メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S

Quantum M

Quantum E

Edge

Fusion

Prime

Platinum

Legacy Quantum

Titanium

Advantage

Digital Template

ScanArm

Design ScanArm 2.5C

Design ScanArm 2.0

Design ScanArm

Forensic ScanArm

FARO®ナレッジベース

Renishaw TP20 およびセンサープローブの設置と設定

概要

Renishaw TP20

Renishaw TP20 タッチトリガープローブは、スタイラスで部品に触れるだけで自動的に点をデジタル化し、部品に歪みを生じさせることなく柔軟に測定することを可能にします。このプローブシステムは、部品のすべての機能にアクセスするためにさまざまなスタイラス構成が必要とされる複雑な部品測定に最適です。

プローブの独自のセンシングメカニズムによりキャプチャボタン(緑/赤)を押す必要がなくなり、スタイラスが部品に接触しているときにのみデータが取得されるため、測定中にハードプローブの残したデータエラーを取り除く必要がなくなります。これにより、オペレータの作業効率の低下を最小限に抑えることができます。

Renishaw ではこれらのプローブ用のアクセサリを多数提供しており、低、標準、ミディアム、および拡張強化モジュールなどをご利用いただけます。FARO では、出荷時に Renishaw TP20 に 2 つのミディアム強化モジュールが含まれています。

 

kA270000000CbutCAC_en_US_1_1.png

Renishaw センサープローブ

Renishaw センサープローブ機能は、TP20 プローブによく似ています。唯一の違いは、TP20 プローブにはやや遊び心がある一方でセンサープローブは非常に堅牢であるという点です。センサープローブは異なる検知メカニズムを使用しますが、TP20 と全く同じ利点を備えています。センサープローブのもう 1 つの利点は、プローブ本体のフィードバック LED です。

 

kA270000000CbutCAC_en_US_1_0.png

モデルサポート

FaroArm®/ScanArm TP20 プローブのパーツ番号 センサープローブのパーツ番号
Quantum シリーズ、Design ScanArm 2.0/2.5 11769*** 11903
Edge、Design ScanArm、Forensic ScanArm 11769** 11903
Fusion PROBE0072* 互換性がありません
Prime PROBE0072* 互換性がありません
Platinum PROBE0072* 互換性がありません
レガシー Quantum 11769** 11903
Titanium PROBE0072* 互換性がありません
Advantage PROBE0072* 互換性がありません
Digital Template 互換性がありません 互換性がありません
Gage PROBE0072* 互換性がありません

* Renishaw ポートはオプションです。TP20 プローブを使用するには、注文時にこのオプションを選択する必要があります。FaroArm にオプションポートがない場合は、ポートを追加するためにサービスセンターに返却する必要があります(パーツ番号1001-1024)。
** アダプターのパーツ番号 11713 が必要
** アダプターのパーツ番号 20735 が必要

インストールとユーザーガイド

下のリンクをクリックして最新のRenishawセンサープローブまたは TP20 プローブのインストールとユーザーガイドをダウンロードしてください。また、Renishaw プローブに関するその他の資料については、FaroArm アクセサリマニュアルを参照してください。

RenishawSetScrew.jpg TP20 プローブを取り付ける前に、FaroArm(またはモデルに必要な場合はアダプタ)の端から黄銅の留めネジを取り外します。留めネジは、Renishaw プローブが先端からの動きを読み取ることができるようにする非常に敏感なピンを保護するために取り付けられています。Renishaw プローブを使用していないときは、留めネジを常に再取り付けする必要があります。留めネジを再び取り付ける際には細心の注意を払ってください。締め付けたり無理にねじ込んだりするとピンが損傷し、不適切に取り付けた場合には保証が無効になる可能性があります。
日付 モデル ダウンロード
2014年1月 センサープローブ
2007年12月 TP20

構成と補正

FaroArm Manager、CAM2、および Measure 10

タッチプローブ/アダプタを取り付けた後…

FaroArm Manager:

FaroArm Manager を開き、[スタート] > [FARO] > [FaroArm Manger] へ進みます。

使用している FaroArm が右側で選択されていることを確認してから [プローブ管理]をクリックします。

ArmManagerProbeManagement.png

CAM2/Measure 10:

ホームタブで「P」キーを押し、Device Center のアイコン DeviceCenterIcon.png をクリックすると、Device Center のウィンドウが開きます。

使用している FaroArm をクリックしてください。

TPDeviceCenterArm.png

 

[管理する] ボタンをクリックします。

TPDeviceCenterManage.png

 

プローブ管理画面で TP20 プローブが有効であることを確認してから、鉛筆アイコンをクリックして プローブ値を編集します。

TPEditProbe.png

プローブの直径を入力し、次に[バウンス解除時間] に「500-1000」を入力して [保存]をクリックします。
TPProbeValues.png

戻る矢印 EditProbeBackButton.png(ウィンドウの右上にあります)をクリックしてプローブ管理画面に戻り[球補正] ボタンを押します。
TPSphereCalibration.png
 
[補正を開始]をクリックして画面上の指示に従い、プローブを補正します。詳細については、お使いの FaroArm モデルのユーザーマニュアルの「球補正の方法」を参照してください。
TPSphereCalibrationStart.png

注記: プローブ補正により、アダプタの情報が保存されます。ただし、プローブ先端は取り外し可能なので、TP20 本体またはプローブ先端が変更されていないことが確実でない限り、既存の補正に頼らないでください。

X の測定

  1. タッチプローブを取り付けたら [デバイス] > [プローブ] に進み、[編集する] ボタンをクリックします。
MeasureXRenishawFig1.png
  1. 使用しているプローブの名前とプローブの直径を(適切な単位で)入力します。
  2. 補助スイッチのセクションの下で、[有効化] チェックボックスをオンにし、デバウンス時間(250〜500の値が適切です)を入力します。
  3. [修正する] をクリックして変更を保存し、[プローブ] 画面に戻ります。
MeasureXRenishawFig2.png
  1. ウィンドウの左側から、[球による校正]を選択します。
  2. 画面に表示される指示に従って、合計 15 ポイントをピックアップします。
     
  3. 高精度の読み取りを確実にするために、プローブを慎重にボールに接触させてください(タッチプローブを表面に強く押し付けないでください)。 
  4. Renishaw プローブを使用しない場合は、必ず補助スイッチセクションの下の有効化チェックボックスをオフにして、次のプローブチップを校正するために必要な変更を加えてください。
MeasureXRenishawFig3.png

取扱いおよび保管

Renishaw を使用するときは、チップに過大な圧力を加えないように注意してください。これにより Renishaw 内の敏感なパーツが損傷を受ける可能性があり、Renishaw の保証プランの対象外となる場合があるためです。Renishaw を使用しないときは、FaroArm からプローブを取り外し、Renishaw ケースに保管して損傷を受けないようにしてください。適切な保管を怠ったために何らかの損害が発生した場合、これは Renishaw の保証プランの対象にはなりません。Renishaw のセンサープローブおよび FaroArm の TP20 プローブの詳細については、インストールとユーザーガイド を参照するか、Renishaw まで直接お問い合わせください。

関連項目

 

キーワード

TP-20、プローブアダプタ