メインコンテンツまでスキップ
  Tags                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - フランス語 言語 - ポルトガル語    
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal          
All すべて - FARO 製品 ハードウェア - すべての FARO 製品                
Quantum FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E              
Faro/Scan Arm FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage FaroArm/ScanArm - Digital Template    
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Bronze シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Silver              
Gage Gage - Bluetooth Gage - Plus Gage - Standard Gage - Power            
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm            
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6 Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi  
Imager 3D Imager - Cobalt                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon      
Hand Held Scanner 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan            
Laser Projector レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI スキャンヘッド - Digi-Cube              
Imaging Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
CAM2 CAM2 - CAM2 CAM2 - Measure CAM2 - SmartInspect              
SCENE SCENE - すべての SCENE Suite SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - WebShare Server および Webshare 2Go          
RevEng RevEng - RevEng                  
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
Zone & ARAS FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO Zone - 2D FARO Zone - 3D FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius
As-Built As‑Built - AutoCAD As‑Built - Revit VirtuSurv - VirtuSurv 2018              
PointSense1 PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior  
PointSense2 CAD Plugin - PhoToPlan Basic CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv    
VI-Tracer-BuildIT Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator RayTracer - RayTracer BuildIT - Metrology BuildIT - Projector BuildIT - Construction        

BuildIT

Construction

FARO®ナレッジベース

BuildIT Constructionへのデータのインポート

BuildITConstruction-bty.png

ImportDataBuildIT-1_2018.5.png目的:

BuildIT Constructionでデータをインポートします。

学習内容:

  • BuildIT constructionでファイルをインポートする簡単なワークフロー。
  • BuildIT の操作。
  • スキャンデータのインポート。
  • CADデータのインポート。

チュートリアルデータのダウンロード

この記事で使用しているファイルをダウンロードする場合は、添付のトレーニングデータをダウンロードして、その内容をコンピュータのフォルダに展開してください。

トレーニングデータのダウンロード
  Download

スキャンデータのインポート

  • デスクトップのBuildIT アイコンをダブルクリックしてBuildITを起動します。
  • 下記の手順でトレーニングデータにあるスキャンデータをインポートします
    • メニューバーから“ファイル > インポート > SCENE点群をインポート” をクリックします
    • ファイルタイプをFLSに変更して“WetConcrete001.fls”が保存されているフォルダまで移動し 開く をクリック下さい。” ImportFLS.png
       
  • インポートに対応したスキャンデータ形式
    • 単一点 形式
      •     このインポート形式は、点群ではなく少数の点に使用する必要があります。 例としては、参照点、制御点などがあります。
      •     対象となるファイル形式: .txt, .asc, .csv, .pts, .ref, 及び .xyz.
    • テキスト点群形式
      •     このインポート形式は、以下のようなFAROファイルまたはE57ファイル以外の点群ファイルがあります。
      •     対象となるファイル形式:  .txt, .asc, .csv, .pts, .ref, 及び  .xyz.
    • FARO SCENE 点群ファイル形式
      • このインポート形式はFARO レーザースキャナー用のデータがあります。
      • 対象となるファイル形式:  .fls, .fws, 及び.lsproj.
    • E57点群 形式
      • このインポート形式はE57形式を使用します。
    • LAS点群 形式
      • このインポートにはLASファイルとLAZファイルが含まれています。
    • CPEクラウドのインポート
      • このインポートは、SCENEまたはWebshareからのCPEファイル形式に使用されます。

 

配置済みの複数FLSスキャンのインポート

Focusの生データと処理された複数スキャンの両方がインポート可能です。こちらのビデオでは両方のインポート方法について解説しています。

  • 処理済みの点群データは  SCENE点群をインポート を使い複数のスキャンを選択することができます。
  • Focus Laser Scannerからの生スキャンデータは、フォルダ構造になっています。BuildITのメインワークスペースにフォルダごとドラッグ&ドロップする必要があります。

FLS_Registration_TopView_2020.pngFLSや LSPROJをインポートする際に、生データ及び処理済みのスキャンを処理及び登録するためのオプションが表示されます。

  • オフセットを適用 -を有効にすると、大きな座標や地理参照スキャンをBuildITのバウンディングボックスのオフセットが適用されます。
  • 登録 - This allows for registration using SCENE's algorithms to combine and place scans. SCENEのアルゴリズムを使用して登録を行い、スキャンを組み合わせて配置できます。
    • 登録なし - 配置は実行されません。
    • ターゲットベース+点群間登録 - スキャンから抽出されたターゲットに基づいてスキャンが結合され、グローバルな最適化が実行されます。 スキャンでターゲットを抽出するには、「チェッカーボード機能の抽出」または以下にリストされている他の同様のオプションをチェックします。
    • ターゲットベース - スキャンから抽出されたターゲットに基づいてスキャンが結合されます。
    • トップビュー登録  - を組み合わせるために類似した断面や垂直面を使用します。 これは通常、建物やエリアがより垂直な面で有効です。
    • トップビュー+点群間登録   - トップビュー登録の後にグローバルな最適化が実行されます。
  • スキャンのカラー化 – これを有効にするとスキャンデータの着色ができます。スキャンの際に写真を撮るオプションが有効の場合点群をカラー化が可能です。
  • その他のオプション
    • すでに処理済みのスキャン処理を矯正実行 - これを有効にすると、SCENEで以前に作成または処理されたスキャンに以下のオプションが強制的に実行されます。
    • チェッカーボード要素を抽出 – これを有効にすると、スキャンデータからチェッカーボード要素を抽出し、BuildITに点データを生成します。
    • マーカー機能を抽出 - これを有効にすると、スキャンデータからマーカー要素を抽出し、BuildITに点データを生成します。
    • 球要素を抽出 - これを有効にすると、チェックボックスの右側に表示される半径の球をスキャンデータから抽出します。 スキャンにて使用された球サイズを入力してください。
    • 暗いポイントをフィルタ - 反射率の値が低いデータを自動的に削除します。 暗い点ほど、レーザーの反射強度が低くなります。
    • 距離でフィルタ - このオプションは、ユーザーが入力した最小値と最大値の間のデータのみを保持します。これは、屋外でスキャンする場合や、大規模なサイトで、より遠くのデータを解析する必要がない場合に便利です。
       

CADデータのインポート

  • ファイル > 保存” を選択して、現在のファイルを “Imported Scan Data” と名前をつけて保存します。これにより、プロジェクトは .buildit 形式ファイルとして保存されます。 これがBuildITの一般的なファイル形式です
  • ファイル > 新規” として新しいプロジェクトを開始します。
  • ファイル > インポート > モデルをインポート” を選択してCADデータをインポートします。
    • インポートに対応したCADデータ形式
      •     AutoCAD (2013-2020)
        • *.dwg and *.dxf
      • ACIS
        • *.sat
      • IGES
        • *.iges
      • STEP
        • *.stp, *.step
      • Revit (2015-2019)
        • *.rvt
      • Industry Foundation Class – IFC (2x3 and 4.0)
        • *.ifc, *.ifcxml, *.ifczip
      • BuildIT
        • 異なるファイルやプロジェクトをまとめて結合するのに便利です。
           
  • トレーニング用データ “BasementFloor.rvt” が保存されているフォルダまで移動し インポート をクリック下さい。
    ImportDataBuildIT-6_2018.5.png
  • .rvt ファイルをインポートした結果は下図のようになります。
    ImportDataBuildIT-7.png
  • 注:ファイルコンテンツを選択してモデル内のコンポーネントを表示することもできます。

まとめ:

これができれば、ファイルのインポートを使用した次のことを理解した事になります:

  • BuildIT constructionでファイルをインポートする簡単なワークフロー。
  • BuildIT の操作。
  • スキャンデータのインポート。
  • CADデータのインポート。
  • この記事は役に立ちましたか?