メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus M

Focus S

Focus3D

Focus3D S

Focus3D X

Focus3D X HDR

SCENE

すべての SCENE Suite

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

Laser Scanner 用のターゲットアライメントガイドライン

最適な参照を自動検出するために、次のことを考慮してください。


チェッカーボードの参照:

  • レーザー光線とチェッカーボードの参照間の投射の角度が 45° を下回らないようにしてください。
  • 選択したスキャンの分解能によっては、スキャナへの距離が特定値を超えると、チェッカーボードの参照の自動検出で信頼性が低下します。 例えば、A4 のチェッカーボードの参照を使用し、1/4 の分解能でスキャンを実行する場合、スキャナへの距離は 15 m を超えないようにしてください。
  • スキャナと参照間の距離が、1m を下回らないようにしてください。
  • チェッカーボードのターゲットが、スキャナの軸を基準にして 45° 回転しないようにしてください。
  • チェッカーボードの参照は、湾曲面に配置しないでください。
  • 用紙参照の印刷では、必ずレーザープリンタを使用してください。


球:

  • 球は、スキャン内で完全に出現しているようにしてください。 他のオブジェクトで一部が隠れていないことを確認してください。
  • “[球を一致させる設定]”([ツール]-> [オプション]-> [一致]->[球を一致させる設定]、18.1.4.1.8.3 を参照)のフィット処理の半径は、スキャン時に使用された球の半径に従って設定してください。
  • 選択したスキャンの分解能によっては、スキャナへの距離が特定値を超えると、球の参照の自動検出で信頼性が低下します。 例えば、1/4 の分解能でスキャンを実行する場合、スキャナへの距離は 18m を超えないようにしてください。 スキャン内で、球には少なくとも 10~15 ピクセルが含まれるようにしてください。


キーワード:球、チェッカー ボード、登録、参照、オブジェクト、アライメント、アライメント