メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2023 CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020
CAM2 CAM2 - 2021                  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Connect FARO Connect - Connect                  
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020 FARO Zone 2D - 2021 FARO Zone 2D - 2022 FARO Zone 2D - 2023        
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020 FARO Zone 3D - 2021 FARO Zone 3D - 2022 FARO Zone 3D - 2023 FARO Zone 3D - 2024      
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020 FARO Zone 3D Advanced - 2021 FARO Zone 3D Advanced - 2022          
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage FaroArm/ScanArm - Quantum S Max FaroArm/ScanArm - Quantum M Max FaroArm/ScanArm - Quantum E Max FaroArm/ScanArm - Gage Max        
GeoSLAM Software GeoSLAM Software - Connect GeoSLAM Software - Draw GeoSLAM Software - Hub GeoSLAM Software - Volumes            
GeoSLAM ZEB GeoSLAM ZEB - Horizon GeoSLAM ZEB - Horizon RT GeoSLAM ZEB - Revo GeoSLAM ZEB - Revo RT GeoSLAM ZEB - Go          
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product Sales - Product Launch Sales - Promotions CS - Quote to Invoice CS - Phone System CS - New Hire Training CS - General CS - FARONow New User CS - Salesforce Settings CS - Product Info
Language Quality CS - Licensing                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語 言語 - コリアン  
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift 3Dレーザースキャナ - Focus Premium
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus Core                  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Mobile Scanner Mobile Scanner - Orbis                  
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT SCENE - 2019
SCENE SCENE - 2go App SCENE - 2020 SCENE - 2021 SCENE - 2022 SCENE - 2023          
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Sphere FARO Sphere - Sphere                  
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                
WebShare WebShare - Enterprise WebShare - WebShare Cloud                
FARO®ナレッジベース

Focus Laser Scanner のバッテリー充電と Power Dock 充電器の問題

概要

バッテリーは使用、時間、温度変化により、徐々に最大容量と充電保持能力が低下していきます。PowerDock 充電器を破損(落下など)させると、バッテリーの故障の原因になることもあります。以下の記事では、バッテリーの寿命を最大限に延ばすためのガイドラインやヒント、充電に関する情報、トラブルシューティングを紹介しています。

バッテリーセルの温度によって、充電時間が長くなったり、バッテリーの仕様外の温度(夏場の車内や直射日光の当たる場所など、非常に高温の環境でバッテリーを保管した場合)になると充電ができなくなることがあります。バッテリーを常温まで冷ましてから充電することをお勧めします。その他の環境および取り扱いに関する情報については、以下の「バッテリーのベストプラクティスおよび使用ガイドライン」のセクションを参照してください。

バッテリー充電のトラブルシューティング

重要:バッテリー/充電のトラブルシューティングを行う前に、Focus Laser Scanner を最新のファームウェアに確認(必要に応じてアップデート)してください。を参照してください:詳しくは、Focus M シリーズ、S シリーズのファームウェアのインストール
 

PowerDock 外付け充電器でバッテリーが充電されない

PowerDock 充電器を点検します。詳しくは、「PowerDock の検査」のセクションをご覧ください。摩耗や破損の兆候が見られたら、直ちに使用を中止してください。PowerDock 充電器に不具合があると、接続されたバッテリーにダメージを与えます。

充電器に問題がない場合:

  1. Focus スキャナーにAC電源を接続します。
  2. スキャナーの電源を入れ(バッテリーを挿入していない状態)、スキャナーの電源が完全に入るまで待ちます。スキャナーのディスプレイには、バッテリーが検出されないことを意味する「X」が表示されます。
    FocusDisplay-NoBattery.png
  3. バッテリーを挿入し、スキャナーのディスプレイ上の充電アイコンを確認します。充電アイコン(バッテリーアイコンの中のフラッシュマーク)が表示されたら、スキャナーをシャットダウンし、バッテリーを取り外します。
    FocusDisplay-10Percent.png
  4. PowerDock 充電器に電源を接続し、バッテリーを挿入します。
    • PowerDock(ACCSS8002 モデルのみ)充電器の LED が緑色の場合、PowerDock とバッテリーの接点を確認し、清掃してください。そうでない場合は、充電器の不良の可能性がありますので交換してください
    • LED が紫/赤に点滅している場合、バッテリーは「深放電」(充電量が非常に少ない)状態です - 36 時間充電してください。
    • LED が黄色に点滅している場合は、バッテリーを 24 時間充電してください。
    • 充電に成功しなかった場合、PowerDock 充電器の不良が考えられますので交換してください。

PowerDock の LED の状態の一覧は、こちらをご覧ください。PowerDock 充電用 LED と Focus Laser Scanner の使用上のガイドライン

スキャナーでバッテリーが充電されない

バッテリーが「深放電」状態になっている可能性があります。これは通常、バッテリーが低充電状態または無充電状態でしばらく保管されていた場合に起こります。

  1. スキャナーにAC電源を接続します。
  2. スキャナーの電源を入れ(バッテリーを挿入していない状態)、スキャナーの電源が完全に入るまで待ちます。スキャナーのディスプレイには、バッテリーが検出されないことを意味する「X」が表示されます。
    FocusDisplay-NoBattery.png
  3. バッテリーを挿入し、スキャナーのディスプレイ上の充電アイコンを確認します。充電中のバッテリーアイコン(充電量:> 20%)が表示されるまで、スキャナーの電源を入れたままにします。
    FocusDisplay-23Percent.png
  4. 充電中アイコンが表示されたら、スキャナーの電源を切りますが、電源は接続したままにしてください。スキャナー内のバッテリーを 36 時間充電し続けます。

36 時間経過しても充電されない場合は、バッテリーの動作不良であり、交換が必要です。PowerDock 外付け充電器を使用していた場合、PowerDock 充電器に損傷がないか点検してください。PowerDock充電器に欠陥があると、バッテリーを損傷することがあります。

バッテリーがスキャナーに電力を供給しない、または短時間しか供給しない。

  • LED が青く点滅し始めるまで、スキャナー上部のオン/オフボタンを押し続けます。ボタンを押し続けていないと、スキャナーは起動しません。
  • PowerDock 外付け充電器を使用した場合、スキャナーで直接充電してみてください。旧型の ACCSS8002 PowerDock では、充電が行われていないのに満充電完了の表示(シアンまたはグリーンの LED)がされることがあります。
  • それでもスキャナーの電源が入らない場合は、バッテリーの容量が著しく低下している可能性があり、交換が必要です。バッテリーの寿命は、取り扱い方法によって大きく左右されます。激しい使用はもちろん、極端な温度差もバッテリーの寿命を縮めます。詳しくは、「バッテリーのベストプラクティスおよび使用ガイドライン」を参照してください。

スキャナーがバッテリーを認識しない

バッテリーが動作していないような場合(Focus とバッテリーの間に通信がない)、スキャナーのディスプレイにはバッテリーが検出されないことを意味する「X」が表示されます。
FocusDisplay-NoBattery.png

新しいモデルのバッテリー(ACCS-PWR-0014)は、スキャナーのファームウェアの更新が必要です。詳しくは、「Focus M シリーズおよび S シリーズのファームウェアのインストール」をご覧ください。ファームウェアのアップデート後、上記の「スキャナーでバッテリーが充電されない」のセクションに記載されている充電手順に従ってください。

それでもスキャナーがバッテリーを検出できない場合は、バッテリーに問題があるため、バッテリーを交換する必要があります。

新しいバッテリーをスキャナーで使用する前に充電する必要がありますか?

はい。バッテリーは、出荷/輸送規制を遵守するため、最小限の料金で FARO から出荷されます。新しいバッテリーは、使用する前に完全にFocusで充電する必要があります。

新品のバッテリーは、ごく短時間スキャナーを起動することができますが、バッテリー残量が少ないため、スキャナーは自動的にシャットダウンします。最小電圧に達すると、Focus スキャナーは自動的にシャットダウンします。新品のバッテリーは、最大容量に達するまでに 2 ~ 3 回の充電が必要で、動作時間が制限される場合があります。

 

Power Dock の点検と使用上の注意点

Power Dock 充電器のラッチが破損または摩耗していると、電気接点の位置がずれたままバッテリーを挿入することがあります。破損した Power Dock で充電すると、このピンのズレによりバッテリーが破損することがあります。定期的に Power Dock を点検し、下記のような摩耗や破損の兆候が見られた場合は、直ちに使用を中止してください。

操作方法についてはこちらをご覧ください。PowerDock 充電用 LED と Focus Laser Scanner の使用上のガイドライン

ラッチ検査エリア 良好 不良
ラッチの静止位置

GoodRestingPos.jpg

ラッチが真っ直ぐになっている

BadRestingPos.jpg

ラッチが内側に傾いている

ラッチの開放位置

GoodOpen.jpg

わずかな開放

BadOpen.jpg

過度な開放

ストップピン

GoodPin.jpg

完全なストップピン

BadPin.jpg

ストップピン欠品

 

PowerDock 充電器のベストプラクティスと使用ガイドライン

  • 電源に接続されていない状態のまま、PowerDockに電池を置いたままにしないでください。バッテリーを置いたままにしておくと放電が進み、深放電状態になることがあります。
  • PowerDock は非常に軽量ですので、PowerDock が滑ったり落ちたりしないように固定に注意してください。滑り止めマットなどを使用すると、デスクトップやカウンタートップのような滑らかな表面に固定することができます。
  • FARO Scanner に付属しているACアダプターのみを使用し、PowerDock 充電器に電源を供給してください。非正規の電源を使用すると、PowerDock 充電器またはバッテリーが損傷する可能性があります。
  • FARO PowerDock 充電器では、FARO PowerBlock バッテリー以外のバッテリーを充電しないでください。
  • プラグ、コード、および充電器自体を定期的に点検してください。詳しくは、上記の「PowerDock の点検」のセクションをご覧ください。損傷した場合は、直ちに使用を中止してください。
  • 充電器の端子に金属製のものを接触させないでください。この状態では、端子が短絡し、発熱する可能性があります。
  • 感電を防止するために、充電器と電源装置は乾燥した屋内環境以外では使用しないでください。
  • 湿気、可燃性の液体または気体が存在する環境では充電器を使用しないでください。
  • 充電器は、子供の手が届かない、乾燥した部屋に保管する必要があります。

バッテリーのベストプラクティスと使用ガイドライン

  • バッテリーの最良の性能を得るには、周囲温度 +5°C(+41°F)~+40°C(+104°F)の範囲で使用することをお勧めします。温度がこの範囲よりも低いまたは高い場所では、一時的にバッテリーの性能が低下し、操作可能時間が短くなることがあります。
  • 「深放電」状態のバッテリーは、「深放電」状態から出るまでに最大 26 時間かかる場合があります(最終的な満充電にはさらに数時間かかります)。深く放電したバッテリーは 36 時間充電して、再び満充電することをお勧めします。その時間を経過してもバッテリーが充電されない場合、交換する必要があります。
  • 環境温度 0 °C ~ +45°C (+32°F ~ +113°F) で充電してください推奨充電温度: +10 °C ~ +30 °C (50 °F ~ +86 °F)
  • 環境温度 -10 ℃ ~ +55 ℃ (14 °F ~ +131 °F) で放電してください推奨動作温度: +5 °C ~ +40 °C (+41 °F ~ +104 °F)
  • 満充電の 30% 程度で充電された状態で保管してください。長期保管中は、年に 1 回 30% までバッテリーを充電することをおすすめします。
  • 30% 充電時の推奨保管温度:
    • 1 か月: -20 ℃ ~ 60 ℃ (14 °F ~ 140 °F)
    • 3 か月: -20 ℃ ~ 45 ℃ (14 °F ~ 113 °F)
    • 1 年: -20 ℃ ~ 25 ℃ (14 °F ~ 77 °F)
  • 追加のストレージと充電のガイドラインについては、以下を参照してください。リチウムイオン電池メンテナンスガイドライン
  • レーザースキャナのへのバッテリーの脱着は、乾燥したほこりのない場所で行ってください。
  • FARO Laser Scanner 内や、充電器上で、湿ったバッテリーや汚れたバッテリーは使用しないでください。
  • FARO Laser Scanner を長期間使用しないときは、バッテリーを取り外してください。
  • 換気の良い場所に保管してください。金属類と一緒に保管しないでください。ショートすると火災の原因になります。
  • 使用する当日または前日にバッテリーを充電してください。充電したバッテリーは使用しなくても、充電量は時間の経過とともに徐々に失われます。
  • 完全に充電した後にバッテリーがすぐに放電する場合は、新品のバッテリーに交換してください。