メインコンテンツまでスキップ
                     
As-Built As-Built - Revit As-Built - AutoCAD VirtuSurv - VirtuSurv 2018 As-Built - Modeler VirtuSurv - VirtuSurv 2019          
BuildIT BuildIT - Projector BuildIT - Construction BuildIT - Metrology              
CAM2 CAM2 - SmartInspect CAM2 - 2018 CAM2 - Measure 10 CAM2 - Measure Q CAM2 - Measure X CAM2 - Measure 3/4 CAM2 - AnthroCAM CAM2 - 2019 CAM2 - 2020  
Cobalt 3D Imager 3D Imager - Cobalt                  
Cobalt Design Cobalt Design - M Cobalt Design - S Cobalt Design - Dual              
Computers コンピュータ - すべてのコンピュータ                  
FARO Aras 360 & CAD Zone FARO CAD Zone - Fire & Insurance FARO CAD Zone - Crime & Crash FARO CAD Zone - CZ Point Cloud FARO CAD Zone - First Look Pro FARO 360 - Reality FARO 360 - HD FARO 360 - Blitz FARO 360 - Genius    
FARO Zone present4D - present4D                  
FARO Zone 2D FARO Zone 2D - 2018 FARO Zone 2D - 2019 FARO Zone 2D - 2020              
FARO Zone 3D FARO Zone 3D - 2018 FARO Zone 3D - 2019 FARO Zone 3D - 2020              
FARO Zone 3D Advanced FARO Zone 3D Advanced - 2018 FARO Zone 3D Advanced - 2019 FARO Zone 3D Advanced - 2020              
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Quantum S FaroArm/ScanArm - Quantum M FaroArm/ScanArm - Quantum E FaroArm/ScanArm - Edge FaroArm/ScanArm - Fusion FaroArm/ScanArm - Prime FaroArm/ScanArm - Platinum FaroArm/ScanArm - Legacy Quantum FaroArm/ScanArm - Titanium FaroArm/ScanArm - Advantage
FaroArm/ScanArm FaroArm/ScanArm - Digital Template FaroArm/ScanArm - Gage                
Hand Held Scanner 2Dハンドヘルドスキャナー - ScanPlan 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D X 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle3D Objects 3Dハンドヘルドスキャナー - Freestyle 2          
Language Quality HT MT AT NT INT - Internal Sales - Internal Resources Sales - Order and Quote Sales - Product Info Sales - Sales Readiness Sales - Training
Language Quality CS - Procedures and Product                  
Languages 言語 - 英語 言語 - 日本語 言語 - ドイツ語 言語 - 中国語 言語 - スペイン語 言語 - イタリア語 言語 - ポルトガル語 言語 - フランス語    
Laser Projector RayTracer - RayTracer レーザープロジェクター - Tracer M レーザープロジェクター - Tracer SI              
Laser Radar イメージングレーザーレーダー - VectorRI                  
Laser Scanner 3Dレーザースキャナ - Focus S 3Dレーザースキャナ - Focus M 3Dレーザースキャナ - Focus3D 3Dレーザースキャナ - Focus3D X 3Dレーザースキャナ - Focus3D X HDR 3Dレーザースキャナ - Focus3D S 3Dレーザースキャナ - Photon 3Dレーザースキャナ - Focus S Plus 3Dレーザースキャナ - Swift  
Laser Tracker Laser Tracker - Vantage Laser Tracker - ION Laser Tracker - Vantage S Laser Tracker - Si Laser Tracker - X Laser Tracker - Xi Laser Tracker - Vantage E Laser Tracker - Vantage S6 Laser Tracker - Vantage E6  
Legacy Gage Legacy Gage - Bluetooth Legacy Gage - Plus Legacy Gage - Standard Legacy Gage - Power            
Legacy Software レガシーソフトウェア - CAM2 Gage レガシーソフトウェア - Gage ソフトウェア レガシーソフトウェア - Insight              
PointSense PointSense - Basic PointSense - Pro PointSense - Building PointSense - Plant PointSense - Heritage PointSense - Revit CAD Plugin - TachyCAD Building CAD Plugin - TachyCAD Archeology CAD Plugin - TachyCAD Interior CAD Plugin - PhoToPlan Basic
PointSense CAD Plugin - PhoToPlan CAD Plugin - PhoToPlan Pro CAD Plugin - PhoToPlan Ultimate CAD Plugin - DisToPlan CAD Plugin - MonuMap CAD Plugin - hylasFM CAD Plugin - VirtuSurv      
RevEng RevEng - RevEng                  
ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.0 ScanArm - Design ScanArm ScanArm - Forensic ScanArm ScanArm - Design ScanArm 2.5C            
SCENE SCENE - Capture および Process SCENE - WebShare Server and 2Go SCENE - WebShare Cloud SCENE - WebShare 2Go App SCENE - 2018 SCENE - 7.x SCENE - 6.x SCENE - 5.x SCENE - 4.x SCENE - LT
SCENE SCENE - 2019 SCENE - 2go App SCENE - 2020              
Serial FaroArm シリアル FaroArm - Silver シリアル FaroArm - Gold シリアル FaroArm - Bronze              
Visual Inspect Visual Inspect - App Visual Inspect - CAD Translator                

BuildIT

Construction

Language

Japanese

FARO®ナレッジベース

BuildIT Constructionによる点群と点群の比較

BuildITConstruction-bty.png

CloudtoCloud-1.png目的:

BuildIT Constructionを使用して、時間が異なり、別々にスキャンされた2つの点群を比較します。

学習内容:

  • スキャンを経時的に分析するためのシンプルなワークフロー。
  • BuildITを開き、ビューポートの操作を行います。
  • 点群データの偏差を評価。
  • 解析の結果を利用してレポートを作成。

チュートリアルデータのダウンロード

記事で使用しているファイルをダウンロードする場合は、添付のトレーニングデータをダウンロードして、その内容をコンピュータのフォルダに展開してください。

トレーニングデータのダウンロード
  Download

CloudtoCloud-2.png点群データの偏差を評価

このチュートリアルでは、点群と点群の比較を行います。“Church_Scan_002” を基準として、 “Church_Scan_001” の比較を行います。

  1. メニューより、 “評価 > 点群間の偏差分析”  CloudDeviationIcon.png  をクリックします。
  2. 基準点群ボックスを選択状態(ボックスが黄色)にして、“Church_Scan_002” をクリックして追加します。次に。測定ボックスを選択状態にし、“Church_Scan_001” をクリックして追加します。(偏差は基準点群から測定に対して計算されます。)
  3. 最長探索距離を1インチに設定します。
  4. 偏差の計算” については、各測定点に空間内で最も近い基準点を検出し点のペアを決め、基準点から測定点までの差を計算します。解析にはいくつかのオプションがあります。今回は、 “ローカル法線に沿って” を選択します。
    • フル3D
      • 点の各ペアの全体的な3D偏差を測定します。 これはほとんどの場合に役立ちますが、近くに重複するデータがない場合、近いポイントがないため、歪んだ結果になる場合があります。
    • ローカル法線に沿って (優先選択)
      • 基準点の法線のベクトルに平行な偏差を測定します。これは参照点群に法線が含まれているほとんどの点群により正確な計算方法です。
    • 特定のベクトルに沿って
      • 解析のために特定のベクトルを定義し、そのベクトルに平行な偏差のみを測定します。これは、Z方向や標高の偏差のみを測定したい場合に便利です。
  5. "色スケール "には、"青-緑-赤 "を使用して、高、許容範囲内、低に割り振って色付けされた結果を表示します。"赤-緑-赤 "は、許容範囲外の領域を赤として着色するためにも使用することができます。
  6. 制限を計算” のチェックを入れます。 これにより、ソフトウェアが色付けの許容限界を含めて計算できるようになります。これは、検索距離に基づいて1インチになります。
  7. 適用  ApplyIcon.png をクリックします。
  8. 分析結果の点群のみを表示するには、参照クラウド“Church_Scan_002”の 表示に入れる チェックを外します。
    CloudtoCloud-3.png

解析の結果を利用してレポートを作成

レポートに作成したアイテムを含めます。

  1. 画面右側の 「マネージャ」タブで、 “点群間の偏差分析1” を右クリックし、“レポートに追加” をクリックします。
    注: マネージャパネルのボックスが黄色の場合、これはコマンドがまだアクティブであることを示します。 ESCを押すか、コマンドを閉じて他の機能を実行ください。
  2. レポートタブに切り替えて “レポートを生成” ボタン  GenerateReportIcon.png  をクリックしてください。
  3. プロンプトが表示されたら、PDFレポートの保存場所とファイル名の指定をします。
  4. BuildITレポートライターが起動し、レポートを作成します。

まとめ:

これができれば、点群と点群の比較モジュールを使用した次のことを理解した事になります:

  • スキャンを経時的に分析するためのシンプルなワークフロー。
  • BuildITを開き、ビューポートの操作を行います。
  • 点群データの偏差を評価。
  • 解析の結果を利用してレポートを作成。

 

  • この記事は役に立ちましたか?