策ソフトウェアとファイアウォール ソフトウェアをオフにします。これは、有効化のプロセスに影響する可能性があるためです。このプロセスの最後に、これらをもう一度オンにします。この方法がわからない場合、社内の IT 部門にお問い合わせください。
  • USB ポートロック/ドングルを使用している場合は、ソフトウェアを開く前にコンピュータにそれらを接続してください。

初回ライセンスアクティベーション

  1. VirtuSurv アイコンVirtuSurvIcon.png をダブルクリックしてソフトウェアを起動します。
  2. 新規プロジェクトを作成するか、最近のプロジェクトを開くと、ウェルカム画面が閉じます。
  3. メインリボンのライセンスマネージャのアイコンをクリックします。
    VirtuSurvOpenLicManager.png
  4. ライセンスマネージャが開き、ソフトウェアの現在有効なライセンス(存在する場合)を表示します。有効なライセンスが見つからない場合、30 日間のトライアルが自動的に開始されます。
  5. 有効なライセンスのないコンピュータにアプリケーションをインストールすると、プロダクトキーを入力するよう求められます。
    • 有効なプロダクトキーがある場合は、[ライセンスの追加] リンクをクリックして提供されたフィールドにプロダクトキーを入力し、[送信] をクリックします。
      VirtLicManagerAdd.png
    • 以前のバージョンからアップグレードする場合(そして保守/保証契約が有効期限内である場合)は、[ライセンスの更新] リンクをクリックします。ソフトウェアは、新しいバージョンをサポートするライセンスを自動的に更新します。このプロセスでは安定したインターネット接続が必要です。インターネットに接続していない場合や、アップデートが失敗した場合は、[手動によるライセンスの更新] へ進みます。

手動によるライセンスの更新

ライセンスの更新リンクが機能しない場合は、C2V ファイルを作成して FARO 自動ライセンス更新システムまでメールで送信してください。電子メールを受信すると、システムは使用しているコンピュータに適用する V2C ファイルを送信します。C2V および V2C ファイルは FARO ソフトウェアを使用するコンピュータに独自であり、FARO ソフトウェア製品キーに関連する情報を保持しています。これらのファイルを別のコンピュータのものと交換することはできません。

C2V ファイルの作成

  1. [ライセンス情報を収集する] のリンクをクリックします。
  2. 次のウィンドウで C2V ファイルを保存する場所へ移動し、必要に応じてメモしてから[保存]をクリックします。ファイル名を更新するソフトウェア名(例:「VirtuSurv.c2v」など)に変更してから、[保存]をクリックします。
  3. ファイルを電子メールに添付して、自動 FARO ライセンスシステムに送信します。
  4. 数分以内に、自動システムから一致する V2C ファイルを添付した返信が届きます。

V2C ファイルの適用

FARO からの返信メールには、V2C ファイルが添付されています。このファイルは、FARO ソフトウェアを使用しているコンピュータごとに異なり、更新された製品キー情報が含まれています。この V2C ファイルを適用すると、コンピュータまたはポートロック/ドングルに保存されているライセンスキーが更新されます。

自動ライセンス更新システムから受信した電子メールに添付されていた V2C ファイルを、既知の場所に保存します。必要に応じて保存先を書きとめておきます。この電子メールを受信していない場合は、FARO サポートまでご連絡ください。

  1. [ファイルからの更新] リンクをクリックします。
  2. V2C ファイルを保存した場所まで参照し、[開く]をクリックします。
  3. 更新された製品/ライセンスキー情報が適用され、FARO ソフトウェアの使用を開始することができます。

別のコンピュータからライセンスを転送する

ライセンスキーが別のコンピュータにある場合は、転送キー を使用すると、ライセンスキーを別のコンピュータから現在使用しているコンピュータに転送することができます。

[転送キー] をクリックすると、[キーの転送]ウィンドウが表示されます。ライセンスマネージャは、該当するライセンスキーをネットワークで検索します。

VirtuSurv_2018_LicTransfer_RUS.png

ネットワーク転送

目的のキーをクリックして強調表示し、[転送] ボタンをクリックします。ライセンスマネージャは、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

オフライン転送

「RUS ツールで転送」を使用すると、ネットワーク経由で 2 台のコンピュータ間でネットワーク接続する必要なくライセンスを転送できます。「RUS ツールで転送」リンクをクリックすると、FARO RUS ツールとPDF ファイルが開き、プロセスの説明が手順ごとに表示されます。