メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT            
All すべて - FARO 製品                  
Hardware ハードウェア - すべての FARO 製品                  
Accessories 付属品 - すべての FARO 付属品                  
FaroArm FaroArm - すべてのモデル                  
USB FaroArm USB FaroArm - すべてのモデル USB FaroArm - Quantum S USB FaroArm - Advantage USB FaroArm - Digital Template USB FaroArm - Edge USB FaroArm - Fusion USB FaroArm - Platinum USB FaroArm - Prime USB FaroArm - Quantum USB FaroArm - Titanium
Serial FaroArm シリアル FaroArm - すべてのモデル シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver            
Gage Gage - すべてのモデル Gage - Standard、Plus、Power Gage - Bluetooth              
ScanArm or Laser Line Probe ScanArm または Laser Line Probe - すべてのモデル ScanArm または Laser Line Probe - Edge LLP V4 ScanArm または Laser Line Probe - LLP V1 V2 V3              
FaroArm Accessories FaroArm 付属品 - すべての FaroArm モデル FaroArm 付属品 - USB FaroArms FaroArm 付属品 - Platinum FaroArm 付属品 - Titanium FaroArm 付属品 - Gage FaroArm 付属品 - シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Gold シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - Silver シリアル FaroArms FaroArm 付属品 - すべての LLP モデル FaroArm 付属品 - LLP V1 V2 V3
Laser Tracker Laser Tracker - すべてのモデル Laser Tracker - Vantage S M E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si X Xi          
Laser Tracker Accessories Tracker 付属品 - すべてのモデル Tracker 付属品 - Vantage Tracker 付属品 - ION Tracker 付属品 - Si X Si            
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner Laser Scanner - すべてのモデル Laser Scanner - Focus S M E Laser Scanner - Focus3D Laser Scanner - Photon            
Laser Scanner Accessories Laser Scanner 付属品 - すべてのモデル Laser Scanner アクセサリー - Focus S M E Laser Scanner 付属品 - Focus3D Laser Scanner 付属品 - Photon            
Hand Held Scanner ハンドヘルドスキャナ - Freestyle                  
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer                  
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
Software ソフトウェア - すべての FARO ソフトウェア                  
CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect                
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud および WebShare 2Go SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - BuildIT BuildIT - Projector          

ScanArm または Laser Line Probe

すべてのモデル

日本語

英語

FARO® Knowledge Base

Laser Line Probe (LLP) または ScanArm での複雑なパーツ表面のスキャン

Laser Line Probe HD

概要

レーザーラインプローブ(LLP)または FARO ScanArm で複雑な部品の表面をスキャンニングするためのベストプラクティスを使用すると、一貫した高品質の結果を取得し、最も効率的です。プロジェクトを開始する前に、誰にでも非接触スキャニングが出来る検証隅で有効な内容のリストとビデオを見てください。

動画

この1 分間の動画では、ScanArm と LLP のプロダクトマネージャーが最適な方法を紹介する様子を見ることが出来ます。最適な結果を得るために、どのように LLP を扱っているか、どんな態勢でいるか注意してみてください。

ベスト プラックティス

  • LLP の角度: スキャンする面の種類に応じて正しい方法を選ぶ
    • 非反射またはマット面 については、レーザビームの角度は、部品の表面に対して垂直にします。すると、レーザーの反射をもっとも効率よくカメラにとらえることが出来ます。
  • LLP Laser Beam Orientated Perpendicular to the Part
  • 反射面 に対しては、レーザービームは部品の表面に対して角度を持って照射します。ワーク表面に対してカメラを垂直に構えることで最適な角度を得ることが出来ます。こうすると反射時のノイズがカメラに映らなくなります。
    LLP Camera Orientated Perpendicular to the Part
  • 標準アルゴリズム を使用して校正し、その後 V3 または ES LLP を使用する時に、表面状態に一致するように高度な設定を調整します。
    • Automatic normal: 設定は暗すぎない艶消し面に適しています。露出は自動的に 0〜50 の範囲に調整されます。
    • Automatic Full: 暗い艶消し表面に適しています。露出は、0 から最大までの範囲内で自動的に調整されます。
    • Automatic High Refrective: 高反射性の面に適しています。露出は、0 から最大までの範囲内で自動的に調整し、また、より良い光沢を管理するために他の設定を調整します。
  •  スキャン中のノイズを減らすためには、ワーク上で LLP を動かしている間、ワークと LLP の距離を一定にするように維持します。LLP からの距離が近いほど点間密度は高まります。LLP をワークの近くで維持すると、より遠いところで維持した場合よりも密度が濃くなります。遠い領域でのノイズの増加は、レーザビームが表面に照射し、カメラに帰ってくるまでの距離が増加することに関連しています。レーザービームの移動距離が長くなると、帰ってくる点の情報はより近い状態の時と同じではありません。
  • 設定ダイアログボックスの 「高精度モード」 のチェックボックスをオンにします。このモードはスキャナから遠い領域の点群を除外します。このモードは被写界深度を1.25 inch (32 mm)から約 4.5 inch (115 mm)に狭め、艶消し仕上げの校正板面上のテストでは、スキャンノイズを約 50% 低減されます。
  • ワーク表面上でLLP を移動している間、グリップを安定した状態で握ってください。LLP を回転させないでください。
  • LLP を保持する位置は、ワーク面上が以前の位置よりも近くなります。
  • 面上をスキャンしている時に、面と面の境界に来たら、一つの隣接する面のみスキャンします。LLP の最初の位置は、初めにスキャンしようとしている面に垂直にし、完全にスキャンし終えたら一時停止します。その後、LLP の位置を隣接する面に垂直に変え、スキャンを再開し、完了したら一時停止します。
  • LLP を2 つの隣接する面の角をまたいで動かさないでください。スキャン時に ARM の腕が伸びきったり縮過ぎたりしないでください。スキャンが快適に行えるように、あなたの態勢を無理なくスキャンできるようにしてください。
  •  スキャンの計画を立てる場合、スキャンの最適な結果を得るためにスキャン対象の面を上記の理論を考慮して分割してください。  

参照リンク

 

 

キーワード

スキャンコーナー、 scan complex parts, scan difficult parts, holding the LLP, pointing the LLP, normal position for the LLP