メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        
FARO®ナレッジベース

ScanPlan のファームウェアのダウンロードとインストールの手順

  ScanPlan.PNG

概要

FARO® ではScanPlan TM の新しいバージョンを定期的にリリースして新しい機能や既存の問題を修正するための ファームウェアを提供しています。適切なファームウェアがインストールされていないと、ScanPlan が正しく動作しない可能性があります。このプロセスはほぼ自動化されており、新しいバージョンがリリースされると、ScanPlan アプリを起動したときにメッセージが表示されます。

警告:FARO FARO 以外から提供されたファームウェアをダウンロードすると、保証が無効になり、ScanPlan が損傷する可能性があります。

新着情報(2020.1.1)

ScanPlan2020_2-Landmarks.pngここをクリックして 、リリースノートの全文をダウンロードしてください。

  • アンカーポイントは、マッピング中の信頼性を高めるために使用され、基本的には、ユーザーが取得しているアンビエントの実際の形状に基づいて、空間に基準点を配置することができます。アプリが特定のコーナーを「提案」し、ユーザーはループを閉じる軌跡を実行するのに最も適していると思うコーナーをクリックするだけで、追加のエリアがマッピングされた後、ユーザーは基準点まで歩いて戻り、UIで可視化されてマッピングされたアンカーポイントをもう一度クリックするだけです。この基準点によって、システムはドリフトや位置ずれによる最終的なエラーを補正することができ、マップはそれに応じて修正されます。
     
  • マップ修正ワークフローは、マッピングエラーが発生し、マッピングが完了した後にユーザーがそれに気づくと、ユーザーが使用することができます。軌道上の未検出のループ閉鎖(例:二重部屋の存在)を修正し、不要なサーフェスを除去し、フロアプランを最適化することができます。
     
  • ScanPlan2020_2-NewUI.png新しいモバイルAPPのUIは、よりすっきりとした、モダンで刷新された外観、より高速な読み込み、反応時間(特にWi-Fi作業中)を特徴としており、高解像度のマップの可視化を可能にし、無料データに関してはスマートオブジェクトのグループ化が行われています。これらすべてが最適化され、より直感的で効率的なユーザー体験に変換されます。
     
  • PanoCamの新しいアタッチメントモードでは、無料のPanoCamをフロアプランに取り付けるための2つのモードが用意されています。「確認モード」は、Pano画像がトリガーされたらユーザーが位置を確認するモードで、「固定モード」は、PanoCamを取り付けたまま三脚に設置してスキャンプランを操作する際に、確認が不要となり、広いエリアでのパノラマカメラのドキュメント作成が大幅に改善されます。

 

インストール手順

最新バージョンの FARO® ScanPlanTM ファームウェア: 2020.1.1 、リリース日:2020年12月18日.

  1. ScanPlan アプリを起動して、ScanPlan に接続します。ファームウェアの更新が利用できる場合、ユーザーにメッセージが届きます。
  2. 更新を手動で確認するには、 ボタンをタップして、[ファームウェア]>[自動アップデート]>[アップデートの確認] の順に選択します。
  3. [インストール]をタップしてアップデートを開始します。
    注記:iOS でのオンライン更新は常に、お使いのモバイルデータ通信ネットワークを使用してダウンロードします。更新ファイルは約 1GB です。モバイルデータ接続経由でこの大きいファイルをダウンロードしたくない場合には、手動での更新方法を使用してください。
  4. 更新が完了すると、「アップデートは正常にインストールされました」というメッセージが表示されます。[OK]をタップして続行します。電源ランプが青に戻ったら、再起動が完了です。

USB ドライブからの手動インストール

最新バージョンの ScanPlan ファームウェアは 2020.1.1 で、2020年12月18日 にリリースされました。

  1. ファームウェアを USB ドライブにダウンロードするには、ここをクリックします
  2. ドライブを ScanPlan に挿入します。
  3. ScanPlan アプリで、 をタップし、[ファームウェア]>[USB 更新] の順に選択します。
  4. [USB のスキャン]をタップします。
  5. ファイルを選択して、[確認]をタップします。
  6. 更新が開始されます。更新が完了するまで、ScanPlan またはスマートフォンの電源をオフにしないでください。

結果の確認

  1. スマートフォンが ScanPlan に接続されている状態で、 をタップし、[ファームウェア]を選択します。
  2. ファームウェアバージョン番号が 2020.1.1 の場合、最新のファームウェアがインストールされており、それ以上の操作は必要ありません。

次も参照してください。 

キーワード:

再インストール、再インストール、再インストール、更新、更新、ダウンロード、最新ファームウェア、現在のファームウェア、最新ファームウェア、新しいファームウェア、新着情報