メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Quantum S

Quantum M

Quantum E

Edge

Fusion

Prime

Platinum

Legacy Quantum

Titanium

Advantage

Digital Template

ScanArm

Design ScanArm 2.5C

Design ScanArm 2.0

Design ScanArm

Forensic ScanArm

Gage

Bluetooth

Plus

Standard

Power

シリアル FaroArm

Bronze

Gold

Silver

FARO®ナレッジベース

FaroArm 用のオンサイトトラブルシューティング情報

1. 通信の問題

FARO USB アームが通信しない場合は、以下の手順に従ってください:

  1. USB コネクタをコンピュータの背面からはずします。
  2. USB Arm電源をオフにします (Oはオフ、Iはオンを示します。)
  3. Measure を終了します。
  4. コンピュータを再起動します。
  5. アームの電源を入れ、ハンドルの LED が短時間に点灯するかどうかを確認します。
  6. USB アダプタをコンピュータの背面に接続し、Windows が USB デバイスを認識するまで待機します。認識しない場合、アダプタを取り外し、コンピュータを再起動し、USB ケーブルを他のポートに差し込み、ステップ 1 から再開します。
  7. デバイスが認識されたら、60 秒間待機し、Measure を起動します。

“主入力装置に接続することができません”というメッセージが出たら、次の手順に進みます:

  1. エラーをキャンセルし、ユニットダイアログをクリアします。
  2. デバイス\デバイスのセットアップに進み、FaroArm USB–ポータブルCMMが読み込まれていることを確認します。接続できない場合は、それをクリックして、“開始をクリックします。”
  3. まだ接続できない場合は、カスタマー サービスにお問い合わせください。

2. チップ校正の問題

FARO USB シリーズのアームは、アーム底辺に利用可能な基準球 がありません。(4 フィート シリーズおよび Gage arm はあります。) これは、校正アーチファクトをアームから離して固定し(ステップ7を参照)、できるだけ移動を減らすために固定する必要があることを意味します(詳細については、ユーザーマニュアルを参照してください)。

良いチップ校正を得られなかった、またはデジタル表示(DRO) が小数点の左に4 桁以上の数字が示されている場合は、以下の手順を参照してください:

  1. チップがしっかりとねじ込まれ、チップに亀裂やフラットスポットがなく、シャフトに固定されていることを確認してください。
  2. プローブに打ち込まれた直径が次のステップで選択したチップと一致することを確認します。
  3. Measure の Devices\Probes に移動し、図の上のドロップダウンボックスで適切なプローブが選択されているかどうかを確認します。
  4. 編集ボタンをクリックし、直径が、プローブ チップのサイズと一致していることを確認します。
  5. ハンドルとベース補助スイッチが両方とも無効になっていることを確認します(Renishaw タッチトリガプローブを使用していない場合。)
  6. 修正ボタンをクリックします。
  7. シングルホール方式を選択し、穴がベースからのアームの距離の約3分の1にあることを確認します。また、ホルダーにしっかりとねじ込まれていること、およびホルダーが安定した面にしっかりと固定されていることを確認します。
  8. プローブの校正の指示に従います。
  9. 良い結果が出ない場合は、カスタマー サービスにお問い合わせください。

3. USB 対 Serialアダプター

これらのポート上で動作するために、FARO USBシリーズアームはUSB 対 Serial/Parallel アダプタを使用することはできません。

4. USB シリーズのソフトウェアのサポート

Measure バージョン 3.9より前のFAROソフトウェアは、USBシリーズでは動作しません。2002年10月現在、USBシリーズをサポートするサードパーティのソフトウェアはありません。WINDOWS 2000およびWINDOWS XPは、USBアームとソフトウェアの両方をサポートする唯一のプラットフォームです。

注‐標準FARO Armシリーズ(ブロンズ、シルバー、ゴールド、スターリング、ミレニアム)はすべてMeasure 3.9で正常に機能し、同じコンピュータに接続することはできますが、同時に実行することはできません。通信での手順を参照にして設定し、“FaroArm"を選択します。

 

キーワード:

トラブルシュート 修理 アーム プラチナ アーム Titanium アームAdvantage アーム、トラブルシューティング、usb