メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021            
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021            
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021            
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage                
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020                
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                
FARO®ナレッジベース

CAM2 ライセンスのアクティブ化

CAM2-Beauty.png

概要

殆どの FARO® ソフトウェアは、開いて使用するのに有効なライセンスが必要です。FARO ソフトウェア購入の一環として、プロダクトキーを受け取ります。このキーが FARO ソフトウェアへの安全なアクセスを提供します。CAM2® 2018 以降には、ライセンスの追加、管理、および更新ができ、ライセンスのタイプや有効期限などの情報が提供される内蔵型のライセンスマネージャーが含まれています。

ライセンスを更新/アクティブ化する前に:

  • 安定したインターネット接続があることを確認します。
  • コンピュータで管理者特権があることを確認します。
  • すべてのアンチウイルスおよびファイアウォールソフトウェアをオフにします。アクティブ化プロセスに影響しうるためです。このプロセスの終わりに、忘れずにオンに戻してください。この方法がわからない場合、IT 部門に問い合わせてください。
  • USB ポートロック/ドングルを使用している場合、ソフトウェアを開く前にそれをコンピュータに取り付けてください。

ライセンスマネージャーインターフェイスは、バージョン毎に異なります。インストールするバージョンに適用される以下のセクションを参照してください。

CAM2 バージョン 2018.9 以降

有効なライセンスを持たないコンピュータで初めてアプリケーションを起動する時、ライセンスマネージャーウィザードのホームページが表示されます。
WizardHome.png

プロダクトキー

オンラインアクティブ化

  • 有効なプロダクトキーがある場合、[プロダクトキー]ボタンをクリックして、フィールドにそのキーを入力し、[次に]をクリックします。
    コンピュータがインターネットに接続されていない場合、「インターネット接続がない」リンクをクリックして、下記のオフラインアクティブ化セクションを続行します。
    WizardEnterProductKey.png

オフラインアクティブ化

インターネット接続がないコンピュータでソフトウェアをアクティブ化する必要がある場合、インターネットアクセスのある別のコンピュータを使用して、2つのうち1つの方法で行うことができます。どちらの方法もオフラインコンピュータから C2V ファイルを作成して、電子メール経由または FARO ライセンシングポータルウェブサイトを使用してファイルを(オンラインコンピュータを使用)送信する必要があります。これらのいずれの方法でも、V2C ライセンスファイルに戻り、これで、オフラインコンピュータへの転送ができるようになります(USB サムドライブまたは類似の媒体を経由)。
WizardProductKeyOffline.png

Web ポータル

オフラインコンピュータで:

Webポータル]ボタンをクリックして開始します。

  1. 青い C2V ボタンをクリックします。C2V ファイルを保存する場所に移動します。簡単に識別できるように、更新するソフトウェア名を入れた名前をファイルに付け(例「SoftwareName.c2v」)、[保存]をクリックします。このファイルを USB サムドライブまたは類似の媒体にコピーして、オンラインコンピュータに転送できるようにします。
    WizardProductKeyOfflinePortalStp1.png
  2. コンピュータから USB サムドライブを取り出し、[次に]をクリックします。
    WizardProductKeyOfflinePortalStp2.png

オンラインコンピュータで:

  1. 前のセクションで作成した C2V ファイルを含む USB サムドライブまたは類似の媒体を挿入します。
  2. FARO ライセンシングポータルホームページに移動します:https://license.faro.com/Portal/activation
  3. 閲覧]をクリックし、C2V ファイルの位置に移動し、それを選択して[開く]をクリックします。
  4. プロダクトキーをプロダクトキーを入力フィールドに貼り付けてから、[有効化]をクリックします。
    WebPortalActivateProductKey.png
  5. 次のスクリーンで、アクティブ化が成功したことを確認し、[V2C ファイルをダウンロード]ボタンをクリックして、アクティブ化済みのライセンスファイルをダウンロードします。「activation_########_######.v2c」の形式になります。
    WebPortalDownloadV2c.png
  6. このファイルを USB サムドライブまたは類似の媒体にコピーして、ソフトウェアがインストールされるオフラインコンピュータに転送できるようにします。

オフラインコンピュータで:

  1. 前のセクションでダウンロードした V2C ファイルを含む USB サムドライブまたは類似の媒体を挿入します。
  2. [ライセンスマネージャー]スクリーンに戻り、[次に]をクリックします。
  3. 青い V2C ボタンをクリックします。V2C ファイルを保存した場所に移動し、それを選択して[開く]をクリックします。
    WizardProductKeyOfflinePortalStp3.png
  4. これで更新された商品/ライセンスキー情報が適用され、FARO ソフトウェアの使用を開始できます。
電子メール

オフラインコンピュータで:

電子メール]ボタンをクリックして開始します。

  1. 青い C2V ボタンをクリックします。C2V ファイルを保存する場所に移動します。簡単に識別できるように、更新するソフトウェア名を入れた名前をファイルに付け(例「CAM2.c2v」)、[保存]をクリックします。このファイルを USB サムドライブまたは類似の媒体にコピーして、オンラインコンピュータに転送できるようにします。
    WizardProductKeyOfflineEmailStp1.png
  2. コンピュータから USB サムドライブを取り出し、[次に]をクリックします。
    WizardProductKeyOfflineEmailStp2.png

オンラインコンピュータで:

  1. 前のセクションで作成した C2V ファイルを含む USB サムドライブまたは類似の媒体を挿入します。
  2. 以下のとおり電子メールを作成して送信:
    • 宛先: license@faro.com
    • 件名:{プロダクトキー}
    • 添付ファイル:前のセクションで作成した C2V ファイルを添付します。
  3. まもなく、V2C ファイルが添付された返信電子メールが届きます。このV2C ファイルを USB サムドライブまたは類似の媒体にダウンロードして、ソフトウェアがインストールされるオフラインコンピュータに転送できるようにします。

オフラインコンピュータで:

  1. 前のセクションでダウンロードした V2C ファイルを含む USB サムドライブまたは類似の媒体を挿入します。
  2. [ライセンスマネージャー]スクリーンに戻り、[次に]をクリックします。
  3. 青い V2C ボタンをクリックします。V2C ファイルを保存した場所に移動し、それを選択して[開く]をクリックします。
    WizardProductKeyOfflineEmailStp3.png
  4. これで更新された商品/ライセンスキー情報が適用され、FARO ソフトウェアの使用を開始できます。

トライアル

購入する前に FARO ソフトウェアをよく知りたい場合に、[トライアル]ボタンをクリックすれば、完全な機能付きバージョンをお試しいただけます。トライアル期間は、製品やバージョンによって異なり、7~90日間です。

ハードロックキー

起動時に、ソフトウェアはインストールされたハードロックキー/ドングルを自動的に検出します。ソフトウェアを始動した後でハードロックキー/ドングルを挿入した場合、[更新]ボタンをクリックして、再検知を試みてください。

注記:ハードロックキー/ドングルを使用していて、インターネットアクセスがない場合、CAM2 をトライアルモードで始動してから、以下の2018.8 以前でのマニュアルライセンス更新手順セクションに従う必要があります。

WizardInsertHardlock.png

ライセンスの移転

ネットワーク上の他のコンピュータにライセンスキーがある場合、[キーを移転]により、別のコンピュータ上に位置するライセンスキーを現在使用しているコンピュータに移転することができます。

  1. キーを移転]ボタンをクリックすると、[キー移転]ウィンドウが表示されます。
    WizardKeyTransfer.png
  2. ホストで利用可能なライセンス:]ドロップダウンボックスで、移転するライセンスキーを含むコンピュータを選択します。
  3. 希望のキーをクリックしてそれを強調表示します。
  4. 次を読んでから、チェックボックスをクリックします:
    特定のホストで使用可能なライセンスを選択した後で[次に]をクリックすることで、そのコンピュータでは利用できなくなり、このコンピュータで利用可能になることを、私はよく理解しています。
  5. 次に]ボタンをクリックします。
  6. ライセンスマネージャーが、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

ネットワークライセンス

システム管理者はネットワークライセンスサーバーを作成し、FARO ソフトウェアを実行するクライアントコンピュータが利用できるライセンスのプールを作成できます。ライセンスは、ライセンスサーバーがホスティングし、ネットワークでクライアントコンピュータが共有します。ライセンスサーバーにアクセスするには、フィールドにホスト名または IP を入力して、[次に]をクリックします。
WizardNetworkLicense.png

CAM2 バージョン 2018.8 以前

ライセンスアクティブ化の初回実行

有効なライセンスのないコンピュータで初めてアプリケーションを始動するとき、プロダクトキーを入力するよう求められます。

  • 有効なプロダクトキーがある場合、それをフィールドに入力して、[送信]をクリックします。
  • 前のバージョンからアップグレードする場合(かつ現行のメンテナンス/保証契約を有する場合)、[その他のオプション]メニューを拡張します。[ライセンスを更新]リンクをクリックします。ソフトウェアがライセンスを自動的に更新し、新バージョンに対応するようにします。このプロセスには、安定したインターネット接続が必要です。インターネットに接続されていない場合や、更新がうまくいかない場合、マニュアルライセンス更新に進んでください。

NeedValidLicBoth.png

マニュアルライセンス更新

ライセンス更新リンクがうまくいかない場合、C2V ファイルを作成して、FARO 自動ライセンス更新システムに電子メールで送信します。電子メールが受信されると、システムは使用しているコンピュータに適用するための V2C ファイルを送信します。C2V および V2C ファイルは FARO ソフトウェアを使用するコンピュータに独自であり、FARO ソフトウェア製品キーに関連する情報を保持しています。. これらのファイルを別のコンピュータのものと交換することはできません。

C2V ファイルを作成

  1. ライセンス情報を収集リンクをクリックします。
  2. 次のウィンドウで、C2V ファイルを保存する場所に移動し、必要に応じてメモします。更新するソフトウェア名を入れた名前をファイルに付け(例「CAM2 2018.c2v」)、[保存]をクリックします。
  3. ファイルを電子メールに添付して、自動 FARO ライセンスシステムに送信します。
  4. 数分以内に、この自動システムは一致する V2C ファイルを添付した返信を送信します。

V2C ファイルを適用

FARO から返信された電子メールには、V2C ファイルが添付されます。このファイルは、更新されたプロダクト/ライセンスキー情報が含まれ、また FARO ソフトウェアを使用しているコンピュータごとに異なります。この V2C ファイルを適用すると、コンピュータまたはポートロック/ドングルに保存されているプロダクト/ライセンスキーが更新されます。

自動ライセンス更新システムから受信した電子メールに添付されていた V2C ファイルを、既知の場所に保存します。必要に応じて保存先を書きとめておきます。この電子メールを受信していない場合は、FARO サポートまでご連絡ください。

  1. ファイルからの更新]をクリックします。
  2. V2C ファイルを保存した場所まで参照し、[開く]をクリックします。
  3. これで更新された商品/ライセンスキー情報が適用され、FARO ソフトウェアの使用を開始できます。

トライアルライセンス

購入する前に FARO ソフトウェアをよく知りたい場合に、トライアルを開始をクリックすれば、完全な機能付きバージョンをお試しいただけます。

NeedValidLicStartTrial.png

他のコンピュータからライセンスを移転

ネットワーク上の他のコンピュータにライセンスキーがある場合、[キーを移転]により、別のコンピュータ上に位置するライセンスキーを現在使用しているコンピュータに移転することができます。

  1. キーを移転をクリックすると、[キー移転]ウィンドウが表示されます。
    KeyTransfer.png
  2. ライセンスマネージャーが、適用可能なライセンスキーがないかネットワークを検索します。
  3. 希望のキーをクリックして強調表示し、[移転]ボタンをクリックします。
  4. ライセンスマネージャーが、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

ライセンスマネージャーを手動で起動する

CAM2ソフトウェアを初めて実行した後(かつ有効なライセンスが見つかった場合)、ライセンスマネージャーは自動的に表示されなくなります。ライセンスマネージャーを手動で起動するには、以下のステップに従います。

  1. [ファイル]タブCAM2FileTabIcon.png(ホームタブの横にある)をクリックします。
  2. 左パネルで、[ヘルプ]をクリックしてから、[ライセンスを管理]ボタンをクリックしてライセンスマネージャーを起動します。

ManageLic.png