メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

As-Built

Revit

FARO®ナレッジベース

セキュリティとアンチマルウェアソフトウェアへのパフォーマンスの問題As-Built for Autodesk Revit

asbuiltrevitbty.png

テストや製品のデモにおいて、エンドポイントセキュリティソフトウェアが、ソフトウェアのパフォーマンスに顕著な影響を与えることが報告されています。

  • FAROスタンドアロンアプリケーション(Scene、As-Built Modelerなど)
  • As-Built アドイン(As-Built for AutoCAD や As-Built for Revit など)のオートデスク製ソフトウェアをホストとしているソフトウェア。

複数のベンダーの提供するセキュリティソフトウェアによって影響がでる可能性があります。FAROでは、エンドポイント・セキュリティ・ソフトウェア・ソリューション(マルウェア対策)の全ての互換性を検証、テストに限りがあります。

問題:コンピュータ上で動作するエンドポイント・セキュリティ・ソフトウェアを導入または変更した後のFARO SCENEおよびAs-Builtソフトウェアのパフォーマンスの問題。

解決方法: 導入されているセキュリティポリシーによって異なりますが、多くの場合、多くの報告された問題はエンドポイントセキュリティソフトウェアの適切なインストールフォルダやデータフォルダをホワイトリストに登録することで解決されます。御社IT部門のサポートに相談の上、コンピュータのセキュリティソフトウェアが常に最新の状態であることを確認してください。

ホワイトリストに推奨しますデフォルトのインストールおよびデータフォルダのリストは以下になります。これらは、インストールの際にカスタマイズしている場合は、実施のインストールフォルダに合わせて調整ください。

セキュリティホワイトリストの候補フォルダ

FARO製品をホワイトリストに追加する場合は、以下のフォルダをルールから除外するように設定ください。

  • %PROGRAMFILES%\FARO

および

  • %USERPROFILE%\AppData\Roaming\FARO
  • %USERPROFILE%\AppData\Local\FARO

製品固有の除外事項がありますので、ご注意ください。

FARO SCENE 及び As-Built製品のデフォルトインストールフォルダ

  • %PROGRAMFILES%\FARO\FARO_PRODUCT_NAME

AutoCAD 用の As-Built アドインと Revit 用の As-Built アドインでは、以下のような除外項目が必要な場合があります。

オートデスク製ソフトウェアをホストとする製品

  • %PROGRAMFILES%\Autodesk\AUTODESK_PRODUCT_NAME
  • %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Autodesk
  • %USERPROFILE%\AppData\Local\Autodesk
     

注意: FARO_PRODUCT_NAME AUTODESK_PRODUCT_NAME はプレースホルダで、通常は特定のバージョンと言語情報を含みます。

 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?