メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

CAM2

Measure

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

GD&T に関する一般的な質問

よくある質問:

私は、部品の垂直性を正しく決定する方法について少し混乱しています。ユーザーが表面の小さな平面を測定する場合、値は比較的低くなります。より大きな領域で平面を測定すると、要素の長さが延びて、平面の端に発生するギャップが大きくなり、比較的大きな誤差が生じます。正しい機能の長さがどうなっているのかよくわかりません。私は、図面に指定された長さがない場合は、3次元平面全体で最大の長さを使用すると考えています。したがって、平面は円筒の中心線に平行移動され、表示される値は平面上の中心線(円筒)から最も遠い点に表示されます。ソフトウェアがどのようにこの値を計算しているのか正確にはわかりません。

  1. 要素の長さが設定されていない場合、初期の要素の長さは何によって決定されていますか?
  2. ソフトウェアは要素の全長(直径)または要素の半分(半径)を使用しますか? 平面と円筒を使いますか?
  3. 円筒部分の全表面(平面)上に点を取るべきですか、または表面の小さな平面を使って呼び出しをチェックするだけですか? どのように部品をチェックするかによって、一貫して異なる結果が得られます。

回答:

多くのGeometric 寸法と許容誤差(GD&T)の計算は、要素の大きさに基づいて行われます。このため、要素の測定範囲は計算に大きな影響を与えます。

  1. 要素の長さが入力されていない場合、ソフトウェアは測定点を使い計算を決定します。もともとキー入力の長さは、測定面が部品の両側に1 "を追加したために追加されました。1 "の表面積が測定された場合、CAM2の平面は3 "の長さであり、直角度/平行度の値は3倍になります。チェックインされている機能の長さを入力してこの問題を回避できるように、キー入力が追加されました。 Measure 4.0 以降では、全体的なジオメトリではなく個々の測定値が計算に使われるため、機能の余分なサイズは関与しません。したがって、旧Measure ソフトウェアからのレガシーの保留がオプションにおける重要な点です。ある機能での長さをキー入力すると、機能の中心点から始まり、入力された長さ/2の値に対して各方向が拡張されます。キー入力が使われている場合、オペレーターは面の最長面または円筒の長さ(穴の深さ)を入力する必要があります。
  2. 平面は、全体のジオメトリではなく、平行度と直角度コマンドの各読み出しを比較します。円筒は、直径、半径ではなく、中心線に基づいているので、中心線の長さを使い直角度、同心度および平行度を計算します。中心線の長さは、測定中に取った2つの最も遠い点によって決定されます。
  3. 図面に指定されたように表面全体を測定する必要があります。平面の小さな部分だけが測定された場合は、その要素を正確に表現していません。

 

キーワード:

平面から平面へ、 精度、gd&T、垂直性、長さ、平行度、平行度、垂直度、measure、平面から平面