メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT            
All すべて - FARO 製品                  
Hardware ハードウェア - すべての FARO 製品                  
Accessories 付属品 - すべての FARO 付属品                  
FaroArm FaroArm - すべてのモデル                  
USB FaroArm USB FaroArm - すべてのモデル USB FaroArm - Quantum S USB FaroArm - Advantage USB FaroArm - Digital Template USB FaroArm - Edge USB FaroArm - Fusion USB FaroArm - Platinum USB FaroArm - Prime USB FaroArm - Quantum USB FaroArm - Titanium
Serial FaroArm シリアル FaroArm - すべてのモデル シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver            
Gage Gage - すべてのモデル Gage - Standard、Plus、Power Gage - Bluetooth              
ScanArm or Laser Line Probe ScanArm または Laser Line Probe - すべてのモデル ScanArm または Laser Line Probe - Edge LLP V4 ScanArm または Laser Line Probe - LLP V1 V2 V3              
FaroArm Accessories FaroArm 付属品 - すべての FaroArm モデル FaroArm 付属品 - USB FaroArms FaroArm 付属品 - Platinum FaroArm 付属品 - Titanium FaroArm 付属品 - Gage FaroArm 付属品 - シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Gold シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Silver シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - すべての LLP モデル FaroArm 付属品 - LLP V1 V2 V3
Laser Tracker Laser Tracker - すべてのモデル Laser Tracker - Vantage S M E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si X Xi          
Laser Tracker Accessories Tracker 付属品 - すべてのモデル Tracker 付属品 - Vantage Tracker 付属品 - ION Tracker 付属品 - Si X Si            
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner Laser Scanner - すべてのモデル Laser Scanner - Focus S M E Laser Scanner - Focus3D Laser Scanner - Photon            
Laser Scanner Accessories Laser Scanner 付属品 - すべてのモデル Laser Scanner アクセサリー - Focus S M E Laser Scanner 付属品 - Focus3D Laser Scanner 付属品 - Photon            
Hand Held Scanner ハンドヘルドスキャナ - Freestyle                  
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer                  
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
Software ソフトウェア - すべての FARO ソフトウェア                  
CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect                
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud および WebShare 2Go SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - BuildIT BuildIT - Projector          

ScanArm または Laser Line Probe

すべてのモデル

スペイン語

ドイツ語

中国語

日本語

英語

FARO® Knowledge Base

Laser Line Probe (LLP) で最適な品質を実現するための補正設定

LLP(レーザーラインプローブ)の設定。

一般設定

「レーザーラインプローブ制御」ダイアログボックスを表示するために、「スキャナの設定」ボタンを選択します。レーザーラインプローブが動作範囲内にある時は、ダイアログボックスのプレビュー領域内に1ラインのレーザーが表示されます。

  • 「レンジファインダーのオン/オフ」 のチェックボックスのチェックを外して、「レンジファインダー」ダイアログボックスを無効にします。
  • 「可視ライトの表示」のチェックボックスを選択して、「プレビューエリア」ウィンドウで表示されてる光を確認します。
  • High Accuracy Modeチェックボックスを選択して、高精度モード(High Accuracy Mode)を有効にします。

注記: プレビューウィンドウに可視光を追加すると、コンピュータに送られる1秒あたりのフレーム数が減少するため、FAROレーザーラインプローブに関する問題を診断する場合にのみ使用してください。

注記: 高精度モードでは、データの品質と2Sigma値が向上しますが、スキャン可能な範囲が狭くなり、通常のレーザー2/3のスキャン範囲となります。

基本設定

以下は基本LLP設定のあるプレビューウィンドウです。

  • 材質 - 資材のドロップダウンウィンドウから既存の材料を選択します。材料の設定を保存するには、このドロップダウンウィンドウのコマンドを使用します。材料の設定を保存するために材料のドロップダウンウィンドウで[名前を付けて保存]を選択します。
  • 自動 - LLPは、現在の材料に最適な露出やノイズしきい値レベルを計算できるようにするにはAUTOボタンをクリックします。プロセスが完了するまで、適切な距離間を保ち表面にレーザーを照射して、完了まで待機します。

手動設定

  • 露出 - 「シャッター」が開いていて、センサーがカメラに入る光を受けている時間。 1から80までの数字を入力してください。ミリ秒単位で換算値がその隣に表示されます。明るい色の反射面は、より良い低露出レベルで設定するのが好ましい。暗い色は、一般的に、より高い露出レベルが必要です。
  • ノイズ閾値 - LLPは、表面に投影されたすべてのピクセルと個々のピクセルの強度と反射出力を0から255のスケールで測定します。強度がノイズしきい値未満のデータはすべて使用できないノイズまたはチャターと見なされ、単純に無視されます。設定値の15は、ほとんどの表面に推奨される平均値です。暗い色また光を吸収する傾向があるサーフェスは低い値から設定する方が好ましいです。この値を増やしていくことで、ノイズを取り除く設定を高めていきます。ノイズデータとして取得されるため、設定値を255にしないで下さい。

注記: CCD(Charged-Coupled Device:電荷結合素子)は、デジタルカメラなどの画像記録装置に一般的に使用されているセンサーです。これらには、光を電荷に変換してからデジタル画像になる画素格子が含まれます。

スキャンレートおよびスキャン密度の設定をしてデータを削除します。レーザープローブの収集する点の数を減らすと、システムの性能が向上し、スキャンレートが向上して、不要なノイズの多いデータを潜在的に減少します。

  • スキャンレート - 1秒あたりのラインスキャンの数を選択します。1/1は、1秒あたりの通常のラインスキャン速度(30/秒)であり、これを設定してラインスキャンを変更します。校正には常に1/1に設定します。
  • スキャン密度 - 各ラインスキャン上の点の数を選択します。1/1は、ラインレーザー上のすべての点(640点)であり、これを設定してラインスキャン上にある点数を変更します。校正には常に1/1を使用します。

情報フレームには、現在のFARO LLPの固有の情報が表示されます。

  • シリアル番号 - レーザーラインプローブ用の固有の識別番号。
  • ファームウェアバージョン - LLPで読み込まれた現在のファームウェアバージョン。
  • 校正日 - 最後に工場で校正した日付。
  • 最大ピクセル – 1ピクセルに対するレーザープローブのCCDへの最大反射力を示します。基本的に、これはCCD上のピクセルにみられるようにレーザー光の最大明暗度を表します。255が最大かつ理想的な値です。値がそれ以下の場合、レンズを洗浄する必要があるか、または表面の光学的品質が低いため光が過度に反射または吸収されることを意味します。
  • 平均幅 - CCDによって捕えられる、レーザーストライプの画素の平均幅または平均厚さ。
  • COGカウント - COG(Center of Gravity)が定義されるCCD列の数。これは、1つのレーザーストライプでLLPが確認できる点の数を表します。1つの線につき640点が最大となります。COGは、一定のレーザーライン横断面の質量中心、または最大反射力を持つ点とみなすことができます。
  • ダイナミック照射 - 自動照射が選択されている場合、最大設定照射までリアルタイムの照射設定を表示します。
  • 飽和 - 最大反射力時のCCD列あたりの平均画素(ピクセル)数。理想的には1~2画素で飽和状態になります。値がそれより低い場合、レンズを洗浄する必要があるか、表面の光的品質が低いことを意味します。

詳細設定
 
[詳細設定] チェックボックスを選択し、その他の材質を修正します。

  • 限界幅 – レーザーラインの重心(COG)を決める際に、ピクセルのラインレーザーグループが分析されます。限界幅では、COGを決める際に、ピクセルのラインレーザーグループが分析されます。これによって、ピクセルのCOGグループを定義する最低ピクセル数が設定されます。推奨値は5です。これは、入射角度、反射光、またはその他の外部干渉が原因で、LLPが1つの列に光の複数のクラスタを収集した場合、少なくとも5ピクセルのクラスタのみがCOGの候補とみなされることを意味します。ピクセルは、ノイズレベル基準にも適合する必要があります。最小値は2です。
  • 限界ピーク - CCDグループが有効であるためには、、ピクセルの1つがこの値を超えている必要があります。推奨値は50です。限界ピークを増やすと、光沢面やCCDのフレアを生じる反射面で役に立ちます。CCD列が複数のレーザー光線源をキャプチャした場合、限界ピークで少なくとも1つのピクセルをもつグループまたはクラスタのみが考慮されます。グループは、ノイズ限界値基準および限界幅基準にも適合する必要があります。
  • アルゴリズム - 固定または照射設定を選択します。
  • 固定 – 照射設定は常に一定です。
  • 自動 – 照射値が最大値として設定されます。照射を自動的にデジタイジング化すると、適切な飽和レベルが維持されるように照射設定が自動調整されます。自動照射レベルでは、低、中、高の3つの高品質測定値がプリセットされています。低い光学的品質は、光学的品質が低い(暗すぎるか明るすぎる)部分に使用され、高い光学的品質は、可能な限り最適なデータが得られる良好な光学的品質を持つ部分に使用することができます。自動照射設定は、照射インジケータを [RANGE FINDER(範囲ファインダー)] ダイアログボックスに追加します。[RANGE FINDER(範囲ファインダー)] 左上の緑の点は、照射が調整され、スキャンできる準備ができたことを示します。このインジケータを、ユーザーが照射過多か露出不足を示す赤 [+](プラス)または [-](マイナス)の記号のいずれかに変更すると、自動調整が実施されます。LLPは、調整中データの収集を行いません。このプロセスは極めて素早く処理されます。

注意: 一般に、ここで説明するすべての設定のデフォルト値によって、ほとんどの表面で許容可能なデータが得られます。照射パラメータは、スキャンされる多様な表面の仕上がりに基づいて、より頻繁に調整する必要があります。

範囲が多様な色、構造、および仕上がりを前提とした場合、特定の表面でどの設定がもっとも適切に機能するか、科学的には正確に分かっていません。最適な設定を見つけるには、いくらか試行錯誤が必要な場合があります。ピクチャや詳細については添付の資料を参照してください。
 


キーワード:

llp設定、設定、レーザーラインプローブ