メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

BuildIT

Construction

FARO®ナレッジベース

モジュール2: BuildIT Constructionへのデータのインポート

BuildITConstruction-bty.png

ImportDataBuildIT-1_2018.5.png目的:

BuildIT Constructionでデータをインポートします。

学習内容:

  • BuildIT constructionでファイルをインポートする簡単なワークフロー。
  • BuildIT の操作。
  • スキャンデータのインポート。
  • CADデータのインポート。

チュートリアルデータのダウンロード

この記事で使用しているファイルをダウンロードする場合は、添付のトレーニングデータをダウンロードして、その内容をコンピュータのフォルダに展開してください。

トレーニングデータのダウンロード
  Download

スキャンデータのインポート

  • デスクトップのBuildIT アイコンをダブルクリックしてBuildITを起動します。
  • 下記の手順でトレーニングデータにあるスキャンデータをインポートします
    • メニューバーから“ファイル > インポート > FLS点群をインポートImportFLS.pngをクリックします。
    • ファイルタイプをFLSに変更して“WetConcrete001.fls”が保存されているフォルダまで移動し 開く をクリック下さい。
      2_1_edited_2019.PNG
  • インポートに対応したスキャンデータ形式
    • 単一点 形式
      • このインポート形式は、点群ではなく少数の点に使用する必要があります。 例としては、参照点、制御点などがあります。
      • 対象となるファイル形式: .txt, .asc, .csv, .pts, .ref, and .xyz.
    • テキスト点群形式
      • このインポート形式は、以下のようなFAROファイルまたはE57ファイル以外の点群ファイルがあります。
      • 対象となるファイル形式:  .txt, .asc, .csv, .pts, .ref, and .xyz.
    • FARO SCENE 点群ファイル形式
      • このインポート形式はFARO レーザースキャナー用のデータがあります。
      • fls, .fws, and .lsproj.
    • E57点群 形式
      • このインポート形式はE57形式を使用します。
    • LAS点群 形式
      • このインポートにはLASファイルとLAZファイルが含まれています。

CADデータのインポート

  • ファイル > 保存” を選択して、現在のファイルを “Imported Scan Data” と名前をつけて保存します。これにより、プロジェクトは .buildit 形式ファイルとして保存されます。 これがBuildITの一般的なファイル形式です
  • ファイル > 新規” として新しいプロジェクトを開始します。
  • ファイル > インポート > モデルをインポート” を選択してCADデータをインポートします。
    • インポートに対応したCADデータ形式
      •     AutoCAD (2013-2018)
        • *.dwg and *.dxf
      • ACIS
        • *.sat
      • IGES
        • *.iges
      • STEP
        • *.stp, *.step
      • Revit (2015-2018)
        • *.rvt
      • Industry Foundation Class – IFC (2x3 and 4.0)
        • *.ifc, *.ifcxml, *.ifczip
      • BuildIT
        • 異なるファイルやプロジェクトをまとめて結合するのに便利です。
           
  • トレーニング用データ “BasementFloor.rvt” が保存されているフォルダまで移動し インポート をクリック下さい。
    ImportDataBuildIT-6_2018.5.png
  • .rvt ファイルをインポートした結果は下図のようになります。
    ImportDataBuildIT-7.png
  • 注:ファイルの内容を選択して、モデル内のコンポーネントを表示することもできます。

まとめ:

これができれば、ファイルのインポートを使用した次のことを理解した事になります:

  • BuildIT constructionでファイルをインポートする簡単なワークフロー。
  • BuildIT の操作。
  • スキャンデータのインポート。
  • CADデータのインポート。
  • この記事は役に立ちましたか?