メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

CAM2

Measure

レガシーソフトウェア

CAM2 Gage

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

Measure、Q、Gage での GD&T 位置公差の計算

アメリカ機械学会(ASME)、ANSI Y 14.5M は、位置公差の意味および用法を非常に明確に記述しています。FARO® では、通常の測定結果として使用できるデータの量や種類に基づいて、この仕様にできる限り合わせる目的で、 CAM2®、Measure、Q、および  Gage に位置度を組み込んでいます。

位置度は、ドリルで空けられて板の厚みや、ピンの高さを通過する公称中心線に関する円筒公差領域として定義されます。

結果にこの概念を適用するために、FARO のソフトウェア エンジニアは、これらを前提に行いました。

  • 機械図面で指定されるデータム要素は、アライメントを確立するために使用します。
  • 公称基本データムと測定基本データムとの間にわずかな偏差があります。
  • 板の厚みは要素の直径に満たしません。
  • 要素の中心線は基本データムに対して直角です。

これは RFS (要素サイズに関係なく)および MMC (最大実体状態)に関係するため、データムではなく、要素にのみこれらの条件を適用できます。技術データでこれらの条件をデータムに適用する必要がある場合、これらを手動で計算する必要があります。

位置度を計算する方法

CAM2®、Measure、Q、および  Gage ソフトウェアでは、計算を正しく機能させるためには、要素の位置は XY 平面に平行に配置する必要があります。この要件を満たしていない場合は、座標系を回転するか、またはその特定の位置度に新しい座標系を作成します。

測定済み円要素の場合

位置度は、測定円の平面に投影されるときの測定値と公称値間の距離の 2 倍として計算されます。

  • X = 測定円の平面における測定値と公称値間の距離、位置度 = 2 * X

さらに正確に定義すれば、公称円の平面に投影されるときの測定値と公称値間の距離の 2 倍ということになります。ただし、公称円の平面が提供されないため、測定円の平面を使用します。

その他の測定点の削減可能要素

位置度は、XY 平面に投影したときの測定値と公称値間の距離の 2 倍として計算されます。

  • X = 測定円の平面における測定値と公称値間の距離、位置度 = 2 * X

この場合は、ボーナス公差を計算する測定直径がないため、MMC を適用できません。問題となっている要素が XY 平面に存在しない場合、要素は円として測定する必要があります。要素を円として測定することができず、要素が XY 平面に存在しない場合は、位置度を決求めるには手作業での計算が必要になります。

測定済みスロット要素

スロットの位置度は、公称スロット軸と比較して、測定されたスロット軸の位置を制御します。

 

 

キーワード:

GD&T, GDT