メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

2020

2019

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

SCENE 2019以降のライセンスのアクティベーション

FARO SCENE スクリーンおよびボックス

事前確認

  1. 安定したインターネット接続があることを確認します。
  2. コンピュータに管理者権限のあるユーザーでログインしてください。
  3. すべてのウイルス対策ソフトウェアおよびファイアウォール を無効にします。この方法がわからない場合、御社のIT 部門に問い合わせてください。
  4. ドングルを使用する場合は、開始 にコンピュータの US Bポートに挿入します。
    注意:ドングルを挿入しない場合、ソフトウェアはライセンスキーを見つけられず、アクティブ化または更新プロセスができません。これを修正するには、SCENE を閉じ、ドングルを挿入してから再度開始します。
  5. 以前のバージョンの SCENE でライセンスをアクティブ化または管理するには、ここをクリックします。

概要

SCENE 2019.1 を購入またはアップグレードすると、キーが自動的に更新されない場合、ライセンスマネージャーウィザードおよびライセンスマネージャーによりライセンスアクティブ化を実行することができます。

キーのアクティブ化

  • ドングル/ポートロック -SCENE を開く前に、ドングルをコンピュータの USB ポートに挿入します。SCENE を実行すると、ライセンスが自動的に検出されます。 
  • プロダクトキー -SCENE を初めて実行する場合は、製品キーを有効にする必要があります。SCENE 2019.1 以降を使用している場合は、ライセンスのアクティブ化ウィザードが表示されますそれ以外の場合は、ライセンスマネージャーを使用してキーのアクティブ化を行います。
  • トライアルキー - SCENE には、購入前の評価用に 30 日間のトライアルライセンスキーが付属しています。トライアルキーはアクティブ化する必要はありません

キーの更新

ソフトウェアアップデートの自動確認設定をアクティブ化した場合、SCENE の新バージョンが利用できるようになると、プログラムの実行時に通知されます。  注記:この設定を有効にするには、 設定 > 一般 メニューでソフトウェアアップデートの自動確認 ボックスをチェックします。     

アップグレードすると、保守が最新の状態である限り、プロセスは自動的に行われます。保守のステータスはFARONOWで確認できます。保証期限が切れている場合は、現在の SCENE のバージョンを使用できます。ただし、保守を更新するまで、継続的にソフトウェアのアップグレードを実行することはできません。保証の更新方法については、ここをクリックしてください。 

保守を更新したら、 手動でプロダクトキーの更新を使用し、アップデートを適用し、既存のキー(ドングルまたはプロダクトキー)の時間を延長します。 

注記:1つのメジャーリリースから別のリリースへ SCENE をアップグレードする場合、保守が最新であってもキーを更新するようソフトウェアに表示される場合があります。この場合は、保守を気にせずキーを更新します。   

ヒント

  • キー、作業環境の特定のコンピュータ―に関連する SCENE のインストール関連する保守 ID をリストにすると、より便利になります。このリストは、保守の更新時に役立ちます。
  • まず自動処理から開始し、必要に応じて手動処理を使用します。
  • 旧バージョンのSCENE および異なる SCENE インタフェースのキーアクティブ化に関する手順については、以下を確認してください。 
  • ネットワークライセンスキーを使用する場合の手順については、ここをクリックしてください。

SCENE ライセンスアクティブ化ウィザード

有効なライセンスを持たないコンピュータで初めてSCENE 2019.1 を起動する時、ライセンスマネージャーウィザードが表示されます。

プロダクトキー

既にプロダクトキーを使用している場合は、プロダクトキーオプションを使用して SCENE をアクティブ化します。

オンラインアクティブ化

  1. ライセンスマネージャーウィザード画面の[プロダクトキー]ボタンをクリックします。
  2. プロダクトキーフィールドにプロダクトキーを入力します。
  3. 次に]をクリックします。

    コンピュータがインターネットに接続されていない場合、「インターネット接続がありません」リンクをクリックして、下記のオフラインアクティブ化セクションを続行します。

オフラインアクティブ化

SCENE PC にインターネット接続がない場合は、C2V ファイルを作成して電子メールまたはウェブサイトから FARO に連絡することで、別の PC を使用してソフトウェアをアクティブ化できます。 

オフラインアクティブ化にアクセスするには、[ライセンスマネージャーウィザード] ウィンドウから[プロダクトキー]をクリックし、インターネット接続がない をクリックして[オフラインアクティブ化]ウィンドウを表示します。

Web ポータル

オフラインコンピュータで:

  1. Webポータル]ボタンをクリックして開始します。
  2. 青い[C2V ]ボタンをクリックします。
  3. C2V ファイルを保存する場所に移動します。ファイルに名前を付けて、[保存]をクリックします。
  4. このファイルを USB サムドライブまたは同様のメディアにコピーして、オンラインコンピュータに転送できるようにします。
  5. 次に]をクリックします。
     

オンラインコンピュータで:

  1. C2V ファイルを保存した USB ドライブまたは同様のメディアを挿入します。
  2. FARO ライセンシングポータルホームページに移動します:https://license.faro.com/Portal/activation
  3. 閲覧]をクリックし、C2V ファイルの位置に移動し、それを選択して[開く]をクリックします。
  4. プロダクトキーをプロダクトキーを入力フィールドに貼り付けてから、[ACTIVATE]をクリックします。
  5. 次の画面で、アクティブ化が成功したことを確認します。
  6. [Download v2c file] ボタンをクリックします。「activation_########_######.v2c」の形式になります。
  7. このファイルを USB サムドライブまたは同様のメディアにコピーし、ソフトウェアがインストールされるオフラインコンピュータに転送できるようにします。

オフラインコンピュータで:

  1. 前のセクションでダウンロードした V2C ファイルを含む USB サムドライブまたは同様のメディアを挿入します。
  2. [ライセンスマネージャー]スクリーンに戻り、[次に]をクリックします。
  3. 青い V2C ボタンをクリックします。
  4. V2C ファイルを保存した場所に移動し、それを選択して[開く]をクリックします。
  5. これで更新したプロダクト/ライセンスキー情報が適用され、SCENE の使用を開始できます。
電子メール

オフラインコンピュータで:

  1. 電子メール]ボタンをクリックして開始します。
  2. 青い C2V ボタンをクリックします。
  3. C2V ファイルを保存する場所に移動します。ファイルに名前を付けて、[保存]をクリックします。
  4. このファイルを USB サムドライブまたは同様のメディアにコピーして、オンラインコンピュータに転送できるようにします。
  5. コンピュータから USB サムドライブを取り出します。

オンラインコンピュータで:

  1. 前のセクションで作成した C2V ファイルを含む USB サムドライブまたは同様のメディアを挿入します。
  2. 以下のとおり電子メールを作成して送信:
    • 宛先: license@faro.com
    • 件名:{プロダクトキー}
    • 添付ファイル:前のセクションで作成した C2V ファイルを添付します。
  3. まもなく、V2C ファイルが添付された返信電子メールが届きます。この.V2C ファイルを USB サムドライブまたは同様のメディアにダウンロードします。

オフラインコンピュータで:

  1. 前のセクションでダウンロードした V2C ファイルを含む USB サムドライブまたは同様のメディアを挿入します。
  2. [ライセンスマネージャー]スクリーンに戻り、[次に]をクリックします。
  3. 青い V2C ボタンをクリックします。
  4. V2C ファイルを保存した場所に移動し、それを選択して[開く]をクリックします。
  5. これで更新したプロダクト/ライセンスキー情報が適用され、SCENE の使用を開始できます。

トライアル

購入する前に FARO ソフトウェアをよく知りたい場合に、[トライアル]ボタンをクリックすれば、完全な機能付きバージョンをお試しいただけます。

ハードロックキー

起動時に、ソフトウェアはインストールされたハードロックキー/ドングルを自動的に検出します。ソフトウェアを始動した後でハードロックキー/ドングルを挿入した場合、[更新]ボタンをクリックして、再検知を試みてください。

注記:ハードロックキー/ドングルを使用しててインンターネット接続がない場合は、トライアルモードで SCENE を開始する必要があります。それから ライセンスを更新するには、この記事を参照してください。.

ライセンスの転送

ネットワーク上の他のコンピュータにライセンスキーがある場合、[キーを転送]により、別のコンピュータ上に位置するライセンスキーを現在使用しているコンピュータに転送することができます。

  1. キーを転送]ボタンをクリックすると、[キー転送]ウィンドウが表示されます。
  2. ホストで利用可能なライセンス:]ドロップダウンボックスで、転送するライセンスキーを含むコンピュータを選択します。
  3. 希望のキーをクリックしてそれを強調表示します。
  4. 次を読んでから、チェックボックスをクリックします:
    特定のホストで利用可能なライセンスを選択した後に[次へ]をクリックすることで、そのコンピュータでそのライセンス利用不可になり、このコンピュータで利用可能になることを、私はよく理解しました。
  5. 次に]ボタンをクリックします。
  6. ライセンスマネージャーが、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

ネットワークライセンス

システム管理者はネットワークライセンスサーバーを作成し、FARO ソフトウェアを実行するクライアントコンピュータが利用できるライセンスのプールを作成できます。ライセンスは、ライセンスサーバーがホスティングし、ネットワークでクライアントコンピュータが共有します。ライセンスサーバーにアクセスするには、フィールドにホスト名または IP を入力して、[次に]をクリックします。

ライセンスマネージャーの使用

キーを維持するために、SCENE にはライセンスマネージャーがあります。キーの追加、アクティブ化、管理、更新、転送を行うことができ、ライセンスの種類や有効期限などの情報を確認できます。 

ライセンスマネージャへのアクセス

  1. 右上隅にあるを歯車SCENESettingsIcon.pngアイコンクリックし、リボンの[ライセンスマネージャー]をクリックします。 
  2. [ライセンスマネージャー]ウィンドウにすべてのライセンスオプションが表示されない場合、ウィンドウの下部の[その他のオプション]をクリックします。
  3. ライセンスオプションが表示されます。

ライセンスマネージャーオプション

トライアルの開始

SCENE の 30 日間のトライアルを開始するには、このオプションを使用します。

ライセンスを追加

  1. プロダクトキーをアクティブ化するには、[ライセンスを追加]をクリックします。 
  2. [プロダクトキー]フィールドにプロダクトキーを入力し、[送信]をクリックします。
     
  3. ライセンスが正常にアクティブ化されたことを示すメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。 
  4. ライセンスキーメッセージが引き続き表示される場合は、以下のセクションの手動アクティブ化プロセスを使用します。  

ライセンスの更新

既存のライセンスがあり、自動的に更新されなかった場合は、これを使用します。これにより、SCENE ライセンスを自動的に更新するようになります。エラーメッセージが引き続き表示されたら、手動更新プロセスを使用します。

キーの転送

新しいコンピュータまたはハードドライブを取得した場合は、キーを古いコンピュータから新しいコンピュータへ移動できます。注記:キーの転送すると、ソースコンピュータからキーが削除されます。 

以下の手順は、SCENE がソース PC にインストールおよびライセンス付与されていて、受信 PC にSCENE のバージョンの有効なトライアルライセンスがあるがことを前提としています。トライアルライセンスの期限が切れた場合は、FARO サポートにお問い合わせください。

ネットワーク上でのキーの転送
  1. 受信 PC で、SCENE を開き、ライセンスマネージャーにアクセスします。[キーの転送]をクリックします。
  2. ネットワークホストのリストからソース PC を選択します。
  3. [移転]をクリックします。
ライセンス有効性の確認
  1. ソースコンピュータで、ウェブブラウザを開き、http://localhost:1947/_int_/devices.html次に進みます。
    SentinAllicenseKeys.PNG
  2. Sentinel Admin Control Center ページには、各行にそのコンピュータで使用できる特定のプロダクトキーに関する情報が含まれています。ローカルの、構成列にTransferLicenseIcon.pngがあるプロダクトキーのみを転送できます。転送するライセンスがこれらの条件を満たしていない場合は、FARO サポートにお問い合わせください。
受信 PC で.id ファイルを作成
  1. 受信 PC で、SCENE を開き、ライセンスマネージャーにアクセスします。[キーの転送]をクリックします。
  2. [RUSツール転送]をクリックします。
  3. [RUS] ウィンドウで、[ライセンスの転送]をクリックします。
     
  4. 受信コンピュータに関する情報を収集するエリアで、TransferLicenseBrowseIcon.PNGをクリックし、受信コンピュータの.idファイルを保存する場所に移動します。
  5. [保存] をクリックします。 
  6. [情報を収集して保存]をクリックします。選択した場所にファイルが保存されたことを示すメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。RUS ツールは開いたままにします。   
  7. 受信コンピュータの.id ファイルを転送元コンピュータへコピーします。 
転送元コンピュータで.h2h ファイルを作成
  1. ソース@コンピュータで、SCENE を開き、ライセンスマネージャーにアクセスします。[キーの転送]をクリックします。
  2. [RUSツール転送]をクリックします。
  3. SCENE を閉じて、[ RUS ]ウィンドウを開いたままにします。
    SCENE を閉じる必要があります。次のステップでプロダクトキーは削除され、ソース コンピュータで SCENE を使用できなくなるためです。 
  4. [ RUS ]ウィンドウのライセンス転送ファイルを生成エリアで、転送するプロダクトキーの行をクリックします。 
  5. 受信情報ファイルの読み取り元フィールドで、TransferLicenseBrowseIcon.PNGをクリックし、 受信コンピュータの.id ファイルをコピーした場所へ移動し選択。[開く]をクリックします。.id ファイルの場所がフィールドに表示されます。
  6. ライセンス転送ファイルの生成先フィールドで、TransferLicenseBrowseIcon.PNGをクリックし、transfer file.h2h.を保存する場所へ移動します。保存をクリックし、 RUS ツールを閉じます。
  7. transfer file.h2h を受信コンピュータにコピーします。 
受信コンピュータで .h2h ファイルを適用します。
  1. 受信コンピュータの[RUS]ウィンドウで、[ライセンスファイルの適用]タブをクリックします。
  2. ファイルの更新フィールドで、TransferLicenseBrowseIcon.PNGをクリックし transfer file.h2h をコピーした場所に移動します。開くをクリックします。.h2hファイルの場所がフィールドに表示されます。
  3. [アップデート適用]をクリックします。転送されたライセンスに関する詳細が[ライセンスファイルの適用]タブに表示され、転送プロセスが成功したことを示します。
  4. RUS ツールを閉じ、受信コンピュータでSCENE を使用することができます。   

ライセンス情報の収集

.C2V ファイルを生成するには、このオプションを使用します。このファイルはコンピュータに固有であり、ライセンスを手動でアクティブ化するために使用します。

ファイルから更新

ライセンスを手動で更新する場合、FARO サポートは.V2C ファイルをメールで送信します。このオプションを使用して、.V2C ファイルを指定し、ライセンスを更新します。

ライセンスを手動でアクティブ化

プロダクトキーを手動でアクティブ化するには、.C2Vファイルを作成し、FARO サポートに送信する必要があります。また、サポートチームが返信するファイルを使用してソフトウェアを手動でアクティブ化する必要があります。

C2V ファイルの作成

  1. 右上隅にあるを歯車SCENESettingsIcon.pngアイコンクリックし、リボンの[ライセンスマネージャー]をクリックします。 
  2. すべてのライセンス オプションが表示されない場合は、[ライセンスマネージャー]ウィンドウの下部にある [その他のオプション]ボタンをクリックします。
  3. ライセンス情報の収集オプションを選択します。
  4. ファイルをSCENE-Licensing@faroeurope.com 宛てに、件名をSCENE - Activation file requestとして、電子メールで送信します。ActivationEmail.PNG
    1 日以内に、FARO の自動ライセンスシステムから.V2Cファイルが添付された電子メールを受け取ります。 

.V2C ファイルを使用したライセンスのアクティブ化

  1. .V2Cファイルを受信したら、SCENE のPCに保存します。
  2. ライセンスマネージャを開いてファイルから更新を選択します。
  3. .V2Cファイルまで移動し、選択します。
  4. [開く] をクリックします。