メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - Editor FARO - ScanArm Mesh                
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

CAM2

Measure

イタリア語

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

C2VおよびV2Cファイルを使用したメジャーQライセンスプロダクトキーまたはドングルの有効化または更新

クイックステップ

  1. FARO 遠隔更新システムツールを実行して C2V ファイルを作成します。
  2. ファイルを E メールに添付して、自動 FARO ライセンスシステムに送信します。
  3. 返信メールで受け取った V2C ファイルを適用して、製品/ライセンスキー/ドングルを更新します。

概要

最新の保証を更新した場合、ライセンスキーの更新中に接続の問題が発生した場合、または更新プロセスを完了してプロダクトキーウィンドウが引き続き表示された場合は、プロダクトキーを手動でアクティブ化または更新してください。このプロセスでは、FARO自動ライセンスシステムに送信される.C2Vファイルが添付された電子メールを作成するのに数分かかります。電子メールを受信すると、システムは一致する.V2Cファイルが添付された電子メールを送信します。ライセンスを有効にするには、このファイルを使用します。

.C2Vと.V2CファイルはMeasure Qで使用するコンピュータに固有のもので、FAROソフトウェアプロダクトキーに関する情報を保持します。これらのファイルを別のコンピュータと交換することはできません。

.C2Vファイルを作成するには、 FAROリモートアップデートシステム(RUS)ツール。始める前に、すでにプロダクトキーを入力していることを確認してください。ドングルを使用している場合は、コンピュータのUSBポートに正しく接続されていることを確認してください。

準備

正しく更新されるように、始める前に必ずこの表を確認してください。

所要時間 15 分
必要なスキル
  • オペレーティングシステムレベルでの Windows の知識
  • 一般的なコンピュータ スキル
前提条件
  • FARO ソフトウェアとともに使用するコンピュータ
  • E メールを送信する機能
  • アップグレード中の FARO ソフトウェアはコンピュータにインストール済み : ダウンロードおよびインストールの手順については、「参考資料」リストを参照してください
  • FARO 標準ソフトウェア保守の保守プランのメリット.

トップに戻る

遠隔更新システムツールを実行

開始する前に、所有している製品キーを入力済みであること、ドングルを使用している場合はコンピュータの USB ポートに適切に接続されていることを確認します。

  1. Windows スタートメニューから
    • CAM2 Q 1.5 以降の場合は、 [すべてのプログラム] > [FARO > CAM2 Q 1.5] > [FARO Remote Update System]の順に選択します。
  2. Sentinel HASP RUS ダイアログボックスが表示されます。[情報の収集] をクリックします。
    [FARO Remote Upgrade System]ダイアログボックス
  3. C2V ファイルを保存する場所に移動して必要に応じてメモし、[保存] をクリックします。
  4. このコンピュータで使用する製品/ライセンスキーまたはドングルが一つだけの場合は、次のステップに進みます。このコンピュータで複数の製品/ライセンスキーまたはドングルを使用する場合、FARO または他のベンダーのソフトウェアでは、HASP キーを選択ダイアログボックスが表示されます。ご使用の FARO ソフトウェア適用する製品/ライセンスキーを選択して、[OK] をクリックします。
    注記: HASP HL とはハードロックのこと : ドングルに保存された製品/ライセンスキー
                HASP SL はソフトロックのこと : コンピュータのソフトウェアに保存された製品/ライセンスキー。
    HASP のドングルライセンス
  5. プロセスが完了すると、 Sentinel HASP RUS ダイアログボックスに成功のメッセージが表示されます。
    C2V ファイルが作成されました
  6. ファイルを E メールに添付して、自動 FARO ライセンスシステムに送信します。 数分以内に、この自動システムは一致する V2C ファイルを添付した返信を送信します。
  7. V2C ファイルを受信したら、[ここをクリック] して V2C ファイルを適用することにより、手動の更新プロセスを完了します。

関連情報

 

キーワード:

ポートロック、c2v ファイルの作成、製品キー有効化、ライセンス有効化、オフラインのライセンス有効化、オフラインの製品キー有効化、製品キー有効化、ライセンスの転送、製品キーの転送、ライセンスキーの転送、ドングルが検知されません、ライセンスが検知されません、アップグレード