メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

Laser Tracker

ION

Si

X

Xi

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

クイックスタートガイド: Laser Tracker ION、Xi、X および SI

トピック: FARO レーザーシステムのクイックスタート

  1. システムの開梱

  • トラッカーヘッド
  • MCU(マスターコントロールユニット)
  • MCU 電源コード
  • 30 フィート(9.1 m)の通信/電源ケーブル
  • イーサネットケーブル(クロスワイヤード)
  • 遠隔温度センサー
  • スパナ付きマンドレル
  1. Tracker の取り付け

  • マンドレルを安定した器具スタンドに取り付け、付属のスパナでしっかり締めつけます。器具スタンド一式を点検し、しっかりと安定していることを確認してください。
  • Tracker をハンドルで持ち上げ、マンドレルの位置まで下げます。
  • 固定レバーを回し、マンドレルをしっかり締めます。トラッカーが固定されたことを確認してください。
  1. システムの接続

警告: すべてのケーブルが正しく接続されるまで、電源を入れないでください。

  • 30フィート(9.1 m)の通信/電源ケーブルをトラッカーヘッド(背面)とMCU (左側)に接続します。
  • 付属のイーサネットケーブルを MCU の右側から PC のイーサネットポートに接続します。
  • 遠隔空気温度センサーを MCU 温度ポート 1 に接続します。
  • MUC 電源コードを MCU および120 VAC ないし 240 VAC の電源につなぎます。電源とトラッカーの間には、無停電電源装置を使用することを推奨します。
  1. 気象ステーション

FARO Laser Tracker には、温度、圧力、および湿度を連続的に読み取る気象ステーションが組み込まれています。最適な結果を得るには、測定範囲内に気温センサーを配置する必要があります。遠隔空気温度センサーおよび資材温度センサーはプラグアンドプレイに対応しています。
注記: 遠隔空気温度センサーは、Tracker の操作のために MCU に接続されていなければなりません。

  1. コンピュータの環境設定

FARO Laser Tracker を使用するには、イーサネットカードを装備し、Windows 2000 または Windows XP を実行している Pentium III PC(もしくはそれ以上)が必要です。

  • 1 つだけイーサネットカードを有効にする必要があります。
  • TCP/IP 設定は、サブネットマスク 255.255.255.0 のIP アドレスは、128.128.128.X(X は 0 ~ 99 の任意の数)に設定されていなければなりません。
  • Laser Tracker の IP アドレスは、128.128.128.100 です。Laser Tracker に直接接続するには、RJ-45 ジャックが付いた、付属のクロスワイヤードイーサネットケーブルが必要です。
  1. スタートアップ

すべての接続が完了したら、MUC の右側にある電源を入れます。電源をオンにした後、最初にアプリケーションソフトウェアを実行すると、スタートアップチェックが実行されます。スタートアップチェックは、レーザーが安定するまで約 10 分待機した後、Laser Tracker を初期化します。
注記: Laser Tracker の精度を発揮するには、測定開始する前に
約 1 時間待機します。

  1. CompIT

精度を検証するため、測定セッションの前に、CompIT テストを実行します。仮テストの結果によっては、自己補正または方向性補正を実行するように指示されます。

  1. 測定設定

ADM 専用のトラッカー(ベース モデル ION および X トラッカー)には、距離測定モードとして、絶対距離測定 (ADM) 専用モードのみが備わっています。  オプションの IFM を備えた ION および Xi トラッカーには、3 つの距離測定モードがあります。 干渉計 (IFM)、絶対距離測定 (ADM)、および ADM を用いた IFM があります。 ADM で測定するのが最も簡単ですが、環境条件が理想的な場合、IFM の方が精度は若干良くなります。 ADM を用いた IFM は、必要な場合に利用できます。

 

スキャンや動的測定を実施する場合、XI にアップグレードされていない古い SI トラッカーでは、ADM を用いた IFM を使用する必要があります。
 

キーワード:

トラッカーセットアップ、セット アップ、クイック スタート