メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler            
BuildIT BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4      
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro    
FARO Zone FARO Zone - 2D FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2018              
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template                  
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Laser Tracker Laser Tracker - Si Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Photonics スキャンヘッド - Digi-Cube スキャンヘッド - Xtreme スキャンヘッド - 3D-Contour スキャンヘッド - 3D-Ultralight スキャンヘッド - 3D-XB コントローラ - Maestro 3000 Nutfield - Nutfieldハードウェア Nutfield - Nutfieldソフトウェア コントローラ - LECシリーズ  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 4.x SCENE - 5.x SCENE - 6.x SCENE - 7.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019                  
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Structured Light Scanners Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
FARO®ナレッジベース

FARO Zone でFARO SCENE プロジェクトポイントクラウドファイルを開く

2254_WebBanner_FAROZone3DImage_KnowWeb_PS_US_EN.png

クイックステップ

  1. FARO ® Zoneを開始し、ポイントクラウド > SCENE プロジェクトをインポートするをクリックします。 
  2. SCENE プロジェクトポイントクラウド (.lsprojファイル) を閲覧して、開くをクリックします。

以下の詳細が表示されます。   

概要

SCENE プロジェクトポイントクラウド(.lsproj ファイル) をエクスポートしたら、 新しいFARO Zone drawingまたは既存する1 つに追加が可能です。ポイントクラウドとFAROゾーンの機能を使用すると、3Dシーン環境で正確な寸法の図の作成、測定の実行、注釈、アイコンまたは シンボルの追加、アニメーションの作成、図またはレポートのエクスポート、 等が可能です。   FAROZone 機能を使用してプロジェクトポイントクラウドを補強する方法の詳しい情報と詳細については、本資料の 次のステップ セクションをご覧ください。 

準備

正しく操作を行うために、開始前にこの表を確認してください。

完了までの時間 10 分
必要なスキル
  • 一般的なコンピュータスキル
前提条件
  • ご使用のコンピュータとインストールしてライセンスを取得したFARO Zone
  • バージョン 6.4.2 以降で作成した 既存の SCENE プロジェクトポイントクラウド (.lsprojファイル)
サポートされているソフトウェア
  • FARO® SCENE バージョン 6.2.4 以降
  • FARO® Zone 3D Advanced
  • FARO® Zone 3D 

詳細

  1. ご使用のコンピュータでFARO Zoneを開きます。
    •  SCENE プロジェクポイントクラウドで新しい図面を作成するには、クイック バー上の新規SCENE 、ファイルに名前を付け、クリックして、  保存し、手順 2 を続行します。  
    • 既存の図面にSCENE のプロジェクトポイントクラウドを追加するには、クイック バーファイルを開く をクリックして、 図面を閲覧し、 手順2 に進みます。
  2. タブリボンの、ポイントクラウドをクリックします。
  3. ポイントクラウドリボン上の、SCENE プロジェクトをインポートするをクリックします。
  4. SCENE  プロジェクトポイントクラウドを閲覧し、ファイルフォーマットは.lsprojであることを確認します。そうでない場合、 SCENEに戻りプロジェクトポイントクラウドを作成します。
  5. [開く] をクリックします。
    • プロジェクトポイントクラウドを使用して新しい図面を作成する場合は、ポイントクラウドが開き、FAROゾーンで作業する準備が整います。
    • 既存の図面にプロジェクトポイントクラウドを追加する場合、ポイントクラウドはを開きますが 、図面にアライメントされません。ポイントクラウドリボン上で、ポイント クラウドツール > クラウド位置決めツール をクリックして 、Z軸および 図面座標と一致するための回転を 調整します。
                
  6. クリックして 保存します。 

次のステップ

キーワード:

zone3d、fz3、fz2、fz advanced、fz