メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Line Probe Laser Line Probe - Prizm Laser Line Probe - FAROBlu HD/SD V6 Laser Line Probe - Edge HD V6 Laser Line Probe - Edge ES V5 Laser Line Probe - Edge V4 Laser Line Probe - V3 Laser Line Probe - V2 Laser Line Probe - V1    
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

Laser Tracker

ION

Si

Vantage

X

Xi

スペイン語

ドイツ語

フランス語

ポルトガル語

中国語

日本語

英語

FARO®ナレッジベース

FARO Laser Trackerとの WiFi 接続を有効にするためのワイヤレスルーターのセットアップ

概要

ワイヤレス-G またはワイヤレス-N を使用するワイヤレスルーターは、ワイヤレスルーターを使用して FARO® Laser Tracker との通信に使用できます。ルーターの初期設定環境設定では、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) および特定の種類のネットワーク通信をブロックするファイアウォールを使用して、一連のコンピュータにインターネットプロトコル (IP) アドレスを提供します。

トラッカーには静的 IP アドレスが割り当てられ、DHCP を使用することがないため、ルーターの環境設定を変更して、ルーターをトラッカーと測定値の取得に使用しているコンピュータとの間のワイヤレスブリッジとして使用できるようにする必要があります。これらの変更を行うには、ブラウザを使用してルーターの環境設定メニューにアクセスします。 これらのメニューは、ルーターのメーカーおよびモデルによって異なります。 詳細については、お使いのルーターのマニュアルを参照してください。 

ガイドライン

参考として、一般的なガイドラインを示します。 

  1. DHCP を使用して自動的に IP アドレスを取得するよう、コンピュータのネットワークカードを設定します。
  2. 標準的なイーサネットケーブルを使用して、ルーターをコンピュータに接続します。
  3. Web ブラウザを開き、ルーターの設定セットアップメニューにログインします。
  4. ルーターのファイアウォール保護を無効にします。
  5. ワイヤレスネットワークセキュリティまたは暗号化が有効であれば無効にします
  6. SSID またはワイヤレスネットワーク名を、「FAROTracker」など、わかりやすいものに変更します
  7. ルーターの DHCP サーバーを無効にします。
  8. ルーターの IP アドレスを 128.128.128.99、サブネットを 255.255.255.0 に変更します。
  9. これらのルーターの設定を保存します。
  10. コンピュータのワイヤレスネットワークカードの IP アドレスを 128.128.128.10、サブネットを 255.255.255.0 に変更します。’
  11. Tracker MCU をワイヤレスルーターに接続します。 
    接続に使用するケーブルの種類は、ルーターの設計によって異なります。  まず、標準的なストレートイーサネットケーブルを試します。 ただし、接続はできないものの、FARO Utilities の Find Tracker ツールを使用して Tracker が見つかる場合は、Tracker に付属のクロスオーバーケーブルを使用します。   このケーブルは、コンピュータとの直接接続用ですが、新しいルーターまたはワイヤレスハブでの使用に適している場合があります。  この画像は、2 種類のケーブルの違いを表示しています。 
    straight-through-crossover.jpg
  12. Tracker のワイヤレスネットワークにワイヤレス接続します。

キーワード:

wifi、wi-fi、接続、リモート、リモート接続、ワイヤレスハブ