メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

SCENE

すべての SCENE Suite

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

SCENE 用の SDK ファイルのインストール

FARO SCENE の画面とボックス

ビデオ

この 5 分間の YouTube 技術ヒントでは、FARO® アプリケーション エンジニアの Si Horton が、FARO® SCENE ソフトウェア開発ツールキット(SDK)をインストール、構成して、AutoDesk Recap またはその他のサードパーティソフトウェアで SCENE ファイルを簡単に使用する方法について説明します。YouTube にアクセスできない場合 ここをクリックしてこのビデオをダウンロードしてください。

概要

この記事では、AutoDesk ReCap などのサードパーティソフトウェアでネイティブの SCENE ファイルをインポートし、開くことができるように、最新の FARO SCENE DLL ファイルを登録する手順について説明します。すべてのサードパーティソフトウェアがネイティブの SCENE ファイルをサポートしている訳ではありません。詳細については、サードパーティベンダーに相談する必要があります。

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 15 分
必要なスキル
  • Windows に関するオペレーティングシステムレベルの知識
  • 一般的なコンピュータスキル
前提条件
  • インターネット接続
  • FARO SCENE と関連するサードパーティソフトウェアとともに使用するコンピュータ
  • 該当する場合、ファイルを保存するためのストレージメディア (フラッシュドライブなど)
  • コンピュータへの管理アクセス権
サポートされているソフトウェア
サポートされているハードウェア
  • Focus シリーズ
  • Focus3D X 130/330 HDR
  • Focus3D X シリーズ
  • Focus3D S シリーズ
  • Focus3D

トップに戻る

FARO SCENE SDK をダウンロードして保存します

これらのリンクが機能しない場合は、FARO サポートにご連絡ください。

  1. ここをクリックして、SCENE SDK のダウンロード手順に従います。
  2. これらの手順が完了したら、[既存 SDK のアンインストール]に進んで続行します。

既存の SDK のアンインストール

Windows のコントロールパネルを使用して、すべて既存の SCENE SDK をアンインストールします。コントロールパネルに精通していない場合、このビデオで、コントロールパネルからの Bonjour と呼ばれるサンプルプログラムをアンインストールする方法をご確認ください。単に FARO LS <#>Bonjour に置き換えてください。

注記: SDK をアンインストールすると、Windows から削除されますが、後で必要になった場合のためにハードディスクドライブに SDK ファイルが残ります。

アンインストール手順

  1. AutoDesk Recap など、SCENE SDK と通信する可能性のあるアプリケーションがないことを確認します。ある場合は、開いているプログラムまたはファイルに作業を保存し、それらを閉じます。
  2. コンピュータ上で、[スタート]>[コントロール パネル]>[プログラム]>[プログラムと機能]に進みます。プログラムのリストが表示されるまで数秒かかることがあります。
  3. リストを参照して、FARO LS x.x.x.x (64 ビット)を見つけます。SDK がリストに表示されない場合、SCENE SDKのインストールに進みます。
  4. 右側のバージョン列に表示された番号を書き留めます。
    ユーザーが追加した画像
  5. SDK 名を右クリックし、次の 2 つのウィンドウで[アンインストール][はい]の順にクリックします。SDK がプログラムリストから削除されます。すべての古い SDK が削除されるまで、手順 4 ~ 5 を繰り返します。
  6. 閉じるアイコンクリックしてコントロールパネルを閉じてから、[スタート]メニューに進み、コンピュータを再起動します
  7. [SDK のインストール]に進んで続行します。

SCENE SDK のインストール

  1. 開始する前に、SCENE SDK をインストールするコンピュータにインターネット接続があることを確認します。SDK インストールソフトウェアがダウンロードする必要がある可能性のあるインター ネット ファイルがあります。コンピュータへの管理アクセス権を持っている必要があります。
  2. コンピュータ上で、SDK インストールファイルを保存した場所に移動します。ファイル名のバージョン番号を書き留めます(x.x.x.x)。
  3. ファイルをダブルクリックし、セットアップウィンドウが表示されたら、[次へ]をクリックして、インストールを続行します。
  4. [インストール]をクリックします。インストールプロセスが開始します。これはプロセッサの速度によって数分かかる場合があります。
  5. インストールが完了したら、[完了]をクリックします。
  6. [結果を確認]に進み、続行します。

トップに戻る

結果を確認

コントロールパネルに、FARO LS x.x.x.x が、適切なバージョンで表示されていることを確認します。

  1. [スタート]>[コントロール パネル]>[プログラム]>[プログラムと機能]に進みます。プログラムのリストが表示されるまで数秒かかることがあります。
  2. リストを参照し、FARO LS x.x.x.x を見つけると、バージョン列の番号が書き留めたものと同じ番号に変わっていることが分かります。
  3. 閉じるアイコンをクリックしてコントロールパネルを閉じます。
  4. [DLL の登録]に進んで続行します。

DLL の登録

この手順は、SCENE SDK DLL ファイルの手動の登録方法です。手順 1 を行った後に、最新の SDK バージョンにのみ *.bat ファイルを使って .DLLを登録する場合、ここをクリックして手順 2 ~ 5 を実行する *.batファイルをダウンロードします。*.bat ファイルの使用方法がわからない場合は、この手順内のマニュアルの指示に従います。

  1. 管理者として、[スタート]>[すべてのプログラム]>[アクセサリ]に進んで、コマンドプロンプトを開きます。コマンドプロンプトを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

    ​​ユーザーが追加した画像

  2. コマンドプロンプトウィンドウが表示されます。プロンプトが C:\Windows\System32> を指していない場合、次のように移動します。
    • c: と入力して Enter を押します。これがうまくいかない場合、 cd c:\ と入力して Enter を押します。これらのいずれかが機能します。
    • プロンプト c:\> で、cd windows \system32 と入力して、Enter を押します。
      コマンドプロンプト
  3. 次を強調表示させてコピーします: regsvr32 C:\Windows\winsxs\amd64_faro.ls_1d23f5635ba800ab_1.1.702.0_none_3590af4b356bcd81\iqopen.dll
  4. コマンドプロンプトウィンドウのタイトルバーで、左上にあるアイコンをクリックし、[編集]までスクロールして[貼り付け]をクリックして Enter を押してます。
    DOS コマンドウィンドウの貼り付け機能
  5. 登録が完了したことを示すダイアログボックスが表示されます。

    ユーザーが追加した画像

  6. [結果を確認]に進み、続行します。

結果を確認

DLL が正常に登録されたことを確認するための唯一の方法は、AutoDesk Recap などサードパーティソフトウェアでのネイティブの SCENE ファイル (*.fls、*.fws、*.lsproj) で開くことです。

キーワード:

re cap、autocad、インポート、エクスポート、scene 5.2、5.3、5.4、5.5、6.0、6.1、6.2、7.0、dll、登録する、登録