メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus3D

Focus3D X

Focus3D X HDR

Focus3D S

Language

Chinese

English

French

German

Japanese

Portuguese

Spanish

FARO®ナレッジベース

PowerDock-ACCSS6002 および Focus3D を使用するバッテリー充電手順

PowerDock によるバッテリーの充電

使用前にバッテリーを完全に充電すること、およびスキャンプロジェクト中に必要な場合に備えて予備バッテリーを手元に用意しておくことをお勧めします。

  1. 電源装置のケーブルを PowerDock の電源ソケットに接続します。電源のプラグの方向を確認します(画像を参照)。プラグの挿入方向を間違えて強く挿入すると、プラグ、PowerDock の電源ソケット、および PowerDock 自体が損傷することがあります。
    ACCSS6002_PowerDock-PowerCon.jpg
  2. AC 電源ケーブルを電源装置とコンセントに接続します。接続する前に、タイプラベルの入力電圧を確認します。PowerDock の LED 1 が青に点灯します。これは、電源が PowerDock に接続されていることを示しています。
    注記:感電を防止するために、電源装置と PowerDock を屋外で使用しないでください。PowerDock と電源装置は、乾燥した屋内環境のみで使用してください。
     
  3. バッテリーの接点を PowerDock に向けて、FARO PowerDock の矢印マークに沿ってバッテリーを平らに置きます。次に、所定の位置に収まるまで充電位置に慎重にスライドさせます。バッテリーのピンが充電器の端子に接触していることを確認します。
    ACCSS6002_PowerDock-BatteryCon.jpg
  4. バッテリーを充電器に挿入すると、すぐに充電が自動的に開始します。LED 2 ~ 5 が点滅し、バッテリーの現在の充電状態に応じて点灯します。
     
  5. 充電完了後、バッテリーを慎重にスライドさせ、取り外します。

関連情報

キーワード: バッテリー、充電、ステーション、ドック、LED