メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

CAM2

CAM2

Measure

SmartInspect

FARO Zone

2D

3D

SCENE

2018

4.x

5.x

6.x

7.x

Capture および Process

LT

WebShare Server and 2Go

コンピュータ

すべてのコンピュータ

レガシーソフトウェア

CAM2 Gage

Gage ソフトウェア

Insight

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

ビデオ/グラフィックスカード -プライマリグラフィックスカードの設定

インストールアイコン

クイックステップ

FARO ソフトウェアを使用する際、コンピュータはグラフィックスカードを 1 枚のみ使用する必要があります。コンピュータに 2 枚のグラフィックスカードが搭載されている場合、1 枚をシステムデフォルトとして設定してください。コンピュータが特定のグラフィックスカードを使用することを指定する方法は 2 種類あります。詳細は下記をご覧ください。

  1. BIOS レベルでグラフィックスカードを指定すると、コンピュータが起動した時に正しいカードにアクセスできるようになります。
    または
  2. グラフィックスカードのコントロールパネルで、優先するグラフィックスカードを設定します。

概要

多くのコンピュータにはグラフィックスカードが 2 枚搭載されています。1 つは統合型、もう 1 つは専用です。それぞれのタイプのカードは Microsoft Windows の[ デバイスマネージャー]に表示されています。コンピュータに両方のタイプのグラフィックスカードが搭載されている場合、FARO ソフトウェアでグラフィックス表示の問題が発生する可能性があります。このため、1 種類のカードのみを使用するようにコンピュータを構成してください。FARO ソフトウェアはグラフィック集約型なので、すべての FARO ソフトウェアに NVIDIA グラフィックスカードを推奨します。

準備

正しく更新されるように、始める前に必ずこの表を確認してください。

所要時間 15 分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでの Windows の知識
  • Windows Update を実行する機能
  • ドライバとソフトウェアのインストールへの精通

システム BIOS でのグラフィックスカードの設定

CAM2ユーザー:内蔵グラフィックスカードを無効にすると、CAM2 2018.1以降で問題が発生することがあります。

  1. コンピュータを再起動します。
  2. システムロゴがロードされている時に、F12 キーを押してシステムBIOS に入ります。
  3. BIOS セットアップ]を選択します。
  4. BIOS 画面から[ビデオグループ]を展開します。
  5. Optimus]を選択します。
  6. Optimus の有効化]のチェックを外します。
  7. 右下で[適用]を選択します。
  8. 右下で[終了]を選択します。

グラフィックスカードのコントロールパネルでグラフィックスカードを設定する

例として、NVIDIA グラフィックスカードを使用します。別のグラフィックスカードを使用している場合、そのグラフィックスカードの名前に置き換えます。お使いの特定のグラフィックスカードの説明をオンラインで調べる必要がある場合があります。NVIDIA グラフィックスカードを使用していない場合、 統合型グラフィックスカードを無効にする方法の詳細情報は、お使いのコンピュータの ベンダーにお問い合わせください。

  1. デスクトップを右クリックして、[NVIDIA コントロールパネル]を選びます。
  2. 左側で、[3D 設定]> [3D 設定の管理]を選択します。
  3. 複数のビデオ/グラフィックスカードがある場合、[次の 3D 設定を使用します]の上にドロップダウンボックスが表示されます。システムのドロップダウンメニューを切り替えて、NVIDIA ビデオ/グラフィックスカードをデフォルトとして使用するようにします。選択したプログラムが別のビデオ/グラフィックスカードを使用するように設定することもできます。

関連情報

 

キーワード:

ジオメトリが不可視、ディスプレイ、グラフィックスカードの問題、ビデオカードの問題、機能がない、カードディスプレイ、nvidia、デュアルビデオカード、デュアルグラフィックスカード、複数グラフィックスカード、複数ビデオカード、2 枚のグラフィックスカード、2 枚のビデオカード、M10、direct x、d3dx9_41.dll、dll エラー