メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

3Dレーザースキャナ

Focus S

Focus S Plus

BuildIT

Construction

Metrology

FARO®ナレッジベース

BuildIT で複数の Focus Scanner を同時にスキャンする

概要 

BuildIT では、ユーザーが複数のスキャナを同時に使用することを可能にします。
BuildIT とスキャナの間の通信は、Wi-Fi経由で行うことができます。
また、オートメーションアダプタと オートメーション対応Focus Scanner を使って、イーサネットケーブルを介して実現することもできます。

また、次の条件のいずれかを満たす必要がある場合にも、オートメーションアダプタが必要となります。

  • イーサネット接続が必要です(例:Wi-Fi 使用制限環境)。
  • スキャナを固定した場所で長時間動作させ、電源を入れておく必要がある。
  • スキャナを再現可能な位置と角度に設置する必要がある。
  • SDKを使用してスキャナを直接制御する必要がある(例:スキャナのトリガーにCOMポートを使用する場合)。

ハードウエアセットアップ

まず、星型レンチを使ってオートメーションカバーを Focus から外します。

  1. 両側のネジを外します。 
  2. 薄いカードなどでカバーを持ち上げます。

カバーのネジが完全に外れていることを確認してから、カバーを取り外してください。

 Builtit_Focuscover_removed.png

オートメーションアダプタの内側には、六角レンチを使って FARO Focus Scanner に取り付けるネジがあります。

  1. FARO Focus Scanner をオートメーションアダプタの上に置きます。
  2. Focus を回転させて、オートメーションアダプタにしっかりと固定します。 
  3. オートメーションアダプタを六角レンチで FARO Focus Scanner に締め付けます。 
Builtit_FocusCover_adapter.png

コンピュータと FARO Focus オートメーションアダプタを接続:

  1. CAT5 ケーブルをコンピュータに接続し、次にネットワークハブのポート 1 に接続します。 
  2. CAT5 ケーブルを FARO Focus オートメーションアダプタに接続し、CAT5 ケーブルのもう一方の端を、残りのいずれかのポートを使用してネットワークハブに接続します。 
  3. FARO Focus オートメーションアダプタを追加する場合は、手順 2 を繰り返します。ネットワークハブが許容する限り、いくつでも使用することができます。 
Builtit_CAT5cables.png

FARO オートメーションアダプタは、側面に電源オプションが内蔵されています。この電源は、スキャナを固定した場所に設置し、常時電源を必要とする場合に利用します。
また、電源が必要な場合は、FARO Focus Scanner の電源ケーブルを Focus に直接差し込むことも可能です。
Builtit_FAROAutomationAdapter.png

FARO Focus Scanner の設定

  1. オートメーション対応FARO Focus Scanner の電源を入れます。 
  2. [管理]>[全般設定]>[LAN]に移動します。 
  3. [ステータス]ボタンを右にスワイプします(青色に変化させます)。
  4. 各 FARO Focus Scanner の IP アドレスをメモしてください。ソフトウェアの設定に必要になります。
Builtit_IPAdress.png

コンピュータの設定

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. [ネットワークとインターネット]をクリックします。
    Builit_Network_Internet.png
  3. [ネットワークと共有センター]をクリックします。
    Builtit_Network_SharingCenter.png
  4. 左側のパネルで、[アダプターの設定の変更]をクリックします。
    Builtit_Changeadaptersettings.png
  5. [イーサネット]をダブルクリックします。ポップウィンドウが表示されます。 
  6. [インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)]を選択して、[プロパティ]をクリックします。
  7. [次の IP アドレスを使う]を選択して、IP アドレスを静的 IP アドレスに変更します。 
  8. この IP アドレスは、最後の数桁を除いて、Focus LAN の IP アドレスと同じになります。例:172.17.9.100
    1. IP アドレスの下 3 桁には、100 またはその他の 2 桁の組み合わせを使用します。Focus が使用している IP アドレスは使用しないでください。 
    2. サブネットマスクが自動的に入力されます。

Builit_NetworkConnections.png

ソフトウェアの設定

  1. BuildIT Metrology を開きます。
    Builit_Scan_using_Focus.png
  2. 上部ツールバーから[自動化]>[FARO Focus]>[Scan using FARO Focus]をクリックします。Builtit_ScanSetting.png
  3. 使用している Focus オートメーションアダプタごとに IP アドレスを入力します。
  4. [スキャン設定]([解像度]、[画質]、[色])を定義します。「Current」のままにしておくと、FARO Focus Scanner の各設定が使用されます。
  5. [インポートオプション]で、以下の設定を定義します。 
    1. [Detect Spheres]と[Detect Checkerboards]を必要に応じてそれぞれチェックします(どちらかのターゲットを使用する場合)
    2. [球の半径]を入力します(球を利用する場合)
    3. 距離フィルタを使用する場合は、[距離フィルタ]をチェックし、[最大距離]を定義します。
  6. チェックマークアイコンをクリックすると、スキャンが始まります。

登録にターゲットを使用する場合は、自動化プログラムでスキャンを処理して登録した後に、バンドル登録を行うことをお勧めします。
Builtit_BundingRegistration.png

  1. 上部ツールバーの[アライメント]をクリックしてから、[結束登録]をクリックします。Builtit_Commands.png
  2. [デバイス][点][すべて]をクリックします。
  3. ターゲットと一緒にインポートされた個々のスキャンを削除します。
    1. 不要なスキャンを削除するには、個々のスキャン名をハイライトして、Del キーを押します。
  4. [ネットワーク最終位置]で[静止測定器]を選択します。
  5. チェックマークアイコンをクリックすると、アライメントが解消されます。
  6. [バンドル登録結果]には、あなたのターゲット登録エラーが表示されます。RMS エラーを確認し、希望する公差範囲内であれば、チェックマークアイコンをクリックしてアライメントを保存します。 

Builtit_BundleRegistrationResults.png