メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

RevEng

RevEng

FARO®ナレッジベース

RevEngのライセンス認証

RevEngE-bty.png

概要

ほとんどのFARO®ソフトウェアは有効なライセンスがなければ起動し使用することができません。ソフトウェアを購入するとプロダクトキーが提供されます。キーを使用することでソフトウェアへのセキュアなアクセスが可能になります。RevEng™ソフトウェアには、ライセンスの追加、管理、および更新を可能にするライセンスマネージャが組み込まれており、ライセンスの種類や有効期限などの情報を提供します。

ライセンスの更新/有効化を試みる前に、

  • 安定したインターネット接続があるか確認下さい。
  • コンピュータへ管理者権限のあるユーザーでログイン下さい。
  • アクティベーションの処理に影響が無いようにアンチウイルスソフトとファイアウォールを無効にして下さい。 無効にする方法が不明な場合がITに管理部門にお問い合わせ下さい。
  • USBポートロック(ドングル)を購入されている場合は、ソフトウェアを起動する前にUSBポートに挿入して下さい。

初回ライセンスアクティベーション

有効なライセンスのないコンピュータでアプリケーションを初めて起動すると、プロダクトキーを入力するよう求められます。

  • 有効なプロダクトキーを所有している場合はプロダクトキーの欄にキーを入力してサブミットをクリックして下さい 。
     
  • 以前のバージョンからソフトウェアアップグレードを行った場合は、有効な保守/メンテンス契約期間内であればオプションを増やす でメニューを展開してライセンス更新をクリックします。ソフトウェアは、新しいバージョンをサポートするライセンスを自動的に更新します。この自動処理を行うには安定したインターネット接続が必要です。 アップデートに失敗もしくは、インターネット接続がない場合は、 ライセンスの手動更新へ進んで下さい。

    RevEng_ProductKey_ja.png

ライセンスを手動で更新

以前のバージョンからソフトウェアアップグレードを行い、ライセンスを更新 をクリックして失敗する場合、C2V ファイルを作成して FARO 自動ライセンスシステムに送信下さい。電子メールを受信すると、システムは使用しているコンピュータに適用する V2C ファイルを送信します。C2V および V2C ファイルは FARO ソフトウェアを使用するコンピュータに独自であり、FARO ソフトウェア製品キーに関連する情報を保持しています。これらのファイルを別のコンピュータのものと交換することはできません。

C2V ファイルの作成

  1. ライセンス情報の収集 をクリックします。
  2. 次のウィンドウで C2V ファイルを保存する場所へ移動し、ファイル名を更新するソフトウェア名(例:「RevEng.c2v」など)に変更してから、[保存] をクリックします。
  3. ファイルを電子メールに添付して、自動 FARO ライセンスシステムに送信します。
  4. 数分程度で、自動システムから一致する V2C ファイルを添付した返信が届きます。

V2C ファイルの適用

FARO からの返信メールには、V2C ファイルが添付されています。このファイルは、FARO ソフトウェアを使用しているコンピュータごとに異なり、更新された製品キー情報が含まれています。この V2C ファイルを適用すると、コンピュータまたはポートロック/ドングルに保存されているライセンスキーが更新されます。
自動ライセンス更新システムから受信した電子メールに添付されていた V2C ファイルを、既知の場所に保存します。必要に応じて保存先を書きとめておきます。この電子メールを受信していない場合は、FARO サポートまでご連絡ください。
 

  1. ファイルから更新 をクリックします。
  2. V2C ファイルを保存した場所まで参照し、開くをクリックします。
  3. 更新された製品/ライセンスキー情報が適用され、FARO ソフトウェアの使用を開始することができます。

その他のアクティベーション方法

試用ライセンス

購入前に FARO ソフトウェアを使ってみたい場合は、試用する をクリックすると 15 日間有効なフル機能の試用版を使用できます。 

別のコンピュータからライセンスを転送する

ライセンスキーがネットワーク上の別のコンピュータにある場合は、 キーを転送 を使用すると、ライセンスキーを別のコンピュータから現在使用しているコンピュータに転送することができます。

  1. キーを転送 をクリックすると、キーの転送 ウィンドウが表示されます。

    Editor_KeyTransfer_ja.png
     
  2. ライセンスマネージャは、該当するライセンスキーをネットワークで検索します。
  3. 目的のキーをクリックして強調表示し、転送 ボタンをクリックします。
  4. ライセンスマネージャは、指定したライセンスキーを現在使用しているコンピュータに適用します。

ライセンスマネージャを手動で起動する

ソフトウェアを初回に実行して有効なライセンスが見つかった場合、ライセンスマネージャは自動的に表示されなくなります。ライセンスマネージャを手動で起動するには、以下の手順で開きます。

  1.  画面左下の設定アイコンをクリックします。

    Editor_SettingsClick_ja.png
     
  2. のパネルの一般設定をクリックして、ライセンスマネージャをクリックします。

    Editor_LicManagerClick_ja.png
     
  3. ライセンスマネージャが開きます。

    EditorLicManager_ja.png
     
  • この記事は役に立ちましたか?