メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

FaroArm/ScanArm

Advantage

Edge

Fusion

Legacy Quantum

Platinum

Titanium

Laser Line Probe

Edge ES V5

Edge HD V6

Edge V4

V1

V2

V3

ScanArm

Design ScanArm

Forensic ScanArm

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

レーザーラインプローブ (LLP) または ScanArm での複雑な部品の表面のスキャン

レーザーラインプローブ HD

概要

最も効率的に、高品質の一貫した結果を得るためには、レーザーラインプローブ (LLP) または FARO ScanArm での複雑な部品の表面のスキャンのためのベストプラクティス(成功事例) を使用します。プロジェクトを開始する前に、ビデオと以下のリストを参照して、確実に非接触スキャンを実現する試行錯誤のあるScanning Complex Part Surfaces With the Laser Line Probe-LLP or ScanArm#listポインタを確認してください。

ビデオ

この 1 分間のビデオでは、ScanArm および LLP の製品マネージャがベストプラクティス(成功事例) を説明します。LLP をどのように扱い、どのように体を置いて最も正確な結果を得るかに注意を払ってください。

 

ベストプラクティス(成功事例)

  • スキャンする表面の種類に応じて、適切に LLP の角度を決めます
    • 反射率が低いかまたは光沢のない表面の場合、レーザー光線の角度をワークの表面に対して直角にする必要があります。これにより、カメラでレーザーからの反射のほとんどを取り込むことができます。
      ワークに対して直角の LLP レーザー光線
    • 反射率が高い表面の場合、レーザー光線の角度をワークの表面に対してある程度の角度にする必要があります。ワーク表面に対して直角にカメラ を設定することで、最適な角度を達成します。これにより、ノイズ反射をカメラの外に反射させることができます。
      ワークに対して直角の LLP カメラ
  • V3 または ES LLP を補正する場合、[標準]アルゴリズムから開始し、表面の仕上げに合わせて[詳細]設定を調整します
    • 標準]設定は、暗すぎず、光沢のない表面に適しています。照射が自動的に 0~50 の範囲で調整されます。
    • フル]は、暗く光沢のない表面に適しています。照射が自動的に 0 から最大の範囲で調整されます。
    • 高反射率]は、反射率の高い表面に適しています。照射が自動的に 0 から最大の範囲で調整され、光沢の管理を改善するためにその他の設定も調整されます。
  • HD LLP を補正する場合、[自動 - 標準]アルゴリズムで開始し、表面の仕上げに合わせて、設定およびフィルタを調整します。
    • 反射フィルタ]では、明るい表面で生じたデータのノイズを削除します。
    • 自動 - HDR]アルゴリズムでは、暗い領域と明るい領域の間の、高コントラスト領域を正規化します
  • LLP一定の距離ワークの表面から離して保持し、ワーク上で LLP 移動させてノイズを減らします。LLP を近くで保持すると、遠くで保持した場合よりも点密度が増えます。距離が遠いとノイズが増加する理由として、レーザー光が表面へ到達してからカメラに戻るまでの移動距離に関係しています。レーザー光の移動距離が長くなると、距離が短かった時と比較して、戻り信号が不明瞭になります。これは懐中電灯の光線に似ています。光線を近くを照らすと、ライトが明るく見え、光線のエッジがより明瞭になります。光線を遠くで照らすと、ライトの明るさが低下したように見え、光線のエッジがより不明瞭になります。 

  • [設定]ダイアログボックスで高精度モードに設定します。この設定は、ファーフィールドのスキャナより遠い点をフィルタします。これにより、フィールドの深さが約 115 mm から 32 mm に減少し、光沢のない仕上げの校正済みの表面のテストで、スキャンノイズが約 50% 減少します。 V1V2V3 および  ES で高精度モードを設定すると精度を上げることができますが、HD モデルでは、ノイズが大幅に減少するだけです。
  • グリップハンドルをしっかりと保持して、LLP をワークの表面上まで移動させます。回転させることは避けてください。
  • ワークの表面が LLP の遠くではなく、LLP の近くになるようにします
  • 角で接する表面をスキャンする場合、隣接する表面の一方をスキャンしてから、もう一方をスキャンします。最初に、一方の表面に対して直角に LLP を配置し、その表面を完全にスキャンして、停止します。次に、隣接する表面に対して直角に LLP を再配置し、その表面を完全にスキャンして、停止します。隣接する 2 つの表面の角で回転するように LLP を移動させないでください。
  • スキャン時には、伸ばし過ぎないでください。スキャン時には、スキャンするワークのセクションが、その姿勢で無理なく手が届く範囲に入るように、体、腕および手を配置します。
  • スキャンプロジェクトを論理的なワークに分割し、ベストプラクティス(成功事例) に従ってスキャンできるようにします。